岡田!菊池!セイヤ!新井!セイヤ!

0

    HR祭りじゃ!!


    横浜 1-6 広島


    いやあ、久々にカープらしいとゆーか、大暴れして勝てたな。


    ボロカスやられたら、ボロカスやり返さなきゃね。


    先発は、岡田と今永。


    初回、田中がいきなり初球を叩いてヒット出塁。


    続く菊池も初球を振り抜いて、これがグングン伸びた。


    …スタンドへ。


    まさかのまさか。


    ホームラン!


    たった2球で、2点先取!


    どんだけ効率良いんだよ。


    今永にはいつもやられてるから、選手に気合いが入っていたとは思うけど、本当に驚いた。


    岡田に心強い援護。


    その岡田のピッチングは、いつもの様にキレてた。


    4回、セイヤが初球を叩いて、打った瞬間。


    セイヤらしい、綺麗なホームラン。


    今季思った様に打てなくて苦しんでいるセイヤに、完璧な当たりが出てきた事が嬉しい。


    7回、今度は新井。


    久しぶりのスタメン出場で、前の打席ヒットを打ってて、良い感じだなと思ってたの。


    そしたら、この打席で完璧に捉えた打球がバックスクリーン直撃弾!


    柳田じゃないけど、あのデカいビジョンに当たってたね。


    最高だった。


    その後満塁までいけたんだが、追加点をあげられなかったのは残念。


    だが、今永はKO。


    引きずり下ろす事が出来た。


    8回、よんたまでランナーを置いて、セイヤ。


    ドカーン!


    これまた、セイヤらしい完璧なホームランでした。


    感覚が手に付いている時、球へ正確に反応出来た時のセイヤは末恐ろしいね。


    俺、既に今季1試合2ホームランやってるかと思ってたけど、去年優勝決定試合以来だったのね。


    しかも、4番でホームランも初だったの?


    こっちも勘違いしてたわ。


    タイムリーとか打ってたからかあ。


    8回裏、ここまで無失点に抑えてる岡田が、先頭にツーベースを打たれてしまう。


    その後、3塁まで許すも2アウトまでいけたので、正直凌げると思った。


    打者は、石川で打ち取れない事も無い。


    更に、ギアを上げた岡田の球は150キロを越していた。


    でも、そんな上手くはいかないもんだな。


    タイムリー。


    うーん、完封への道断たれる。


    悔しかっただろうな、表情見ると。


    先頭のツーベースが痛かった。


    最終回、登板過多だっつってんのに薮田に投げさせた意味は全く分からんが、きっちりと3人で斬ってくれた。


    横浜は、エリアンが一番調子良くて怖い。


    うちは、石原が当たってきてるのが良いね。


    エルドレッドは今日全然だったけど、切り替えようとしたり、やっぱり気持ちが良い選手。


    以前も書いた様に、セイヤとエルドレッドを並べて置くのは良いと思うんだよね。


    今日は、4番セイヤ、5番エルドレッド、6番新井という初めての試みだった訳だが、この打順はこれからも試してほしい。


    ホームランが本当に出てなかったカープが、2試合連続で出てるのは、打撃陣の復調かなと捉えてる。


    岡田は素晴らしかったし、言う事ないね。


    滅多打ちされちょりました

    0

      そら負けるで。


      横浜 9ー3 広島


      ボロ負けだったので、しらけました。


      先発は、ルーキー加藤とウィーランド。


      サインが見にくそうってのは、前回も感じてたんだよね。


      ん?何か見えてない?って。


      マジで見えてなかったらしく、急遽眼鏡着用。


      果たして…って、感じでした。


      初回、2アウトながらヒットで繋いで1、2塁にするも、先制出来ず。


      立ち上がりを突きたい所だから、ここで欲しかったねえ。


      まあ、本当に田中と菊池の調子が悪いまま。


      その裏、よんたまを与えた直後、梶谷にスコーンと振り抜かれた。


      2ラン被弾。


      梶谷は、今季も調子が良いみたいで、こういう1発を持ってるから、やはり恐ろしい。


      うち相手によく打つし。


      2回、安部がヒットで出塁、続く石原の大きな当たりはセンター頭上を越えていく長打。


      コーチャーは回し、安部は一気にホームへ。


      タイミングは完全にアウト。


      審判は、セーフとした。


      見てる俺は、マジか?!と思った。


      それほどタイミングがアウトだったから。


      リプレイ検証が行われたが、その間スローVTRを見てみると、なるほど…タッチされていない。


      やはり、セーフでした。


      うちは走るが、めちゃめちゃ速い訳じゃない。


      けど、こういう細かい部分にそつがないのが盗塁や走塁面で、相手より勝っているのかな。


      しかし、すぐに1点返せて雰囲気は良く感じましたね。


      4回裏でした。


      ここまで加藤は、よんたまを与えたりしつつも後続を抑えて回を進めてきましたが、ここで捕まります。


      筒香、ロペスと一番怖い長打組を抑えて2アウトにしますが、続くエリアンによんたまを与えてしまいます。


      続く打者にはヒット、更によんたまを与えて満塁。


      このよんたまに関しては、敬遠でもないのに、まるで制球定まらずストレート。


      ここで打席には、ピッチャーのウィーランド。


      対ピッチャーであっても、加藤の荒れ球は相変わらずで、ボール先行し、苦しみつつフルカウント。


      苦しい中、ストライク球を投げるしか無い加藤と、真ん中に来るだろう球を思いきり叩く意識の違いがある場面。


      勝者は、ピッチャーでした。


      え?


      ピッチャーのウィーランドの方。


      センター前へ落ちる完璧なタイムリーヒットで、ランナー二人帰還。


      加藤は、続く打者にもよんたまを与えたので、ここで緒方が降板させた。


      頭真っ白な様子が伺えましたね、加藤。


      元々荒れ球ですが、あまりに大きく外れすぎる。


      篠田も居ないし(居るけど)、眼鏡ピッチャーキャラ良いじゃん!と思ってたけど、即席眼鏡で荒れ球がどうなる訳でも無いわな。


      ピッチャーに打たれた事よりも、問題はボール球の多さ。


      あの時点で物凄く球数を要していたし、苦しいピッチングでした。


      5回裏、加藤を継いだ飯田が回を跨いでました。


      飯田があの回を凌いだだけで驚いていたので、次の回打席に立たせ、続投な事にびっくりしたり


      梶谷のヒットと盗塁で、ランナーを2塁に置いてロペス。


      タイムリーヒットを打たれました。


      これで終わりません。


      エリアンにもヒット、倉本にもヒットで満塁。


      そして、戸柱にタイムリー。


      連打連打でボロカスやられた。


      飯田なので、ある程度結果を予想出来てた。


      想像以上に悪かった。


      6回、先頭の丸がホームランを放ってくれました。


      カープ、久々のホームラン。


      いつぶり?


      勝ってはいたけど、本当にホームラン出なくなってたから、これにも心配してたんだよ。


      丸のホームランから雰囲気がまた変わりました。


      セイヤもヒット、続く松山もヒット、エルドレッドもヒットでタイムリー。


      先程の回を思わせる、連打続き。


      エルドレッドのこんぱくとが、本当に活きてるよね。


      繋ぐ意識。


      安部もヒットで繋いで、満塁。


      点差があまりに開き、ウィーランドの集中力が切れていたのかもね。


      いや、ウィーランドの集中力よりカープ打線の集中力の方が上回っていた、と。


      ピッチャー、須田に代わりました。


      対する代打に、西川。


      ここで西川が三振してしまったのは痛かった。


      長打も魅力なパンチある西川が外野に打てば、面白くなったのだが。


      更に、代打新井。


      ここもフルカウントだったかな?


      新井は落ち着いていて、須田はボール先行と新井のペースで進められてる勝負だった。


      が、結果は最悪のゲッツー。


      代打策が、完璧にハマらなかった。


      あれだけのチャンスで、丸のホームランを除くと、1点しか取れなかった事が悔しい。


      代打西川、新井と切り札の切り方は最高だと思うんだよね。


      相手からすると、西川も嫌だし、新井も嫌。


      これを封じた須田の大勝利ですよ、間違いなく。


      8回裏、飯田から継いで3回を跨ぎ投げたのはブレイシア。


      連打されるも2アウト、ここで凌げたら良かったんだが…。


      復調気味の筒香にタイムリーを浴びて、更なる失点。


      結局、うちは投げたピッチャー全員が失点。


      そら勝てませんわ。


      こちらも好機に1本出なかったですしね。


      まあ、先発がボロボロで早急に退くと、後ろが困り、見事に砕かれたカタチ。


      13安打で9点のハマと、9安打で3点のカープ。


      ハマの何とも効率良い事か。


      カープの効率の悪さ。


      大敗。

      1点で勝てた喜び

      0

        大瀬良ァァァァッ!!


        広島 1ー0 巨人


        見たかったねえ。


        こんな試合は、見ないと。


        今日は、中継が無くてデータ速報を見てく感じ。


        先発は、大瀬良と宮國。


        この二人の投げ合いって事は、大荒れも予想されたのでは?


        共に思う様な結果を残せていない者同士。


        一気に大崩れするタイプではある。


        そんな二人の投げ合いがどうなったか。


        これがまあ、俺の予想に反して投手戦。


        巨人打線は、大瀬良を崩せないし、カープ打線は、宮國を捉えられない。


        0が並ぶ。


        どっちかと言えば、宮國の前に沈黙のカープ打線よりは、大瀬良を押していた巨人打線の方が追い込んでいたかもな。


        4回、先頭にツーベースを打たれる等、2アウト1、3塁のピンチを迎えるもこれをフライアウトで凌ぐ。


        5回にも、ノーアウト2塁のピンチだったが、後続を三凡に斬る。


        巨人は、あと1本が出ない。


        5回裏、逆に先頭から連打でチャンスを作り、1アウト1、3塁をメイク。


        ここで昨夜のヒーロー會澤が、きっちりと犠牲フライを放って先制。


        足踏みしてくれてる巨人を尻目に、最低限で最高のカタチを生むカープ。


        6回も坂本のツーベースが生まれたが、後続を断つ大瀬良。


        7回は、物凄く神経を働かせたであろう回となった。


        先頭によんたまを与え、続く打者はエラーで出塁。


        バントを決められ、1アウト2、3塁の大ピンチ。


        まあ、普通に万事休すだわな。


        同点は覚悟でしょう。


        ここで好投してきた宮國に代打、とっておきの亀井。


        代打に勝負強い亀井や脇谷が居る巨人は、やっぱり怖いよ。


        この亀井が、レフトフライに倒れる。


        しかし、外野フライなのでタッチアップ。


        本塁クロスプレーは、アウト判定。


        ここね、データ速報をずっと見てたからおかしいと思ったんだよ。


        亀井の打席から全然データが更新されなくなって、何分も経過してたの。


        何があったの?乱闘?って。


        しばらくして、凌いだ事が分かってホッとしたけど、あとで分かったんだが、ここでリプレイ検証があったのね。


        検証の結果、判定変わらず。


        松山と會澤の勝利。


        この大ピンチをまさか失点せずに凌げるなんてな。


        逆転もあり得ただけに、この日の大瀬良がいかにキレていたか、巨人に全くラックが無かったかが伺える。


        8回は、ジャクソンが投げたが、ここも1アウト2塁と巨人はチャンスを作っている。


        だが、ここで一番期待の出来る坂本と阿部が凡退。


        アレ?何故か巨人目線で書いてるな。


        それほど噛み合わなかったって事。


        8回裏、1アウト1、2塁の追加点のチャンスだったんだが、これは何が起きたの?


        よんたま出塁の新井に代走野間だったんだが、田中がセカンドフライに散り、何で1塁の野間が戻れずダブルプレー喰ってるの?


        よく分からない。


        フライってか、ライナーだったのか?


        野間がやらかしたの?


        詳細知りたい。


        最後は、今村が抑えて、僅か1点しかあげられなかったゲームを逃げ切った。


        再三チャンスを得ていたのは、明らかに巨人。


        宮國には同情する。


        だが、カープファンなので素直に嬉しい。


        大瀬良がルーキーイヤーの頃みたく好投して相手を封じた事が嬉しいな。


        信じてやれなかった俺は情けないし、それを裏切ってくれた大瀬良に、今後期待したい。


        ただ、打線に目をやるとあまりにも静か過ぎる。


        よんたまも選んでない事から、宮國が好投していたんだろうとは思うが、ここまで打てんか、出塁出来んか。


        會澤は得点をあげ、得点を防いだ、共に得点に絡む活躍。


        大瀬良を助けたよね。



        首位渡さず

        0

          何とか勝った!


          広島 7ー6 巨人


          このスコアからも分かる様に、辛勝も辛勝。


          大変な試合になったなあ。


          先発は、今季初昇格の福井と大竹。


          見始めたら、既に巨人が先制してたんだよね。


          初回、早速福井がホームラン打たれたらしい。


          2回、ランナーを二人置いて2アウト。


          打席には、大竹。


          ここで福井は、痛恨のよんたまを与えて満塁。


          終わったなあと思ったら、やっぱり打たれて、二人返す。


          福井は福井だな、と。


          2回裏、松山がツーベースを打つと、続く安部がタイムリー。


          点をあげられた直後、すぐに1点返せたのは良かったね。


          それも不調の松山の長打、ファースト守備でのスタメン出場となっている安部という、レギュラー確約組では無い二人が決めたしね。


          福井のピッチングは、相変わらずで、何が悪いってまずボールから入る所。


          ストライクから入れないのはモヤモヤする。


          そして、ボールを続けて苦しくなる。


          典型的な自滅型。


          ボールが多いので、よんたまも多く、また球威も無いのでファールで粘られたりと、球数が増えるばかりなんだよ。


          先発としては、問題だと思うな。


          4回頃に散歩へ出掛けたから、この表裏をよく知らない。


          4回裏、先頭の丸がよんたまを選び、続く4番セイヤがタイムリーツーベースを放ってる。


          更に、松山めタイムリーを放って、同点!


          この回、逆転まで行きたかったけど、上手い事いかんもんだな。


          この同点劇をリアタイで見れなかった事は、失敗したなあ。


          福井は、毎回の様に先頭を出すが、好守備にも助けられて凌いでいった。


          すると、6回裏。


          先頭セイヤがよんたまを選び出塁し、大竹はここで降板。


          継いだのは、新人君だったかな?


          こちらも代打エルドレッド。


          エルドレッドがセンターへ抜けるヒットで繋ぎ、安部はきっちり送る。


          この大チャンスに、代打新井。


          よんたまで満塁となると、會澤が見事2点タイムリーヒット!


          勝ち越し!


          欲しい所で、最高のカタチが生まれた。


          福井の所にも代打で堂林。


          堂林は、しっかり外野に犠牲フライを放ってくれて、追加点。


          結果的にこの1点は、非常に大きなモノとなった。


          7回、うちで一番安定している薮田がマウンドに立ったが、まさかまさかの先頭から3連打。


          一気に満塁の大ピンチ。


          薮田は、ランナーを置いたらどうなのか?という思いは確かにあったのだが、悪い方に表れた。


          まずは、ゴロの間に一人生還を許す。


          坂本にはタイムリーを浴びて、点差1点にまで。


          その後、阿部とマギーを打ち取ったので追い付かれはしなかったが、冷や汗かいたな。


          薮田も一番投げてるから、登板過多なんたと思う。


          それでも、最後のマギーとの勝負は普段の薮田の投球だったね。


          失点し、逆転まで覚悟の場面で、集中力高まったのか、精度の高い球を投げれていた。


          同点までは覚悟したが、よく凌いでくれた。


          7回裏、2アウトランナー1、2回塁。


          安部がやってくれた!


          タイムリーで、追いすがる巨人を突き放す。


          前の回で追い付かれていたら、ムードが違っただろうけど、追い付かれそうなのを凌いだ事で、離さないと!って回になったんじゃないかな。


          安部は、本当にローボールをライトに転がすよねえ。


          スコーンとカチ上げてホームランって事もあれば、クソローボールを何とか転がす技術も高い。


          9回、今村がいきなりスリーベースを打たれて、1点返されたが、代打村田、坂本を連続三振でゲームセット。


          何とか勝てました。


          やっぱり、追い付かせなかった事が大きい。


          堂林や安部の一打、1点が無かったら、追い付かれていた。


          追い付かれていたら、負けてた試合だと思う。


          何とか逃げ切った。


          今日は福井をはじめ、ピッチャー陣に課題が多く見られたが、全員でカバーしたとゆーかね。


          打って守って、勿論走ってね。


          最近ムード悪く、簡単に負ける日もあったけど、意地見せれるじゃんって。


          首位明け渡しを許さなかった。


          まさに死守だったなあ。




          打てないので勝てません

          0

            完敗です。


            広島 0-1 巨人


            先発は、ノムスケと菅野。


            投手戦となりましたね。


            今日のスタメンは、もしかしたら巨人からするとあんまり恐怖は無かったかもね。


            新井、エルドレッドを下げた打線。


            まあ、新井は不調なので分かるが、新井を下げた時は、エルドレッドには出てもらう方が良いんじゃないかと。


            2回裏、3回裏と同じ様に1アウト2塁にする事が出来たものの、後続が凡退。


            すると、4回。


            クリーンアップの打順で、坂本、阿部を打ち取って2アウトまで行ったのだが、ここで一番嫌なホームランをマギーに打たれて先制を許してしまう。


            これはあまりにも痛かった。


            2アウトから得点する事がお家芸の様になってるうちだが、2アウトから得点される事もまた多い。


            この辺りは直さないといけない。


            4回裏には、松山がスリーベースを放ったが実りはしなかった。


            ノムスケはこの日、よく回の先頭打者に打たれて出塁させてた。


            これも気になったね。


            後続を抑えてはいたけど、あんまりね。


            6回の阿部を打ち取ったセンターフライだったかなあ?


            あん素人でも分かる失投は、勘弁してもらいたい。


            ヒヤッとした。


            それから、ノムスケはあまりフィールディングがよく無いね。


            打ち返された球への反応が鈍いとゆーか、しないとゆーか。


            徹底してるのかもしれないけど。


            そんなノムスケですが、8回を投げきりました。


            被弾した1失点のみだったので、何とか援護を待ちながらのピッチング。


            しかし、なかなか援護が来ない。


            8回裏、この日スタメンの西川にやっとヒットが生まれて、先頭出塁。


            が、連続三振で活かせない。


            田中がヒットを打ち、光が見えたのだが、巨人ナインがマウンドに集まったのを見て、トイレに行ったら…。


            帰ってきた時には、CMでした。


            僅か数十秒。


            菅野が降りたんだと思ってました。


            CM明け、菅野と共に小林もベンチに居る。


            アレ?


            なんとまあ、我が軍はあの僅かな間に凡退してましたか…。


            初球を打ち取られたのかな。


            9回、継いだ薮田は素晴らしいピッチングで三者凡退。


            最終回に望みをかけたが、全くでした。


            完封負け。


            菅野の前に完敗です。


            正直、菅野の内容は素晴らしかった。


            菅野って、球審に嫌われてんのかな?って思う程、ストライク球をボール判定喰らってるのをよく見る。


            今日もいくつかあったが、それで崩れない辺り、強い。


            初回に、よく知る田中がファールで粘って球数投げさせてるのを見た時は、こんな結果になるとは思わなかった。


            菅野が良かったとはいえ、あまりにも大人しい打線が情けない。


            セイヤは、ストレスが物凄そうだな。


            遂に、序盤の貯金を使いきり、3割を切ってしまった。


            落ち着いている様で、内心カッカしまくってるんだろうな。


            ジレンマ。


            まあ、打線の内容を見てくと、捉えたが不運にも野手の居る所へ飛んでった打球も多く、ラックも無かったね。


            あれだけ無かった無得点試合だが、今季とゆーか、この一週間だけで3試合。


            ハッキリ言ってマズイ。


            鯉の季節。


            首位決戦だからね、首位陥落待ったなしの状況。


            繰り返し言うが、投手はよく抑えてくれてる。


            打線の奮起が必要。



            阿部四郎、逝く

            0

              マジか。


              全日本女子プロレスで、レフェリーを務められた…いや、“悪徳レフェリー”を務められた阿部四郎さんが、74歳で亡くなったという。


              肺炎らしい。


              俺はね、爆発的な女子プロブームはとっくに過ぎてた世代を生きた為、リアタイでの極悪ぶりは見ていないんだよ。


              この人をもう一度盛り上げた、「めちゃイケ」の“めちゃ日本女子プロレス”で、その活躍を知った世代。


              当時を知らないだけに、めちゃ日本で僅かに流れる極悪同盟への加担、それを受けての岡村四郎のオマージュ、更に本人が極楽同盟と組んで不平等なレフェリングをする姿が新鮮で、とにかく楽しませてもらった。


              悪徳レフェリーといえば、もしかしたら俺はWCWのnWoが巻き込んでたのを先に見てるかも知れないが、結局向こうの情報って常に入ってた訳じゃないし、そこまでインパクトも無かったんだよね。


              まあ、悪の限りを尽くしてるチームだから、そういうのもあるか… ぐらいで。


              阿部四郎という存在を知れたのは良かった。


              徹底して悪に味方する。


              凶器は渡すし、反則は見ない。


              ベビーフェイスのカウントは、超スロー。


              分かりやすく贔屓。


              悪徳レフェリーって、歴史上何人か居るのかもしれないけど、結局阿部四郎の真似だったりで、阿部四郎を越えた人は居ないんじゃない?


              風貌も素晴らしいし、最高のヒール。


              めちゃ日本女子を見てたから、物凄く良い人なのが分かったけどね。


              笑みも可愛らしかった。


              ヒールは、こういう人じゃないと務まらないんだよなあ。


              確実に、プロレス界に名を残した。


              阿部四郎。


              安らかに。

              夜ふかし=ナイトスクープの焼きまわし?

              0

                どうも、近年「夜ふかし」のネタが「ナイトスクープ」と同じなんだよなあ。


                被ってるの見ると、つまんない。

                行けば良かった

                0

                  思い出した。


                  フジグラン、改装して新たにペットショップがオープンしてるんだよな?


                  こないだ行った時に、時計の電池交換の間、行けば良かったなあ。


                  すっかり忘れてたわ。


                  どんなショップなんだろう?

                  天才西川に任すのだ

                  0

                    西川さまさまやで。


                    ヤクルト 4ー7 広島


                    やっと連敗止まりました。


                    長かったなあ。


                    今日も危うかったなあ。


                    終盤まで、どうなる事かと…。


                    連敗中で、全カープファンが気にしている中、今日は中継がありませんでした。


                    先発は、九里とオーレンドルフ。


                    今日も今日とて初回から先制のチャンスを得、また逃すパターン。


                    という事は?って考えちゃいますね。


                    最近の流れですからね。


                    しかし、2回。


                    2アウトから連続よんたまをありがたく頂く。


                    田中のタイムリーツーベースで、見事2点先取!


                    久々に、先制しましたね。


                    更に、菊池の内野安打でも追加点。


                    3点先取とは幸先良い。


                    等とテキストを見ながら浮かれていたが、そんなロマンティックモードなどすぐに冷めた。


                    次に目をやった時には、同点になっていた。





                    何があった?そんな一気に返されるか?


                    直後の2回裏、九里は捕まりまくった。


                    先頭から3連打で、1点あげられ、更にゴロの間に1失点。


                    更に更に、同点タイムリーまで浴びてしまった。


                    うむ、これでは野手の士気も下がってしまうぞ。


                    今日こそは悠々と勝てるかと思っていたのだが。


                    オーレンドルフは、早々2回裏に代打送られているので、交代。


                    昨日は小川が完封しているので、リリーフはたっぷり使えるという事か。


                    てか、考えてみたら昨日無得点じゃん。


                    0封は嫌だって言ってんだろ!


                    あれだけ0封されなかった昨季と比べると、この4連敗の間にもう2度もしちゃったんだなあ。


                    3回裏、雄平にソロムランを打たれてしまい、ヤクルト勝ち越し。


                    うーん、九里もよく投げていると思うんだが、バレンティン抑えて気が緩んだか。


                    4回が、また不穏。


                    先頭がヒット出塁したのだが、九里がバント失敗で送れず。


                    田中がヒットで、チャンス拡大となったが、菊池がセカンドライナー、九里は飛び出していたのでゲッツー。


                    なんとまあ、ツイてない…。


                    5回裏、ヒットと初めてよんたまを与えた所で、九里は降板。


                    正直、連続安打を許したりとこれまでよりは集めてしまった所はあるが、めちゃめちゃ悪かった訳でもないと思うんだよね。


                    よんたまは最後の1つですし、三振もそこそこ取れてて、やっぱりこれまでの九里ではなく、今季はしっかり柱の一人になってると感じる。


                    本人は悔しいだろうけどね。


                    1クッション挟んで大ピンチの場面を中田が抑えてくれました。


                    ありがたや。


                    7回、ズルズルと終盤まで来てしまっていたが、ここで丸が同点となるホームランを放ってくれました!


                    いやあ、ここで1本出てくれたか。


                    どんよりムードも同点の1発で晴れ間が!


                    ピッチャーは、6回裏から一岡が投げてましたが、7回裏の先頭山田をよんたまで歩かした時は、ヒヤッとしましたね。


                    ここでバレンティンが、ダブルプレーしてくれたので助かりました。


                    何やら、気運が高まっている様な。


                    そして、8回。


                    相手のミスとヒットで、1アウト1、2塁。


                    更に、安部のバントをフィルダースチョイスで、満塁となりました!


                    どんだけツイてんだよ。


                    これはもう、相手が譲ってくれた勝ち越しチャンス。


                    取らせて頂きましょう。


                    會澤、三振…。


                    そんな簡単じゃないね。


                    しかし、代打西川。


                    えっ?西川?いつから上がってたの?


                    代走に野間も居たし、何だかいつの間にか面子入れ替わってる。


                    その西川がやってくれました!


                    2アウト満塁から、タイムリーツーベース!!


                    勝ち越し!!


                    たまらん!


                    天才と呼ばれる西川の鮮やかな長打で、遂に勝ち越しです。


                    まだまだ。


                    続く田中もタイムリーヒット!


                    突き放しましたね。


                    まあ、欲を言えばキクマルに更に叩いて欲しかったですが、この辺の死体蹴りが出来ない辺り、このところのカープなんでしょうね。


                    その後をリリーフが何とか抑えて、久々に勝てました!


                    今日は、ヒーロー多いです。


                    無得点に抑えたリリーフ陣もそうですし、同点弾の丸、勝ち越し打の西川と、皆で勝ち取りましたね。


                    終盤まで怪しい感じでしたが、こう繋がる様になると、また変なラックをモノに出来ると、カープらしい勝ち方を重ねる事が出来るんじゃないかな。


                    とにかくどんなカタチでも連敗を止めたかったからね。


                    どんな勝ち方でも良かった中で、しっかり打って返せて勝てたのは良かったかなと。


                    4番、5番が見事に打率下げまくってる辺りは、不穏ですがね。


                    またコツコツ勝っていきましょう。

                    村上佳菜子引退かあ

                    0

                      うわあ、フィギュアの村上佳菜子も引退かあ。


                      そうか、いっぱい考えて出した決断なんだろうなあ。


                      注目された頃は、ジュニアだったと思うけど、物凄い選手がまた現れたと思った。


                      そして、いつも笑顔で明るく愛嬌たっぷりな子だった。


                      快活。


                      でも、シニアでは中々結果出せなかったなあ。


                      いや、結果は出してるか。


                      めちゃめちゃ期待されただけに、そこまでの結果は出せなかったと言った方が正解か。


                      トップにはなれなかった。


                      フィギュアももう何年もしっかり見なくなっていたけど、たまにニュース等で村上ちゃんが4位以下に沈んでるのを見かけると、何だかなあ…と感じていた。


                      昔は楽しそうだったけど、近年もいつだって笑顔だったのかな?


                      怪我もあったろうし、思う様にいかなくて苦しい事も沢山あったんだろうな。


                      俺が見てた頃のスケーター。


                      笑顔をありがとう。


                      長い間お疲れ様でした。


                      | 1/2397PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      姉妹で踊ってみた

                      up2243.gif

                      New Era

                      green-boyの本棚

                      CHOCOLATE NEWERA

                      JUMPしてみた

                      c-airi4413.gif

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM