敗けよりもデカい虚無感

0

    誠也…。


    横浜 7-6 広島


    とりあえず、試合は勝てる気がしなかったので、負けても特別でかいダメージは無い。


    それよりも、誠也。


    右脛骨内果剥離骨折だそうな。


    やっぱり、折れてた。


    誠也は、大丈夫だろうとコメントしたみたいだが、コレでは…。


    全然知識がないから、これがどれ程のモノで、どれ程かかるモノなのか読めない。


    やっぱり、今季は無理なのか?


    そうなると、本当に大きく変わる。


    穴が全く埋まらない訳ではない。


    誰かの離脱、誰かの不振は、必ず誰かがカバーしてきた。


    誠也が離脱しても、皆でいくらかのカバーは出来る。


    でも、誠也の代わりは居ないのも、また現実。


    走攻守で貢献出来、フル出場で爆発的活躍の出来る選手だから、そんな代わりがあったら普通にレギュラー。


    やりくりでどうにかするしかない。


    余りにも痛い離脱には、例え連覇が叶っても、その後を描けなくなってきた。


    絶望してる暇は無いんだが、どうしても暗くなってしまう。


    はあ。


    先発は、大瀬良とウィーランド。


    中継が始まったのは、1回裏だった。


    スコアは、既にこちらが2点をあげていた。


    何があった?


    初回、2アウトから丸がバカでかいホームランを放っていた!


    これが、場外ホームラン。


    とてつもないパンチ力。


    しっかりミートさせると、アレだけ飛ばせるんだよな。


    更に、続く誠也。


    これまた、ホームラン!!


    何と、連続ホームランで先制していたのでした。


    昨日の3連ホームランのお返しと言わんばかりの立ち上がり。


    正直、リアタイでシーンは見れなかったけど、お返しっていう痛烈な印象は与えられたよね。


    2回には、安部の内野安打と會澤のツーベースでノーアウト2、3塁の大チャンス!


    ここで、広輔のタイムリーツーベースが生まれ広げると、続く菊池もタイムリーで2回にして5点の大量リード。


    このところ、なかなかタイムリーも生まれなかったり、打線も湿ってたから、タイムリー攻勢で追加点をあげれたのは嬉しかったね。



    そんな2回裏、あの場面が来てしまう。


    大瀬良が戸柱に打たれたヒット性の大きな当たりを、誠也が追い付いてナイスキャッチした。


    ここまでは、本当に笑顔だった。


    おっしゃ!!って思ったのも束の間、誠也が立てずに丸に訴えてる。


    丸が蒼白でトレーナーを呼んでて、そのままやってくれれば良いのに、中継は回を終えたので、CMへ。


    CMが明けても、誠也は元気な姿を見せてくれなかった。


    想像以上の重傷だと。


    担架に乗せられ運ばれる誠也の姿は、余りにも痛々しく、こちらの心も痛くなった。


    軽傷なら…なんて甘い考えを描いたが、本当に甘かった。


    試合後、得た情報で右脛骨内果剥離骨折を知り、誠也の冗談までも痛々しく感じてしまう。


    コレで、このイニングは終えたものの、ファンもナインもベンチも思いっきり沈んだ様に感じた。


    3回裏、先頭によんたまを与えた大瀬良は、続くピッチャーのウィーランドに2ランを打たれてしまう。


    何なんだろうね、それまでパーフェクトだったのに、一気にやられた。


    やられたってか、自滅だよな。


    ここは、まだ2巡してない訳で、下位打線。


    ピッチャー前とはいえ、先頭よんたまもミスだし、ピッチャーにホームラン打たれるのは、もっての外。


    空気重くなったなって時だからこそ、踏ん張って欲しかったのに、こうも空気同様の結果を出されるとな。


    更に、倉本にツーベース、筒香によんたまで、2アウトまでいってたんだけど、ロペスにタイムリーを浴びてしまう。


    点差が詰まる。


    4回裏も先頭にツーベース、よんたま、ヒットで満塁の窮地を招いていた。


    ここは凌いだけど、ヒヤヒヤする内容。


    誠也の事で乱れたかどうかは分からないが、序盤の内容からすると、余りにも変わりすぎだったな。


    5回、先頭の菊池がツーベースを放ち、丸がタイムリーを放って援護。


    だが、この援護も直後に筒香のホームランで吐き出してしまう。


    今更言うのもアレだけど、筒香は本当に調子戻したよねえ。


    2試合連続とか、本当にげんなり。


    緒方は早かった。


    今日の大瀬良の内容を見て、ここで交代。


    5回投げきれず。


    どんなに良い時だって、乱れる事もあるし、繋がれる事も当然あるんだけど、今日の大瀬良は一度乱れたら修正が利かなくなってた様な感じ。


    それを見ての判断だろうな。


    あと、これは言っとくけど、今日の審判は辛すぎた。


    これは、うちの全投手が苦しめられてた。


    低いと判断するラインが高いし、横の判定もイマイチ軸が無かった。


    継いだブレイシアがこのイニングを抑える。


    6回裏は、ジャクソンで、キャッチャーも石原に代えると、ここもきっちり抑えてくれた。


    攻撃では、6回も7回もランナーは出すが、打線が繋がらない。


    7回裏、ジャクソン続投。


    回跨ぎのジャクソンに、一抹の不安を抱えつつ見ていると、2アウトまでこぎ着ける。


    こりゃあ良いと思ったのだが、ロペスにヒット、宮崎によんたまと、ピンチに。


    すると、ここで打点稼ぎの戸柱にタイムリーを許してしまった。


    更なるピンチは凌いだが、アレだけあったリードも気付けば僅か1点差になってしまった。


    まあ、コチラは正直追加点をあげられないし、相手はコツコツ返してくるわで、勝てる気がしなかった。


    8回、松山がヒットで出塁するも、後続が返せなかった。


    代打メヒアの初の出塁が、敬遠ってのもなあ。


    9回も広輔の出塁を返せず、あっさり終わった事は、ある種終わりを示しているかの様にも感じられた。


    最終回、マウンドは今村ではなく、中崎。


    これを見て、クローザーを代えたと思う者が居たなら、そいつの浅さは底知れないね。


    昨日の今日であり、休ませる意味でも今日は中崎って事。


    ただ、今日もラストの並びが上位、クリーンアップなので、全く読めなかった。


    中崎は、先頭をゴロアウト、筒香を三振に斬る素晴らしいカタチで追い込んだ。


    勝利まで、あと1アウト。


    あと1人。


    打席には、ロペス。


    さすがに散々ネガティブな事を考えていた俺も2人抑えた事で、いけるかもしれない!と思っていた。


    だが、無情。


    中崎が放った高めの球をロペスは、ものの見事に捉えて2夜連続の土壇場同点ホームランにしてみせた。


    俺と言えば、特別騒ぎもせず、球の行く末を見届け、中崎の茫然自失な姿も見届けた。


    茫然自失とゆーか、カーッと頭に血が上っている様にも見えた。


    自分への怒りや悔しさ、チームへの想いなど色んな事が巡ってるのかな?って。


    まあ、中崎を責める気も毛頭無いよ。


    昨日もそうだけど、打ったロペスが凄い。


    最後は、ホームランしかないんだから、それだけ狙って、その集中力が勝ってる訳だから、そりゃあ横浜が上だよ。


    この回を投げ終えて、中継が終わってしまった。


    昨日は見られなかった、追い付かれるシーンを目撃するカタチとなってしまったが、気持ちがね、もう誠也だから。


    中継後の延長10回に何も出来ず、10回裏に中田がリリーフしたが、向こうの意地でよんたま取られ、最後は梶谷にサヨナラタイムリー。


    離脱が悉く、打たれてる現状ってのは、苦しいなって思う。


    セーフティリードなんて無いのも知ってる。


    だから、終盤死体蹴りと言われても、攻撃の手をやめなかったりね。


    勿論、やめるとかじゃなく、気持ちが切れないから終盤も突けた訳だが、今は流石に皆疲れてるし、前半の様なムチャクチャは出来ない。


    そして、今日みたいな事があると、気持ちのどこかで沈むのも相まってしまうのだろう。


    誠也の離脱で、一気に暗雲立ち込めたチームは、勝てない試合だったんだとすら思える。


    先発がゲームを作っても最後に決められる日もあれば、先発が早々に倒れ後続も倒れる場合もある。


    常に色んな時があって、今が本当にどん底かもしれない。


    いや、誠也離脱で決定的にどん底だ。


    今、何が出来るか?


    3タテ阻止だけだわ。


    誠也が居ないのは、もう仕方がない事なので、好き勝手やられたままでは、今後CSにも確実に影響する。


    とゆーか、横浜は数年前の様にカープのお得意様ではないし、むしろやりやすい相手だと思ってるから、そういうのを少しでも変えていかないと。


    4番?


    松山で良いと思うがな。


    1広輔
    2菊池
    3丸
    4松山
    5新井
    6エルドレッド
    7安部
    8會澤





    松山にライトは、無理かねえ?


    岩本でも良いんだけど、今日は合わなかったしなあ。


    安部を外野で使うのはどう?


    厚みを持たせないといけない一方で、守備もおろそかに出来ない難しさがある。


    松山で新井、エルドレッドが使えれば厚みがあるんだが、守備が被ってるからなあ。


    どうなるか分からんが、上手い事ハマって意外な爆発力が生まれる事を期待する。


    誠也の完治が1日でも早くなります様に。

    誠也が運ばれた

    0

      もう、どうしたらええんか、分からん。


      感情が。


      不安で不安で、いっぱい。


      誠也がジャンピングファインプレー後に、着地で右足首やってしまったらしい。


      すぐCM入ったので、CM明けに何の気なしに笑顔でベンチに居る姿が映し出されてくれれば!なんて思ってはいたけど、まずCM前に丸が蒼白だったからな。


      CM明けは、衝撃の映像だった。


      担架で運ばれてる。


      完全にダメじゃん、どこやった?


      主力の主力だからな。


      誠也が離脱なんてのは、微塵も考えられなかった。


      長期離脱、今季絶望とかになったら、ホンマに苦しい。


      不振とは訳が違うし、今季だけの事にならないかもしれないのも恐ろしい。


      今のカープの不動の4番。


      代わりなんて居ないんだよ。


      酷くなければ良いんだが。


      とにかく、怖い。


      一番悔しい気持ちでいっぱいなのは、誠也本人。


      怪我だけは、ホンマになあ。


      怪物って

      0

        怪物って表現は好きじゃないんだよね。


        勿論、それに相応しい存在も居たりするから、そういう時には否定しない。


        でも、普通怪物って異名を付けるなら、プロレスラーとかね、風貌からして屈強な姿なら分かるんだよ。


        野球選手で怪物ってのも、何人か居るけど、正直どれも当てはまってない。


        とゆーか、語彙の乏しさに笑える。


        高校生掴まえて、怪物は無いだろ?


        俺は、こんな選手が登場すると、本物って呼んでる。


        シンプルだけど、言うたって学生の子に付けるリスペクトな呼び方は、本物だと思ってるから。


        中村君みたいなマスクも良い若い子が、何で怪物なんだよ。


        糸井の超人とかならまだ分かるが、怪物に見えなきゃ怪物なんて呼べないだろ。


        工夫が欲しいわ、糞メディアには。



        広陵お疲れ様

        0

          うん。


          広陵、お疲れ様でした。


          相手が遥かに強かった。


          決勝で、こういう試合になった事自体悔しいだろうけど、それも現実。


          ペナントレースと違って、1試合も落とせないのが、この大会の大変な所。


          残念だったけど、最後まで意地を見せた。


          悔しいなあ、やっぱり。

          あり得な…あり得たサヨナラ負け

          0

            3連被弾サヨナラ負けとか。


            横浜 6-5 広島


            怖いね、野球は。


            コレがある。


            訳分からん事、理解出来ん事も普通に起きる。


            普通とゆーか、起きちゃう事がある。


            先発は、野村と飯塚。


            1回裏、先頭にヒットを許し、送りバント。


            更には内野安打で、いきなりピンチを迎えたノムスケ。


            ここで、ロペスは初球を犠牲フライきっちりで、先制。


            2回、チャンネル替えて広陵のニュース見てたから見逃したんだ。


            先頭松山がヒットを放ち、続くエルドレッドが逆転の2ランホームランを放ってた。


            いやあ、リプレイで見たけど、逆方向に大きいの飛ばしてたねー。


            4回には、安部に久々のホームランが飛び出す!


            去年の事を思えば、今年は少ないからね。


            でも、やっぱりパンチあるから、捉えたら運ぶね。


            ノムスケは快投を続けてて、2回〜5回はポンポンと3凡でサクサク斬っていった。


            良い流れ、良いペース。


            6回、誠也がデッドボールを受けると、続く松山がライトへ抜ける当たりを見せ、誠也は激走して一気に生還!


            コレが出来るから強いよね。


            ただのツーベースじゃなく、打点の付くツーベースになる。


            7回、ここまで凡退を重ねていた広輔が、粘って粘って粘って粘ってヒット!


            すると、菊池はバントの構えを見せて送るかと思いきや、バスター成功!


            更に、丸もヒットと3連打で満塁をメイク!


            ノーアウト満塁、打席には誠也。


            うーん、どうかなあ?と。


            誠也は、サードゴロに倒れたが、その間に1点。


            相手のミスもあり、更にチャンスだったんだが、後続が続けなかった。


            ここ突きたかったねえ。


            8回裏にもノムスケが上がって、驚いた。


            確かに、ここまでほぼ完璧とゆーか、完全に横浜打線を封じて来ていたが、大体6回〜7回で降りるのがノムスケなので、意外だった。


            つまり、それほど球数投げてなかったのもあるんだろう。


            だが、ここでノムスケは嶺井にホームランを許してしまう。


            続投裏目か?とも思ったが、後続は抑えて、ソロムランの失点のみ。


            中継が終わったのは、9回裏に入った所。


            そこには、まだノムスケの姿が!


            ビックリした。


            完封でも無いのに、ノムスケに完投させるのかー。


            だが、中継が終わり、速報チェックに回ると、しばらくして先頭にヒットを与えたと表示。


            まあ、ここはそんな気にはしなかった。


            なんせ開いたリードがあるし、何だかんだ勝てると。


            しかし、ノムスケは続く筒香に2ランホームランを打たれてしまう。


            一気に分からなくなってしまった。


            おいおい…。


            コレで、ノムスケはマウンドを退く事に。


            完投になるハズが、結局今村を投げさせる事になってしまった。


            ここに来て始まった悪しき流れは、継投なんかじゃ止まらなかった。


            止められなかった。


            今村が、続くロペスにホームランを打たれて、同点に。


            ノムスケの勝ちが消えた。


            更には、この日完全に封じてた宮崎にもホームラン。


            サヨナラ負け。


            まさかまさかの、3連被弾でのサヨナラ負け。


            誰も予想出来なかったよね。


            こんな漫画みたいな事が起きるんだ。


            サヨナラで勝った次の試合が、サヨナラ負けだなんてな。


            中継で見ていた限り、最後の最後にこんな事が起きるなんて、思いもしなかった。


            最終的に、安打数まで抜かれて。


            実際はどうなのか知らんけど、球数もそうだけど、本人もやり遂げたかったんでしょ?


            俺は、広陵の後輩が頑張ってる事で、自分なりのエールを見せたかったんじゃないか?なんて思った。


            まあ、最終的には良い背中を見せられなかったけどさ。


            広陵ナインは、この先輩の姿を見て最後まで何が起きるか分からないのが野球だと、改めて感じてほしい。


            ノムスケが決勝で味わった悔しさも現役選手達には伝わってるだろうけど、この試合も最後にやられた。


            広島側に立つ事も横浜側に立つ事も大事。


            最終回、どんな場面になってるかは分からないけど、どっちにしろ最後まで気を切らさず戦い抜いてほしい。


            はあ。


            それにしても、こんな負けは辛い。


            やはり、プロはしっかり勝てる策をとって勝ち星をあげないとな。


            阪神が負けてるので、マジックは減ったか。


            でもなあ。


            今村を叩いてる声が結構見られるけど、防御率で見たら割と抑えてるんだぞ。


            簡単にポジを変更して、それが見事にハマると思ったら大間違い。


            まあ、この試合は采配ミスぐらいに考えておくしかない。


            またこの悔しさを糧にするしかないわ。

            ママレード・ボーイ実写化

            0

              ほんま糞。


              ほんま糞なニュースが、また飛び込んできた。


              「ママレード・ボーイ」が実写化だと。


              何の為に実写化するんだ?


              SFではなく、日常と言えば日常を描いた作品であっても、再現なんて到底無理なのに。


              誰が望んでるんだ?


              例えば、「ドラゴンボール」にしても、最近なら「銀魂」にしても、余計な1ページが増えるだけなんだよね。


              勿論、ドラゴンボールや銀魂と聞いても、誰もまず最初に実写の画が浮かぶ者は居ないだろうけど、歴史として1つ残っちゃうんだよ。


              ママレード・ボーイだったら、原作があって、大ヒットしたアニメがあり、名曲、ケンコバ…と、とりあえずここまでに余計なモノは無い。


              ここに、余計な1ページがなあ。


              勿論、見なきゃ良い。


              見るつもりも無いけど、嫌でも情報は入ってくるモノで、その度に嫌悪感を抱くのは誰に吐き出したら良い?


              糞スタッフの、糞脚本の、糞キャストで見事に作り上げられるゴミ実写。


              スタッフ達も、よっしゃ!叩かれる糞作品作るぜ!みたいな気持ちでやってんのかな?


              それにしても、古い少女漫画の実写化が目立つな。


              「先生!」も実写化したんだっけ?


              高校の頃、友達の妹から借りたか何かして読んでたなあ。


              糞実写化まとめで本が出来るレベル。


              もう、ありそうか。


              単純に、実写化という速報を目にした人間の“楽しみ!”って声と、“うわあ…”の割合が気になるね。


              圧倒的に引いてる人が多い気がするけど、一定数歓喜する人達も居るのかな?


              漫画家1人の才能(とアシを含めたチームワーク)に、束になっても敵わない映像スタッフの情けなさが露呈するだけなのに、挑むよねえ。


              挑んではゴミ生産、挑んではゴミ生産。


              汚れるわあ。

              NHKの大失態

              0

                広陵、何とか勝てた。


                決勝進出!


                勝てたけどさー。


                問題は、中村君のホームランだよなあ。


                NHK。


                大会新記録となる第6号ホームランの中継をスルーしてしまう、大失態!


                テレ朝系で見てた人、万々歳の大勝利だろ、これ。


                NHKには、CMが無いというメリット(と見て)でNHK選択していたが、まさかのニュース挟み。


                いや、ニュースを挟むのは普段からやってるから、別に不思議でも何でも無いんだが、そのニュースも1つじゃなく、無駄に2つやったのよ。


                しかも、その2つ目のニュースは中村君が第5号ホームランを放って、タイ記録になったとかいう、今全然要らないニュース。


                そして、アナは試合中ですとか言っててね。


                ニュース明けると、同点の新記録ホームランが出たあとだった。


                は?


                マジで何が起きたか分からなかった。


                でも、同点になってる。


                ホームランが出た…。


                打ったのは、中村君…。


                おい!


                劇的なシーン、中継逃したよ!バカNHK!


                試合中です、じゃねぇよ!!


                試合中だから、試合を流すんだろ!


                全く余計なニュースを挟んだせいで、瞬間を見れなかった。


                スゲーバカを見た気がした。


                何だろ、物凄い歓喜の瞬間なのに、興醒め。


                まさに、水を指したカタチ。


                BS朝日にすべきだった。


                あっちは、CM1つぐらいしか挟まないからなあ。

                糞つまんねーのを

                0

                  よく分からんけど、壇蜜の動画が卑猥だとかで削除騒ぎさ?


                  何なんだろうね?性的表現=悪。


                  性って、悪かね?


                  今必要?って返しもあるだろうが、パロディーとか何かとかける冗談みたいなモノは、太古から楽しまれてきたモノだろ。


                  ゆとりが無いとゆーか、無駄に手が早いとゆーか。


                  色んな声がある中で、勿論否定的な意見もあるだろう。


                  それはもう、あらゆるモノにおいて、全員が同じ方向を向くなんて事は絶対無いから。


                  それぞれの良し悪しの基準がある。


                  今は、そんなガチギレでも無いのに、安易に批判出来る時代。


                  こりゃ、ちょっと無いかな?って程度の反応ぐらいでも、物凄く大きく捉えられたりさ。


                  大半が、どっちゃでも良いという中で、いくらかあった意見に怯え、簡単に面倒だから止めちまおうって判断したりする。


                  絶対悪では無いでしょうよ。


                  毎日めちゃめちゃ殺人事件ドラマをやってるのに、妙な所で噛み付く。


                  誰が何でそんなので影響される?


                  くだらねえわ。


                  大金はたいて、あっという間におじゃんとか、よっぽど勿体無い事してる。


                  せいぜい、面白くも何ともない、糞つまんないモノを作るが良いさ。


                  クレーマーは、そんな世の中が好みらしい。


                  そいつらの基準で物事が進んだら、何も面白いモノは生み出せないがな。


                  軽いよ、どちらも。



                  携帯が壊れてきたかも

                  0

                    もしかしたら、携帯が壊れてきたかもしれない。


                    画像なんか開くと、緑色にチカチカ光る箇所が見られる。


                    画面が緑一色になってる訳じゃないんだけど、例えば人の顔だったり、空や風景に、チカチカチカチカとネオンやラメの様なのが出てくる。


                    最近、地味に携帯を床に落としたりしてるからか、内部がイカれたかもしれない。


                    時間の問題なのかなあ…。


                    壊れるのは、マジで嫌だ。


                    これにして、何年になるかなあ?


                    ドン・中矢・ニールセンが亡くなった

                    0

                      嘘だろ?


                      訃報のスレタイを目にして、ネタかと思った。


                      ドン・中矢・ニールセンが亡くなったという。


                      信じられない。


                      何故信じられないか。


                      何の気無しに過ごしていたら、こんな事は思わなかっただろう。


                      実は、土曜日にTSUTAYA巡りをしてまして、そこで「逆説のプロレス」という雑誌を見付けて、読んだんです。


                      UWFを核に色んな方々のインタビュー記事が載ったムック本。


                      その雑誌を開いて、前田日明のインタビュー記事と、それからドン・中矢・ニールセンのインタビュー記事を読んだばかりだったからです。


                      訃報を知ったのは今ですが、雑誌を読んだのが土曜日。


                      亡くなったのは、その数日前という事で、全く知らないまま楽しく記事を読ませて頂いていたんです。


                      俺は、リアルタイムは知らない人間なんで、ただただ名前にインパクトがある事と、当時前田との闘いで名を上げたファイターって事で、色んなメディアで取り上げられてきたドン・中矢・ニールセンを頭に刻んでいます。


                      楽しく読んだ記事では、現在タイでジムを開いており、今も汗を流しているとの事でした。


                      その事からも、まさか亡くなるなんて思わなかったし、去年も日本に訪れてると言ってましたし、また前田と再会したい等とも発言しておりました。


                      そんな人が、亡くなるかね?


                      笑顔を見せてたよ。


                      雑誌が発売されたのも、つい先日だろうし、インタビューをとったのもそんな前の事じゃないハズ。


                      誌面から受ける印象だけですが、とても楽しそうに当時の裏話をされてた様に思いました。


                      そんな2日後に、実は亡くなっていましたと言われても…。


                      なんだかなあ。


                      自分が患ってるのもあって、色々喋ったり、楽しげだったのかな?


                      死期を悟ってた訳じゃないと思うけど。


                      とても不思議な感覚です。


                      若いのになあ。

                      | 1/2420PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      姉妹で踊ってみた

                      up2243.gif

                      New Era

                      green-boyの本棚

                      CHOCOLATE NEWERA

                      JUMPしてみた

                      c-airi4413.gif

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM