超つええんか超よええんか

0

    余裕のよっちゃん。


    巨人 0-9 広島


    完勝!


    強いねえ。


    強いんか?


    弱いねえ。


    弱いんか?


    ちょっとよく分からんね、このカードは極端過ぎる。


    このカードだけを見れば、カープは巨人に超つええし、巨人はカープに超よええ。


    それは言っても悪くないでしょ。


    今日も中継をしていたNHKのアナウンサーが、何度も「…巨人ファンには申し訳無いんですが…」と、出てくる色んな情報に謝ってたが、そこ頭垂れるトコちゃうでしょ。


    NHKが悪い訳でも、アナウンサーが悪い訳でも無い。


    対カープの巨人の成績があまりに異常なだけ。


    先発は、九里と宮國。


    そうね、まあ戦前の予想ではうちに分があるとは思ったけど、九里も打たれるだろうから荒れた試合かなあと。


    だから、予想なんて当たんないって。


    ちょっと遅れて見始めたんだが、見た時には2アウトでランナー2人出てて、首位打者安部の打席だった。


    ここでよんたまを選び、満塁でエルドレッド勝負に。


    いきなり大チャンス巡ってるわー!と思ったけど、エルドレッドの三振で得点ならず。


    好機を逃すなんて、幸先悪いなあ…なんて思ってたあの頃が懐かしい。


    宮國が素晴らしかったのは、初回のピンチを断ち切った事だけと言っても過言ではない。


    九里の立ち上がりは素晴らしく、よんたま出塁は許すものの、怖い坂本と阿部を連続三振で斬る。


    2回、會澤が守備のマズい長野を狙ったかどうかは知らんが、フェンス直撃ツーベース。


    九里相手にも宮國は制球定まらず、苦労してた。


    九里は、セカンドゴロでランナーを進める事に成功。


    簡単に送りにかからないなと思ってたが、宮國は初回からよんたま連発と荒れてたからなんだなあ。


    続く広輔も球をよく見て粘り、フルカンからセンターへ抜けるタイムリー!


    いやあ、これ書いてて思い出したわ。


    先制、こうだったなあ。


    とにかく今日は暴れたから。


    菊池もヒットで続き、丸にもタイムリーが生まれた!


    更に、誠也も連続タイムリーと、またも2アウトからの怒濤の連打で押す押す押す!


    3点をあげる。


    3回、初回のチャンスに1本打てなかったエルドレッドからの打順。


    ドッカーーーーン!!


    さっき打てよ!は、言いっこ無し!


    低い球を体勢崩しながら打ち返し、スタンドへ。


    久々のホームラン!


    エルドレッドは、相変わらず得点圏よりソロで気楽にホームラン打つよね。


    4回、先頭の広輔がよんたま出塁。


    菊池もヒットで続くが、丸がダブルプレーで2アウト3塁。


    でも、これ誤審。


    ランナー菊池はタッチアウト(判定)なんだが、菊池はかわしておりアウトじゃない。


    抗議も虚しく、判定は覆らなかった。


    本当に、誤審が多い。


    うちだけなのかな?


    いや、先日も巨人と阪神の試合であったか。


    やっぱり、レベルが落ちてるんだよ。


    これ、悠々勝ってたからそこまで頭にも来なかったけど、本当に1点を争う試合で終盤とかだったら、ぶちギレてるな。


    まあ、ミスはミス。


    責任追及打線がニヤリ。


    2アウト、得点圏、4番誠也。


    際っきわのレフト線へ落ちるタイムリーツーベース!


    俺は、TVに向かって吠えたよ!


    バカタレが!!と。


    審判に向けてね。


    綺麗なヒットじゃなくても、誠也のスイングを持ってすれば長打になっちゃうんだよなあ。


    安部がよんたまを選び、先程ホームランのエルドレッド。


    これがまたセンターへ抜けるタイムリー!


    繋がる繋がる!


    宮國は、ここでKO。


    打ちまくれたけど、よんたまも多かったしね。


    まあ、それも九里も同じだが打線が違ったと。


    4回裏、坂本はまたも1度もバットを振らずに三振。


    ぶちギレてた。


    坂本っていつも笑顔だから、怒ってるの見るとめちゃくちゃ怖いな。


    5回裏も2つやってるんだけど、九里のよんたまはハッキリしたボール球なんだよね。


    今日与えたよんたまは、全てが全く振られずに見られたよんたま。


    しかも、例えば怖いクリーンアップに対してとかじゃなく、全然脅威じゃない下位打線や不調な選手に対して、何でもないケースなのに与えてるよんたま。


    そう、つまり不用意なよんたま。


    これが結局最後に繋がる。


    今日は、そんな要らない打者を出してたのに、後続を斬れたのが大きかった。


    この回は、満塁までいったからね。


    流石に失点すると思ったが、サードゴロ。


    どんな気持ちだったかは知らないが、大量援護もあったので、あんまり自分を追い詰める事なく投げられたのかな?


    6回、丸がツーベース、誠也はゴロだったがまたもやらかし献上を受けて、内野安打。


    安部は、よんたま選び。


    この日の安部は、よんたま野郎でしたね。


    解説の小久保JAPANも言ってたけど、首位打者になったばかりだから、まだまだ打ちたい願望あるだろうに、しっかりとよんたまを選びまくってて落ち着いてるなと思った。


    まあ、ハムの近藤もそうだけど、調子良いからしっかりとよんたまも選べるんだよね。


    続くエルドレッドも同じ。


    波はあるエルドレッドだが、今日は当たっていたので、よく球が見れる。


    押し出しよんたま!


    更に、堂林がきっちりと犠牲フライを放って追加点。


    あ!堂林は、割りと早々に試合が決したカタチになったので、松山に代打で入ってました。


    堂林もヒット打ってるし、それが続いてて良いわあ。


    九里は、8回の上位打線も簡単に退けて、完封ペース。


    普通に9回も投げると思ったんだが…緒方と握手。


    うーん、投げさせないのかあ。


    悔しかったろうなあ。


    これが岡田なら、投げさせてるハズ。


    やっぱり、よんたまでしょう。


    8回は、球数を投げずに終えたから、これはイケると思ったんだけど、それまでによんたまで球数加算してたから、代えられたんだろうなあ。


    惜しかった。


    とはいえ、途中までノーノーで進んでて、8回を118球投げて、3安打のみ、なおよんたまは4。


    相手先発の宮國は、半分の3回途中までで、同じ様な球数の110 球、10 安打、よんたま5 。


    球数とよんたまは似てるが、回数が半分で失点も大きく違う。


    不思議なもんだよね、よんたまがとくてんに絡んだ結果と、そうじゃなかった結果。


    最後は、ブレイシアが締めてゲームセット。



    完封勝ち、いつぶり?


    今季のうちでは、なかなか出来てない事だよ。


    先発がゲームを作り、打つ者が打つ。


    最高でした!

    完封は難しいが完勝

    0

      楽しい試合でした!


      巨人 2-7 広島


      いやあ、試合って突然がらりと様相を変えるよね。


      うちも今季そんな経験を数多してるし、痛い目にあってるが。


      今日の試合は、終盤まで分からない展開になると見えたが、所詮想像なんてあくまで想像。


      想像を越えるのが、現実。


      先発は、岡田とマイコラス。


      先に書いた様に、本当に両投手持ち味を発揮した投手戦。


      俺が見始めたのは、1回裏からだったが、すぐに散歩に出掛けたんだよね。


      とりあえず、2回の1アウト3塁(見逃したが安部のスリーベース)を見て。


      帰宅したら、何点入ったろう?と思ってたの。


      帰宅したら、0。


      …。


      何しとんねん!


      あのあと、松山と野間が続けて三振しとる。


      うーん、外に飛ばすだけ、転がすだけで1点なのに…。


      こういうのを逃してると、ツケが回ってくるよなあ…と思った通り、マイコラスは三振の山を築いてく。


      うちは元々ガンガン振ってくので、高打率だが三振も多いチーム。


      それにしても、捉えきれない。


      一方、岡田も負けじと巨人打線を寄せ付けず凡退の山を築く。


      そんな中、4回。


      先頭の菊池が、とにかく粘った。


      めちゃめちゃ粘ってんなあ、投げさせてんなあと思ってた。


      そしたら、パッカーン!


      菊池の打ち上げた球は、スタンドへ!


      先制ホームラン!


      これは、マイコラスが根負けした感じだな。


      以前も、今季の菊池は長打の意識が強く見られると書いたが、ここは先頭なのでまずは塁に出る事が先決の場面。


      そこでも、甘い球は逃さずしっかり捉えて飛ばしたね。


      この回、1点だけだったけど、こんな投手戦ではいかに1点が大事か!


      …って、思ってたよね。


      5回は、初めて先頭出塁を許してしまったのだが、ここから岡田は三者連続三振に斬って締めた。


      何だろうね、岡田がめちゃめちゃ良かった訳でもないんだよ、見逃されたらボールな球もいくつかあったけど、それまでの組み立てからなのか、活きた球を投げてるからなのか、巨人打線が空を切ってくれる。


      めちゃめちゃ見られたら、今日のよんたまの数はいくつか増えた可能性もある。


      振らせる球を投げられるって事だなあ。


      この切り方は、あまりに良いリズムで野手にも良い流れとなった。


      次の回、好打順で先頭の丸がヒット出塁し、誠也は今季珍しく逆方向への大きなフェンス直撃ツーベース!


      ノーアウト2、3塁の大チャンスで、隠れ首位打者の安部。


      最高のカタチとなったが、マイコラスも執拗にインコース高めを突いてく。


      解説の山本浩二の言う所に本当に球がいくので、笑っちゃったな、スゲー。


      安部の集中力は高く、真ん中に来た遅い変化球を見事に捉えてセンターへ!


      2点タイムリー!


      つええよう、安部!


      均衡破れた一打で、マイコラスはイライラしてるだろうから、ここをもっと押したい!


      松山がホームラン打ったら、完全に決まる!って思った。


      そしたら、見事にタイムリーを放ってくれたねー。


      要は、あれだけ三振の山築いてたマイコラスから4連打よ。


      カープとしては、いつもマイコラスの時はそうだけど、早いうちに下ろしたいってのが、大きな目標なんだよね。


      簡単に三振に斬られたりもするけど、どうにか粘って投げさせて、捉えるタイミングを待つとゆーか、こっちのペースに引きずり込むと。


      実に大きな回となったが、驚いた事に由伸はマイコラスを次の回も続投。


      てっきりあの回限りだと思ってた。


      7回、キクマルの連続ヒットでチャンスを作り、丸の盗塁で1アウト2、3塁。


      ここで4番誠也。


      ドッカーーン!!


      完璧に捉えた当たりに、マイコラスも崩れ落ちた。


      俺も普通にホームランだと思ったが、フェンス手前で失速の最深犠牲フライ!


      4番の堅実な大仕事。


      いやあ、行ったと思ったなあ。


      マイコラスも確信してうなだれて、そのあと「Fuck」言ってたしなあ。


      まあ、ホームランだろうと何だろうとあそこに打ち上げられたら得点なので、そこへの発言かねえ。


      リプレイ見たら、全然バットの上の方に当たってたから、芯じゃ無かったな。


      マイコラスを引きずり下ろす事に成功。


      続くは、安部の打席。


      リリーフ戸根のデッドボールで、規定打席到達ワロタ。


      痛みを堪えて、首位打者安部爆誕!!


      いやあ、そろそろか?そろそろか?ってなっても、中々到達しなくてここでやっと。


      途中出場でもしっかり結果出してきた成果が、ここに実る。


      本当によく打ってる。


      打率1位、安部。


      ホームラン1位、エルドレッド。


      打点1位、誠也。



      凄い事になった。


      これを維持出来れば、投手陣が不完全でも何とかもたせる事は出来る。


      7回裏、完投とゆーか、完封ペースの岡田だったが、この回マギーに許したツーベースが余計だった。


      2アウト後にタイムリーを打たれてしまい、またも完封ならず。


      まあ、余裕があったので、完封って本当に難しいなあ…と見てたわ。


      次の回に代打を送られたので、7回までだったが、岡田は素晴らしいピッチングでした。


      ランナーは出すものの、2人出す事が無かった。


      つまり、ほぼ得点圏に打者を出さなかったし、後続もきっちり打ち取り、流れを渡さなかったね。


      まだ投げれただろうけど、疲れも見えたし、勝負付いてるしって事だわな。


      この安定感、頼りになるわあ。


      8回は、色々ありすぎて書くのが大変だな。


      まず、代打堂林がヒットを打ち、石原がバントで送りにかかります。


      バントは決まったのですが、相手に捕球ミスが起きて、ノーアウト1、2塁。


      代打エルドレッドの優しさで、1アウトをあげますが、終わらない。


      1番に帰って広輔はファーストゴロだったんだが、2塁を刺そうとした阿部の送球が外れて、オールセーフ!


      満塁!


      相手がミスをしたら、必ず返すという恐ろしい打線で知られる我がカープ。


      この辺りは、もう次に来るであろう得点劇を楽しみにワクワクしておりました。


      続く菊池はバウンドの大きなゴロで、痛む脚を我慢して快速飛ばしてヘッスラ。


      セーフ!


      タイムリー内野安打!


      全力だよ、皆。


      そして、続く丸はセカンドゴロにしてしまったんだが、走者菊池はタッチアウトを掻い潜り、また巧妙に挟まれて引き付け。


      その間に、しれっとホーム生還される巨人。


      飛び出してる広輔を刺そうとするも、これまたスーパーマンの様に飛んで帰塁した広輔はセーフ!


      巨人は、何をやっても上手くいかないゾーンに陥ってましたね。


      いつも、blogを書くのに振り返る為、ナビを見てるのですが…。


      10:丸 セカンドゴロの間に広島1点をあげる 巨1-7広 2アウト2,3塁


      ↑この1行の間に、どれだけドラマがあったか!


      簡略するとこうなんだけど、てんやわんやでしたよ。


      わやくそ。


      ピッチャーの戸根はここで代えられるのですが、戸根は別に何も悪くないんですよねぇ。


      何だか知らないけど、後ろがバタバタしてた。


      更に誠也は、まともな球が来ず、よんたまで満塁。


      ここで、首位打者に…まさに躍り出た安部の打順!


      ここねえ…カープファンは、ずっこけてどっか痛めた人も多いのでは?


      この最大の注目場面に、BS日テレは「コマーシャルです」とCM行ったからな。


      ファっ?!でしょ。


      自分とこのチームが負けてるからと、ふざけた事をするんじゃない。


      野球中継で、試合が動いてる時にCMって、初めて見たに近いかも。


      CM明けた時には、一人死んでる事なんかはあるけど、こういうのはなかなか無いよなあ。


      だって、満塁で首位打者の登場だよ?


      めちゃくちゃボルテージMAXに上がる場面じゃん。


      CM明けたら、皆ベンチにいたから打てなかったの分かったけど、ガッカリしたわ。


      その中継の仕方に。


      あまりにカープのターンが長すぎたって言ってもねえ…。


      おまけに、いつの間にかサブチャンネルに移動してたし、ハッキリしてくれよ、マジで。


      うん、言いたい事は言った。


      8回裏、一岡がリリーフしたんだが、タイムリー打たれました。


      お分かりだろうか?


      ジンクス死にました。


      2試合連続では失点しないってヤツ。


      よって、やっぱり一岡も良い時と悪い時の落差が激しい。


      いや、今日は別に悪かった訳じゃないけど、抑えられてないんだから良くは無い。


      今村同様に、毎回失点してる様な印象を受ける…となると、相手にしてみたら、脅威じゃないんだよなあ。


      まあ、快勝です。


      結構驚きな試合展開にもなりましたが、何故か巨人はカープにやられまくってるので、このまま行ってもらえたら良いですね。


      今日もうちにミスは無く、向こうの方に何やら取り憑いた様でしたね。


      ミスやよんたまさえしなければ、しっかりと勝てる。


      阪神も負けて、差が0の1位2位ですか。


      再び浮上しましょう!



      快勝も久々

      0

        快勝も久々だわあ。


        広島 6ー1 ヤクルト


        まずは、ノムスケの話から。


        登録を抹消されました。


        置いて見るのかと思ったが、やっぱり思ったよりハッキリと悪いんだろうな。


        酷くなけりゃ良いんだけど、これも万全で戻ってきてもらわないといけないから、しっかり治してもらう為にも落としたって事かな。


        先発は、大瀬良とヤクルトは石川。


        雨の降る中での試合となりました。


        中継が始まった時には、1回裏になっていましたが、まず映し出されたのは初回のVTR。


        バレンティンが激怒して、退場を喰らってました。


        あとで、その前に何があったかを見ましたが(ストライク判定不服)、まあ確かにボール臭いのをストライクとされていた。


        ただ、こんなのは死ぬ程あるんだよな。


        今季見てても、本当に毎日判定おかしいと思うのがいくつもある。


        で、バレンティンもそんなの散々味わってるハズ。


        ここでキレたのは、ちょっとよく分からない。


        というのは、どうしても我慢出来なかったとしても、第1打席は無いだろう?


        ベンチもナインもファンも、そりゃ無いってガッカリしたと思うよ。


        3打席目、4打席目なら分かるけどさ。


        そもそも初打席なんてのは、その日の球審のゾーンを知る打席でもある。


        糞ボールもストライクにするんだとインプットする打席なんじゃないか?


        せめて、次の打席までは堪えて欲しかったかな。


        うちは大助かりだけど、ちょっと言いたくもなる。


        1回裏、俺が見始めた所で、いきなり菊池がホームラン性の大当たり!


        フェンス直撃のスリーベース。


        会心の当たりだったから、入ったと思ったんだけどなあ。


        最近のとゆーか、ちょっと前からの菊池のバッティングに思うのは、ホームランを狙ってる様な感じだよね。


        勘違いかもしれないけど、とにかく飛ばそうと、大きな当たりにしようという気がする。


        というのは、菊池の脚が悪い、膝が悪いって事で、ホームランならランニングするだけ、長打ならまあ全速力じゃなくても最低ツーベースにはなる。


        全速力で、何とかヒットをもぎ取るって方が今の状態では難しいので、なるべく長打を狙ってるのかな?と深く考えてしまう。


        単純に、バッティングの調子自体が良いのかね?


        どうも、負の部分を知るとそちらの事も考えて見ちゃうからなあ。


        とにかく素晴らしい当たりでした。


        更に、続く丸もホームラン性のフェンス直撃ツーベース!


        菊池は、悠々帰って来れました。


        いやはや、どちらも完璧な当たり。


        もうちょいで、連続ホームランだったのになあ。


        3回裏、広輔がレフト線へのツーベース。


        菊池が送って3塁に進めると、丸が外野にフライを放って追加点。


        理想的な1、2、3番での得点。


        こういうのが安定して出来ると強いんだよね。


        ちょっと前だと、広輔と菊池はよく打ってたけど、クリーンアップが仕事してなくて得点になってなかった。


        これが出来るって事は、打線が調子良いのかなと。


        大瀬良のピッチングに目をやると、今日は素晴らしかったね。


        球速はそんな感じなかったけど、よく打ち取ってた。


        まあ、外野へ大きなフライをあげられるのを見ると、やっぱり球威は落ちてるなあとか思っちゃうけどね。


        外野フライってのは、アウトカウント少ないうちにランナー背負ってたら、タッチアップされる訳だから、あんまり深いフライを打たれてるのは好きじゃない。


        とはいえ、状況下できっちり打ち取ってるのは確かで、1発病を患ってる中、持っていかれなかったのは賞賛しかない。


        好守備にも助けられたりと、リズムが良かった。


        6回裏、先頭の誠也がガツンと1発!


        完璧に捉えてホームラン!


        いやあ、今日はフェンスに阻まれる事が多かった中で、誠也のは打った瞬間でしたね。


        ここで、夕方の番組で得た情報を。


        昨日の勝利投手薮田の結婚後初のウイニングホールを誠也が無くしてしまったらしい。


        バカすぎる!


        奥さんにプレゼントするつもりだったのに、誠也に阻まれたという悲しいお話。


        笑ったなあ。


        ホームランでざわつく球場のさなか、ボックスには新井。


        初球を打ち放ち、これまたホームラン性の大当たり!


        でも、またまたフェンス直撃。


        惜しかったなあ、新井は長い事ヒット打ててなかったので、その久々のヒットがホームランかと思ったんだが。


        でもね、ここは何だか打つ気がしてた。


        誠也のホームランの直後で、もしかしたら2者連続あるかも…って見てたの。


        そうはならなかったんだけど、思ってたら初球をフェンス直撃だからね。


        マジか!ってなったわ。


        まあ、新井にヒットが無い日々も当たり自体は悪くないのも多くて、ただただ長く間が空いただけだったんだけどな。


        そんな中で、今日は新井を5番起用だからね。


        もう、大体スタメン出場しても誠也に続く打順じゃ無かったんだけど、好調の安部を1つ下げてだから、その判断に応えたカタチでもあるから、なおの事素晴らしい。


        安部はというと、きっちりバントで送ったしね。


        規定打席足らずとはいえ、首位打者にも関わらず本日の役割を全う。


        バント成功1つ取っても、好調な事が伺える。


        去年の最多安打が菊池だっけ?めちゃくちゃバントも決めてる。


        何でもやれるってのは、本当に好調だし、信頼も得られるよね。


        続く代打松山のゴロの間に、新井がナイス走塁で生還。


        これも地味に凄いと思うんだよね。


        松山はこの打席、ファウルでスゲー粘ってたから、当たる度に新井は反応してたと思う。


        棒立ちな訳無いから、その繰り返しは地味に疲れるよね。


        やっと前に飛んだボールに反応して、最高のスタートを切れたのには、ベンチの皆も笑顔だったね。


        やっぱり新井が全力でやってるのを若い選手が見てるから、それは力になるね。


        7回は、中崎が連投登板。


        先頭にツーベースを打たれたのがまずかったが、このランナーを返しただけで斬ったのはよすよす。


        とりあえず、今の中崎に完璧は求めていない。


        そりゃあ早いに越したことはないが、毎回の登板で感じを掴んでもらえれば。


        8回裏、連続よんたまをもらい、代打ペーニャ。


        これがまあ、なんて事はないフライだったんだが、センター前にポトリ。


        誠也生還に、2塁ランナーだった新井もナイスランで生還!


        2点タイムリーとなった!


        ペーニャは思わぬ打点稼ぎを出来た訳だが、ここもやっぱり素晴らしかったのは新井。


        引きの映像を見たけど、新井は誠也よりも先に落ちると判断して走り始めてる。


        河田コーチの手が動くよりも全然先だしね。


        こういうのがたまらないよね。


        エルもそうだけど、ベテランの新井であっても、先の塁への意識が高く、チーム方針に例外が無い。


        こんな遅い回で、3点差が5点差になるのでは、相手チームへのダメージの度合いが違う。


        今日は、エラーも無しだし、投打共に素晴らしく、快勝だった。


        嬉しい。


        怪我人続出なのって、よく考えたらごくごく普通とゆーか、体張って働いてる訳だから、こんなのも当然と言えば当然なんだよね。


        去年カープが強かったのは、怪我人が本当に居なかったってのも大きいんだよね。


        どのチームも何人かの離脱者を出していく中で、うちはほとんど主力が欠ける事はなくシーズンを戦えた。


        そりゃあ、あれだけの成績をおさめる事になるよ。


        その怪我人を出さずにシーズンをやりきれたツケが回ってきてるという見方をすれば、分からんでもない。


        去年だって離脱は少なくても、我慢しながら踏ん張った選手は沢山いたハズで、それがオフの間だけでは癒えなくてもおかしな話じゃない。


        まあ、徐々に駒は揃ってくると思うし、居る選手が全力でぶつかれば大きく沈む事は無いと思う。


        エース2人が居ない中で、どれだけ踏ん張れるかだが、今日みたいに大瀬良をはじめ投手陣が好投してくれれば、打線は打ちまくるから大丈夫!


        次の巨人カードも勝ち越しましょう。



        やっと勝てた!中崎帰還!薮田おめ!

        0

          投手が頑張ったなあ。


          広島 3ー2 ヤクルト


          数字よりもずっと連敗していた様な気がする。


          平成の夜明けぜよ。


          先発は、野村とブキャナン。


          中継が始まった時は、6時16分。


          この16分の間に何があったのか?


          その時刻、TV画面に映し出されたのは、2回でノーアウト満塁。


          ノムスケやぞ?何があった?


          すでに、1点を先制されてのこのカタチ。


          絶望も絶望。


          先制は、先頭にツーベースを打たれた後、バレンティンのタイムリーによるモノ。


          その後も大引、武内と連打を浴びての満塁。


          俺が見始めると、キャッチャー中村をゴロに仕留めるも、サード安部のグラブを弾く強い当たりで、広輔もカバーしたが間に合わず内野安打。


          まさかの5連打。


          俺が見るまでの当たりがどんなモノだったか分からないから、何とも反応しにくいが、あのノムスケがこんな滅多打ちにあうなんてなあ…。


          しかし、ここからがやはりエースたる投げっぷり。


          ブキャナンを三振に斬ると、1番に帰り坂口はファーストゴロで、エルドレッドがホームに送球アウト。


          そして、最後にライトフライと、あれだけのピンチを僅か失点2で凌いだ。


          ノーアウト満塁を1点だけだからね?気持ちも相当強いわ。


          なんだろ、打ち込まれた中でまたノムスケの凄さを感じたな。


          その裏、先頭の誠也がツーベース。


          これちょうど見てなかったんだけど、ハイライト見たら最近に無い良い当たりしてたね。


          後続のエルドレッドがよんたまを選んで、1アウト1、3塁。


          ここで松山がタイムリー!


          1つ返せた。


          松山がスタメンで、いきなり打つ事はかなり珍しい。


          ノムスケは、3回もピンチを招いたが無失点で終えた。


          が、それ以降姿を見せなくなるとは夢にも思わなかった。


          3回裏、菊池がよんたまを選び、ブキャナンの軽い暴投の間に、進塁。


          追い込まれた誠也が打ったのは、打ち損じのフライ。


          ふらふらー。


          …あれ?


          ポトリ。


          ポトリタイムリー!


          いやはや、ここで出たよ!神ってる!


          去年は、こういう何故か野手の守備範囲ではないゾーンにポトリと落ちるヒットも多かったんだよね、誠也は。


          俺はこういうラックの方を神ってるとしてきた。


          打撃は申し分無い選手だが、会心では無いのにヒットになっちゃうのが多くて、そこに神憑りとゆーか、運を持ち合わせてるなと。


          これで同点!


          驚いたのは、4回のマウンド。


          ノムスケの姿が無かった。


          薮田が居た。


          何があったの?


          一時打ち込まれたが、最低限に凌いだし、その後も持ち直していたので、不振からの降板では無いだろ?


          何かあったに違いない。


          あとで分かったが、腰に違和感を覚えたとか。


          うーん、とりあえず様子を見るみたいだが、ノムスケまで離脱しちゃったら、うちはもう回らないぞ。


          腰っていうのがね、中崎や松山みたいな事もあるし、何よりピッチャーも腰は使うし、大事な部分だもんなあ…。


          マジで心配。


          そして、このゲームの行方も本当に心配した。


          継いだ薮田は、確実にロングリリーフを任される。


          いくら薮田が先発経験のある、先発向き投手とは言え、先日も投げたばかりで、おまけに今回は緊急登板と肩も出来てないんじゃないか?という事態。


          その薮田だったが、見事に期待に応えて3人でピシャリ!


          まずは、ひと安心。


          4回裏には、エルドレッドからの連打とエラーで、1アウト満塁をメイク。


          しかし、ここでバッターはピッチャー薮田で、得点に出来なかったのは残念だった。


          仕方無いけどね。


          5回裏、ここも先頭の菊池が完璧に捉えた打球でツーベース。


          ホームランだと思ったんだけどなあ、打った瞬間の完璧なミート。


          仮に菊池の脚が万全であれば、踏み込みとか踏ん張りとか回転で運べたのかな?


          走塁にしても、無理せず脚をかばってる様に感じた。


          1アウト1、3塁となり、2回裏と全く同じカタチに。


          ここでバッターは、好調5番の安部。


          あっさりとライトへ抜けるタイムリーを放ち、勝ち越し!


          安部のバッティングは、本当に食らい付くよなあ。


          6回のマウンドにも薮田。


          3回を跨ぐ事に。


          この回は、薮田にとって試練となった。


          先頭にヒットを許したのは勿論いけなかったのだが、松山が打球処理に手こずり、いきなりノーアウトランナー2塁のピンチとなってしまった。


          続くバッターのゴロで、ランナーは3塁に。


          いよいよもって、失点な場面。


          が、後続を続けてフライアウトに打ち取って、この大ピンチを見事に凌いでくれた!


          松山は、守備がなあ。


          薮田に救われたな。


          薮田の好リリーフに、本当に助けられたよね。


          緊急登板で、3回を無失点。


          相手もそりゃ打ててたノムスケからピッチャーが代わった事で、アジャストするのはなかなか難しいだろうけど、こっちは冷や汗モノで送り出してる訳だからね。


          6回裏もチャンスあったんだけど、惜しかったなあ。


          どうも近藤にはやられてるよなあ。


          7回には、遂にあの男が帰還。


          中崎 Back Again!


          いや、中崎やジョンソンの復帰はまだまだかかると思っていたから、本当に大丈夫?って感じがした。


          万全で帰ってきて欲しいから、突貫は怖いんだって。


          しかし、坊主頭に髭を失った高校球児の投球はそれはそれは素晴らしいモノでした!



          最初のバッターを三振に斬った事がまず痺れたし、しっかりと抑えてくれました。


          こうやって浅い回でコツコツ勘を取り戻してもらい、抑えに戻ってもらわんとね。


          これまた、ホッとした。


          8回は、お馴染みジャクソン。


          1発を引きずる事もなく好投し、最後はエルドレッドのナイス守備とジャクソンのナイスカバーで3アウト。


          アレもヤバかったなあ、カッコ良かった。


          しっかり守れるって、素敵やん。


          最後は、今村が何とか締めて逃げ切りました!


          久々の勝利。


          逃げ切るとか、うちの投手状態でよく出来たなって。


          それほど、今日は繋いだ皆が好投してたね。


          ノムスケも捕まった時だけだし、アクシデントがなければ6回までは投げてたハズ。


          こんな展開になるとは、本人も思いもしなかっただろう。


          そんな窮地を救ったのが、薮田で、それを継いだ中崎らの復帰も明るいニュースとなった。


          薮田は、結婚後初勝利だよな?


          ヒロインでは、触れられなかったの?


          こういうのを見てると、改めて先発向きだと思うし、今年はバタバタしてるから、先発転向もあり得るかも。


          それにしても、ノムスケが心配。


          軽傷であれば良いのだが…。

          いや、勝ち逃げでええやん

          0

            こういう書き方は、どうかと思うんじゃが。





            「逆転の広島」なるか!って。


            バカじゃないの?


            何で負け先行なのよ。


            何で先制されなきゃいけないんだよ。


            中継中、先制されたあとにテロップで出すとかなら分かるけど、やる前から逆転なるか!って、猪木にぶん殴られろって感じ。


            頭悪いわ。


            大体、逆転のカープだし。


            ノムスケに水さすんじゃねえよ、クソが。


            勝ち方は忘れた、負け方は知ってる

            0

              暗黒ですなあ。


              中日 7-4 広島


              まさかの3タテでしょ。


              巨人、横浜とカードを勝ち越し、また順調に高まってるかと思いきや、そんな事は全く無いと。


              単純に、巨人との相性が良いだけと、ハマにもたまたまって感じか。


              数年前を思い出す。


              下位のチームに何故か勝てなくてね。


              その取りこぼしと言ったら失礼だけど、上位に居る為には変な躓きが一番余計。


              まさに躓きまくりだね。


              先発は、福井と吉見。


              今日は中継が無かったので、一切映像を見てない。


              誰がどんなプレーをしたのか、ハッキリとは分からない。


              見てたら見てたで、死んだ目でため息ついてたんじゃないかな。


              1回裏、ビシエドにタイムリーを許す。


              きっちり出来てるよね、長打を放ち、送って、4番が返す。


              これを何故うちが出来なくなってるのか。


              それよりも、福井は先制を許さないといけない使命感でも背負っているのか。


              3回、広輔がよんたまを選び、盗塁成功。


              2アウトながら、4番の誠也がタイムリーを放って、同点に!


              いやあ、そうそうこういう点の取り方を忘れているよ。


              さあ、同点になったからここから!って所で、福井なんだよね。


              3回裏、簡単に2アウトを取るも大島にツーベースを打たれ、続くビシエドにもツーベースを浴びて、簡単に勝ち越しを許す。


              福井は、味方の得点後は必ず得点を献上しないと気が済まないのか。


              ビシエドは、打率全然よくないんだが、うちにはめっぽう強いのかねえ。


              うちがヘタレ過ぎる?


              丁寧に投げてる時は、きっちりと打ち取れてるイメージもあるから、甘い球を逃さないんだろうね。


              これはこれで、4番らしい。


              5回、先頭にツーベース、続く打者のバントをフィルダースチョイスしたという事は、3塁送球でセーフになったのか。


              まあ、これは得点されて当然のカタチ。


              大島がきっちり犠牲フライ。


              これで終われば良いのに、終わらない辺りが暗黒。


              亀澤の盗塁を刺そうとして暴投、みすみす3塁まで。


              するってーと、これも点になる訳で、ビシエドのゴロの間に追加点。


              いやはや、中日を完全に目覚ましてしまったな。


              得点出来ないのが中日だったのに、うちがバカ過ぎて簡単に点をあげれる様にしちゃった。


              うち以外ではこうはいかないと思いますよ、うん。


              7回、広輔がソロムランを放って1点を返す。


              細身の広輔があんな広い球場でホームランを打てるというのに、ペーニャって一体。


              先日に続いて、またも広輔にホームランが生まれた事を見ると、今年も10本近く打ってくれるかなあ?なんて期待を寄せる一方、そういえば打撃好調の安部はあれだけヒット量産してるのに、何故ほは無いんだろう?と。


              安部は、シングルヒットが多いよね。


              それで、盗塁も多い訳か。


              まあ、安部にもそろそろホームランが出るかな?と思ってる。


              カシンばりのカチ上げ式。


              こう書いてると、下に居る下水流や上には居るけど発揮出来ていない堂林など、去年ホームランを打って目立ってた選手の活躍を今年も見たいと思ってしまう。


              7回裏、マウンドは一岡。


              一岡も本当に、どう見たら良いのか分からんな。


              良い時とダメな時が交互。



              続けて崩れる事が無くても、続けて好投はしないってどうなの?


              よんたまを出して、大島にタイムリー。


              今日の試合、大島とビシエドにどんだけやられてるんだよ。


              俺にとって平田は癒しだよ!


              涙ちょちょぎれる程、三振の山で助けてくれるよ!


              カープファンは、平田に最敬礼。


              続く8回、ピッチャーは連投の岩瀬。


              いきなり丸が、スリーベースを放った!


              これは得点出来る。


              誠也は、よんたまで歩き、続く安部のゴロの間にホーム生還。



              岩瀬は、ここまで良かったけど連投がやっぱり影響したんじゃない?


              ベテランの使い方は、一歩間違えればまた長く不振になりかねんぞ。


              岩瀬を三ツ間に代えるも、エルドレッドがヒット出塁。


              松山は、よんたま。


              満塁。


              絶好機に、代打西川。


              ここは決めてもらいたかったねえ、正直。


              ここも、ゴロでの1点止まり。


              うーん、この回を振り返ってみると、ヒットは丸とエルだけなんだよ。


              これを見ても、今本当に打線が打ててないのが分かる。


              丸の長打とエルやよんたまのおかげで出来たチャンスを、ゴロ2つの得点しか出来ていない。


              問題だわ。


              まあ、1点差となり面白くなってきた。


              でも、面白くなかった。


              いや本当にこれでも喜んだ直後。


              すぐに8回裏、代わった薮田が先頭のゲレゲレにホームランを打たれてしまう。


              あのさ、ゲレゲレ今いくつ?


              こいつの半分のホームランは、うちからだろ?


              全く学習、研究、対策が出来てないよな。


              で、これだけならまだしもこのあと追加点も許してる。


              いい加減、野手はやってられんでしょ。


              確かに野手も仕事をしてるとは言えない。


              7安打?そりゃあね。


              9安打で、7得点の中日の効率の良さよ。


              仕事は出来てないけど、何とか得点してもすぐに取り返されるのはなあ。


              9回、丸に打席回ってるけど、これサイクルかかってたよね?


              ツーベース、ヒット、スリーベースと残すはホームラン。


              最後はセンターフライだけど、これは狙ったのかなあ?


              なんか、ナビを見てるとMVPは誠也になってるけど、普通に丸だろコレ。


              今日は、猛打賞だぞ。


              連敗、単純に嫌だね。


              やっぱり、今季は投手陣が不振で、それが結果に表れてるな。


              去年は、投手陣と打線、加えてラックもあって、とにかく勝てた。


              今季は、打線は繋がると大暴れするが、投手陣がねえ。


              これは、まだまだ尾を引くな。


              主要メンバーの帰還までに、どれだけ踏ん張れるか。


              打撃陣は、毎試合10得点は取らないといけない様だ。


              それでもセーフティじゃないし。


              うーん、苦しいなあ。


              大勢のお客さんの応援だけじゃ、どうにもならん。

              九里に援護無し

              0

                つまらなかった。


                中日 2-1 広島


                一言で言えば、今日の試合はつまらなかった、になる。


                カープに、元気が無かった。


                先発は、九里と又吉。


                今日は、菊池を下げてのオーダー。


                昨日大活躍も、やっぱり万全では無いんだね。


                2回裏、ノーアウト1、2塁にしてしまうが、次のバッターをゲッツーに出来た。


                だが、ここが普段と違う面子での守備の仇。


                その2人目のランナーもサードに入った西川のエラーだったんだが、この日セカンドに入ったのは普段サードの安部。


                ゲッツーは、ショートゴロでまずセカンド に放って1アウト。


                受けた安部は、ファーストに送球してのゲッツー。


                解説陣が苦言をもらしていたが、確かにサードに投げて3塁へ進塁するランナーを刺すべきだった。


                うーん、こればっかりは普段やってない事で生まれたミスか。


                仮に、以前やったセカンド西川にしても、これを成功されられたかは分からない。


                以前のエラー連発を見て、サード西川、セカンド安部にしたと思うからね。


                思う様にはいかないモノだが、手痛いミスとなった。


                そして、3塁にランナーを残した事で、次のヒットで先制を許してしまった。


                防げた先制だが、こういう急造メンバーでは、こんな事もあるって事だな。


                4回、1アウトでランナー1、3塁。


                広輔が、丸のライトヒットで果敢に3塁まで走ってくれた!


                ライトは強肩の平田だから、本当に勝負。


                サードがゲレゲレの分、助かった。


                ここで誠也が決めてくれたら最高だったんだが、どうにも誠也が不調。


                三振も多いが、打ち上げる事も多くなったんだよね、真上に。


                ちょっと前は、誠也のバッティングを見て、球が上がる様になったと喜んだモノだが、今や上がりすぎてファウルフライを重ねる様に。


                得点圏での誠也に、ほとほと期待出来なくなっている。


                これが開幕序盤の不振だと言われた誠也なら、誠也らしいバッティングでは無いものの、その驚異的スイングから放たれるスピードあるゴロが抜けてくといった、ラッキーヒットが生まれていたのだが、今はそれも望めない状態。


                かなり苦しんでる。


                誠也は仕事出来なかったが、続く安部は粘ってタイムリーヒット!


                同点!


                いやあ、丸も勝ち越し狙って突っ込んだんだが、これは平田の肩。


                5回には、會澤、野間と連続ヒットが生まれたのだが、ここで九里がスリーバント失敗という大きなミスを犯してしまった。


                結局、この回加点出来なかった。


                やはり、きっちりと各々が仕事出来ていないと、なかなか点にならないな。


                それは、5回裏にも言える。


                この回は、九里が大ピンチを迎えた。


                ヒットと連打を浴びて、ノーアウト満塁にしてしまった九里。


                バッターは、又吉。


                副音声の昌さんが、又吉はバッティング上手くない、センスが無いと言っていたが、凄いモノを見た。


                ピッチャー正面のゴロで、ダブルプレー。


                これまたピッチャーの打席でのミスで、加点にならず。


                この回、苦しんだ九里は、ダブルプレー後もランナーは3塁という状況の中で、しっかりと打ち取れたのは素晴らしかった。


                だが、6回裏にも連続ヒットでピンチを背負ったのは頂けない。


                なかなかリズムも作れなかったんじゃないかと思うんだよね。


                味方は、点をあげてくれないどころか、簡単に凡退してすぐ自分の番になるとか。


                まあ、そんな事を言っていたら先発なんて無理か。


                ビシエドのショートゴロの間に、1点返されます。


                正直、ノーアウト1、3塁をこの1点だけで凌げたのは一番良い失点の仕方だったよね。


                九里は、こんな感じで悪いなりに要所を締めてゲームを作った。


                7回を2失点に抑えており、先発の役目は十分果たしてくれた。


                一歩間違えば大量失点の展開も作っており、そんな内容ながら7回も任されたのは、何とか勝ちを付けさせてやりたいという想いもあったと思うし、九里は応えてくれた。


                それだけに勝ちを付けてあげたかったし、九里に付かなくても勝利したかった。


                最終回もチャンスは作れたが、あと1本出なかった。


                本当にそんな試合。


                冒頭に元気が無かったと書いたが、それに尽きる。


                安部も出てたが、言葉を借りるならカープに覇気を感じなかった。


                又吉がそこまで良いピッチングをしていたとは思わない。


                どちらかと言うと、カープ打線が不甲斐なかった。


                あー、あと球審の判定も曖昧なのが気になったね。


                又吉も九里にしても、ストライク球をボールにされたり、ボール球がストライクになったりと、何ともあやふやだった。


                それもあって、つまらなく感じたのかも。


                贔屓目になるかもしれないが、九里の制球はこの日かなり良かった。


                低めに集めていて、何故かボール判定を喰らうモノもあったが、こういう投球が続けられていれば、勝ち星は増えてくるんじゃないかな?


                とにかく打撃面に軒並み元気が無かったのが残念。


                やっぱりうちは、何と言っても図抜けた攻撃的野球だと思うので、投手陣が奮わなくても、まだこの上位にいるのは打てていたから。


                特にピッチャーが頑張ってる試合は落としたくないね。


                上位が全て負けた日で、まだ助かってるけど、やっぱり下位のチームからはしっかり勝っていかないと。


                まあ、前から思ってたけど単純にカープは中日を苦手としてるよね。


                昌さんも言ってたけど、打撃面は五分の成績って、その通り。


                タイプは全然違う様な気がするが、めちゃくちゃ似通った対戦成績なのがvs中日。


                今日のスコアを見ても分かるけど、中日が沈んでるのは絶望的にチャンスに弱いからでしょ?


                ヒットも出てるし、よんたまも選べるが、打点をあげる選手が少なそう。


                今日のうちが言えた義理は無いけどね。


                3タテだけは防がんと。


                ホンマにつまらなかった。

                サヨナラ被弾も熱闘でした

                0

                  サヨナラ負けなんだけどね。


                  中日 5ー3 広島


                  うーん、何だろうこのサッパリとした気分…。


                  負けたんだけど、気持ちは落ち着いてる。


                  しゃーないとか、ドンマイっていうね。


                  サヨナラホームランだけは、もう相手を誉めるしかない。


                  それよりも、ここまでに痺れた試合だったなあ。


                  先発は、岡田と小笠原。


                  いやもう、忘れてたわ。


                  そんな遠い昔の事。


                  この対決が分かった時点では、次世代エースの岡田とイマイチ成績を残せていない印象がある小笠原なら、岡田に分があると見てた。


                  始まってみたら、予想を下回った。


                  この日の岡田の内容は、本当に悪かった。


                  制球が全く定まらず、構えたミットとは全然違う所に球が散ってた。


                  2回裏、不調でも選球眼のある平田によんたまを与えてしまい、盗塁もされ、その後内野安打で、2アウトながら1、3塁にしてしまう。


                  いつもの岡田のピッチングなら、相手は下位打線、抑えたんじゃないかと思う。


                  タイムリーを浴びてしまう。


                  その後、何とか3アウト取ったが、早い回に先制を許してしまい、不安視。


                  次の3回が、うちの問題だった様に思うな。


                  キーポイント。


                  2アウトから広輔がツーベース、菊池と丸は一度もバットを振らずの連続よんたまで、満塁。


                  打席は、誠也。


                  まあ、言わずと知れた絶好機。


                  ここをファウルフライとしょっぱいバッティングをしてしまい、モノに出来なかった誠也。


                  これにより、ちょっと乱れてた小笠原を立て直したのはマチガイナイ。


                  豪打カープ打線を好きにさせなかったのだから、気持ちも入るだろう。


                  その誠也だが、3回裏には見せ場も!


                  先頭荒木にツーベースを打たれた岡田。


                  続く大島はヒットになりそうなゾーンへ打ち上げたライトフライ。


                  荒木は、タッチアップで3塁を狙ったが、ライトは強肩誠也。


                  ズキューンとストライク送球で、荒木を刺した!


                  これは素晴らしかったね。


                  未だに誠也の肩が知られていないのかも知れないが、昨日も確か誠也の肩を知ってる選手が自重してた様なシーンがあった気がする。


                  速い球もさることながら、良い所に送球出来る正確さは、見ていてとても興奮する。


                  打つだけの選手だと思われたくないね。


                  バットで仕事が出来なかった回の裏に、ピッチャーを救う守備での大仕事は拍手しかないわ。


                  4回裏、またも平田によんたまを与えてしまう、苦しいピッチング。


                  更に盗塁も決められ、先程と全く同じ展開。


                  2アウトまで取ったんだが、ここで先打制を打たれた松井に、またしてもタイムリーを浴びる。


                  得てしてこういうモノなんだよね、野球って。


                  何故かチャンスに続けて打てる選手が出たりする。


                  岡田は不調ながら、何とかアウトを取っていくのだが、やはりどうにも綺麗には終えられない辺り、ピリッとしない。


                  しかし、2アウトから点が入るもんなんだよなあ。


                  5回は下位打線で、簡単に2アウトになってしまう。


                  が、広輔が見事にツーベースを打ち、動揺したのか小笠原はワイルドピッチをかまし、3塁まで。


                  すると、菊池が広輔と同じ様に完璧に打ち返してタイムリーツーベース!


                  いやあ、返せたねえ。


                  2アウトから連打。


                  小笠原のスタミナが切れてきたのかも知れないが、よくアジャストして決めてくれたよね。


                  6回、先頭の誠也がツーベース、エルドレッドがよんたまと、大チャンスが巡ってきた。


                  小笠原はここで降板。


                  新井は進塁打で、ランナー2、3塁。


                  しかし、ペーニャが三振で2アウトにまで陥った。


                  バッターは今季よく打ってる石原だが、こんな場面で1本出るのか半信半疑だった。


                  その石原が、ライトへ抜ける執念のタイムリーを放った!


                  本当に痺れた。


                  同点!!


                  ああいうのを見ても、やはり今季の石原はここぞで打てる頼れるバッターになっているな。


                  これまでの石原だと、セカンドの脇をギリギリ抜けない打球になったんじゃないかな。


                  凄いわ、マジで。


                  更に、続く代打松山の当たりも惜しかった事は言っておきたい。


                  ショート頭上を僅かに抜け落ちる様な、そんなポテンヒットになる当たりだった。


                  これをルーキー京田が大ファインプレーで、こちらも執念を見せたのかナイスキャッチされてしまい、同点止まり。


                  あれはもう、カープファンも全員が脱帽。


                  俺もあそこは中継見てて、京田に感心しきりだったわ。


                  並みのショートなら、反応も悪く、グラブにおさまらないのでは?


                  凄いプレーを見た。


                  さあ、追い付いて良い流れと思った矢先、6回裏に痛い目に遭う。


                  代わった中田が、岡田に全然合っていなかったゲレゲレに1発浴びてしまった。


                  中日勝ち越し。


                  これは完全に余計なホームランだったな。


                  中田は、昨日の今日で好投してくれるかと思ったんだが、長打喰らうにしてもここでのホームランだけはダメだわ。


                  この回、ゲレゲレ以外は完璧に抑えているだけに悔やまれる。


                  ゲレゲレ以降、連続三振で簡単に斬ったからね。


                  1発のある外国人への対応が、もう少し甘かったのかなあ。


                  7回裏は、一岡がリリーフ。


                  一岡は、前回登板乱れてやられていたので、この日は個人的リベンジの日。


                  昨日だったか、一岡は2連続で失点はしないとかいう記事を見ていたので、それを信用して見た。


                  すると、確かに今日の一岡は制球も暴れないし、威力のある直球を投げきっていて、中日打線を黙らせていた。


                  なるほど、本当に続けては崩れないんだな、と。


                  一岡は、8回裏も続投。


                  これがまた怖い所。


                  リリーフ陣の回跨ぎも、うちはなかなか成功していない。


                  でも、ジンクスが流石なのか、本当に一岡は冴えてて、この回はビシエド、平田、ゲレゲレと1発のあるクリーンアップを見事に抑えた。


                  いつもこうなら良いのに。


                  顔も落ち着いてたね。


                  一岡が追加点を許さず凌いだ事が、9回に夢の様な流れを引き寄せた。


                  9回、マウンドは田島。


                  先頭、ペーニャと代打安部が続けて三振に沈んだ。


                  2アウトで万事休すかと思われた。


                  だが、最終バッターに代打西川。


                  西川は、実に落ち着いていた。


                  球場は、中日ファンのボルテージMAXで、心乱してもおかしくない場面。


                  あと一人コールが耳に響く。


                  この勝負を見ていると、打席で非常に落ち着いて球を見れている西川とは逆に、あと一人コールで物凄いプレッシャーを感じている様に見えたのは田島の方だった。


                  アレ?と。


                  すると、ミート王子…いや、ミートくん西川は、一度もバットを振らずによんたまを得る事に成功。


                  これも西川の強心臓があればこそだな。


                  末恐ろしい、若手や。


                  加えてベンチは手を緩めない。


                  俊足の西川に、代走野間という選択。


                  単純に考えれば、速い西川より野間の方が速いからなんだろうが、ここは思い切ったなあと。


                  ランナーを出した事で、田島は更にプレッシャーを感じる事になったのは言うまでもない。


                  バッター田中に、まさかのデッドボール。


                  俺は、最初避けたんだと思ってたんだ。


                  球が転がったので、野間行けって!


                  そしたら、当たってたからね、怪我が心配。


                  菊池もまた落ち着いていた。


                  得点圏にランナーを置いた事で、集中力が凄まじく増した様な、とにかく雰囲気があった。


                  その菊池の放った打球は、センターへ抜ける同点タイムリーヒット!!


                  痺れた…。


                  1ヒットで同点なのは、2塁ランナーが野間なので分かっていたが、抜けるヒットを打てるかどうかだった。


                  それを決めちゃうんだから、堪らなかったね。


                  願わくば、丸に続けて逆転打を打ってほしかったんだが、今日の丸はサッパリだった。


                  9回裏は今村の登板で、これも前回のリベンジ登板。


                  なんだろうな、この良い流れ。


                  今村もナイスピッチで、2三振を含む3人斬り。


                  いよいよ雰囲気も高まるが、10回は酷かった。


                  誠也、エルドレッドと今日もまたクリーンアップが機能しなかった試合でもあるんだよな。


                  10回裏、ジャクソンがマウンドへ。


                  すっかり忘れていたが、ここだけ解せなかった。


                  先頭京田をセカンドゴロに仕留めたのだが、ヘッスラした京田。


                  これを審判がセーフと。


                  はあ?


                  普通にアウト。


                  スロー再生が流れる。


                  完全にアウト。


                  ここに来て出たよ、誤審。


                  ここに来ての誤審がどんなに痛いかを審判共は知らないんだろうな。


                  この日当たっていた荒木は、送りバントを敢行するが失敗。


                  更に、巧打大島の打球はサードゴロで、ゲッツーならずは流石大島か。


                  そして、試合は終わりを迎えた。


                  ビシエドのサヨナラホームランが生まれました。


                  ジャクソンに遂に失点が付いてしまった。


                  失点どころか黒星なのだが、誰もジャクソンを責める事はない。


                  この日凡退の山を築いていたビシエドが、最後の最後に完璧に打ち放ったと。


                  こればっかりは、どうしようもない。


                  ただ、誤審が失点を招いた事には、酷く怒りを覚える。


                  誤審が無ければ、ビシエドまでは回っていない。


                  たらればになるがね。


                  ミスをした方が負ける。


                  ミスをしたのは?


                  審判。


                  ヘッスラの雰囲気セーフ判定とか、勘弁してもらいたい。


                  一部の中日ファンは、誤審誤審五月蝿いと言ってるみたいだが、誤審が無い事がベストだとは思わないか?


                  誤審があった以上、そこにスポットが向けられるのは当然の事でしょう。


                  じゃあ、自分達は誤審について一度も怒りを覚えた事が無いのか?と。


                  中日に怒りはない、邪魔となる糞誤審には腹が立つだけ。


                  中日は、今季初のカープからの勝利。


                  正直、ここまで勝ってはいなかったが、別に中日をボロカス倒してた訳じゃないんだよね。


                  いつも拮抗してて、長い試合になるカード。


                  何とか勝てたって試合が多く、たまたま中日はずっと勝ててなかっただけ。



                  何ならカープは、中日にいつも苦労してるイメージすらある。


                  これからも競った試合が続くんだろうが、誤審に水を差されたくない。


                  何もかもを機械化しろって言ってるんじゃない。


                  でも、何で審判ってどいつもこいつも目も反応も悪そうなオッサンばかりなんだ?って思った事無いか?


                  視力も動体視力も良い若い審判を育てるべき。


                  僅かな人数でやるんだ、色んな面で長けた人がやるべき。


                  誤審は付き物では困る。



                  それなら、チャレンジも付き物にしてもらわないと。


                  人間がやるスポーツの醍醐味?


                  プロ化してて、そこに銭が大きく絡んでるのに、何でわざわざ誤審によって痛い目を見なきゃいけないの?


                  懸命なプレーが醍醐味。


                  肉眼では計り知れない、コンマ何秒の世界で勝負してる。


                  それで選手生活が終わる事だってあるかもしれない。


                  無いにこした事はないのが誤審でしょ。


                  申告よんたまなんて絶対要らないけど、チャレンジはマジで早急に導入してほしいわ。


                  ここまで、誤審の話。


                  ここからは、敗因がクリーンアップの沈黙だって事を。


                  1、2番が複数安打しても、クリーンアップが打てないんじゃ得点にならないな。


                  今日あった再三のチャンスをモノにしていれば、悠に勝てた。


                  誠也とエルドレッドを並ばせるのは、個人的には賛成なんだけど、離した方が効果高いのかねえ。


                  まあ、今日は新井を6番起用したかったからでしょうが。


                  なかなか上手くいかんもんです。


                  切り替えて、しっかりカード勝ち越しましょう!

                  ほう、ジャクソンが

                  0




                    そっか、ジャクソンが。


                    ほんに優しい奴やなあ。


                    カープは、チームの和が本当に良いわ。



                    中村祐好投!安部、誠也取り返す反撃!

                    0

                      強いピッチングでした!


                      広島 9ー2 横浜


                      引きずらなかったね。


                      昨日の嫌な負けを引きずったらドツボなんだけど、関係無く今日も暴れまわった。


                      先発は、中村祐と平良。


                      中継を見始めたのが少し遅れて、開始5分ぐらい過ぎてたかな?


                      初回で、中村はランナーを2人背負ってました。


                      このピンチ、まずロペスのゴロで1点を取られました。


                      更に、戸柱の打球は菊池にも届かないライトへ抜けるタイムリーに。


                      立ち上がり、2失点となってしまいました。


                      嫌な立ち上がりではあるが、立ち上がりは皆こんなもんなのでそこまで悲観はしなかった。


                      ただ、こんな回を続けていたら今日も勝ちは無いな、と。


                      何と言っても中村を救ったのは、続くエリアンのヒットで3塁を狙った戸柱を刺した丸よ!


                      解説の小久保も言っていたが、アレが無かったらこの回2失点で終わらなかったかもしれないし、大きなプレーになった。


                      1回裏、菊池がヒット、丸はよんたまでチャンスメイク。


                      続くバッター、昨夜の戦犯A誠也。


                      このチャンスに、見事右中間へ抜けるタイムリーツーベース!


                      これはよく打ったよねえ、昨日は昨日!って感じでさ。


                      誠也は、今季第1打席からのヒットが少なくて、そこもネックだったんだが、第1打席から気持ちの良い長打を放ってくれた。


                      更に、昨夜の戦犯B安部も逆転2点タイムリー!


                      いやあ、最高じゃないですか!


                      昨夜の敗戦はどうやったって取り返せないけども、終わった事は終わった事と、ならば今日勝とうじゃないかって覇気を見たね。


                      これも、たらればになるけど…最初の打席がチャンスで、誠也と安部に巡ってきても、良い当たりが見えなかったら、ちょっと球場のムードも上がらなかったと思うんだ。


                      おいおい、今日もか?みたいな事に成りかねん。


                      空気とか流れってあるから、今日は今日ですよ!ってなバッティングが見れたのが、この試合の運命を分けたかもね。


                      そして、エルドレッドもヒットで続いたのが良かった。


                      この連打ね。


                      というのも、この連戦でパタリとクリーンアップのヒットが止まっていたのが問題だったから、丸歩きからの連打連打なんて最高のカタチ。


                      これで終わらず、會澤にもタイムリーが出て、一気に5点!


                      えっ?


                      違うって?


                      エルドレッドもホーム生還したんだけど、生還後に隠密にやられちゃった感じ。


                      リプレイ検証の負けは、印象無いぐらい久々。


                      まあ、タイミングはアウトだったので、間近で見てた審判は戸柱の空タッチでも確認したのかなと思ってたんだよね。


                      仕方無いけど、エルドレッドはナイスファイトだし、これがカープの野球だから問題ないです。


                      2回裏、ランナーを置いて、丸。


                      完璧に捉えた当たりは、弾丸ライナーでスタンドイン!


                      2ランホームラン!


                      これも待望の1発なのよ。


                      クリーンアップの不振、つまり丸もヒットが出てなかったので、やっと出たのが会心のホームランって言うのが嬉しくてね。


                      丸に関しては、当たりは悪くないけどヒットにはなってないって日々が続いていたので、スタンドに入れちゃえば文句無しの最高級ヒット!


                      やっと実ったなと。


                      不振とはちょっと違ったので、これでまたミートの丸が戻ってくるかな。


                      誠也も鋭い打球でヒットを続けたのも良かった。


                      打ててなかった選手達が、脱却する1本を放ってるのは見ていて気持ちが良い。


                      ラミレスは、平良を3回のマウンドには上げなかった。


                      先発を2回KOに出来た事を見れば、うちの打線がいかに強いかが分かる。


                      初回に捕まった中村だったが、援護をもらってから…とゆーか、立ち上がり躓いただけで、尻上がりに好投を続けた。


                      中村の素晴らしい所は、キレのある球を放れる事と、コントロールの良さ。


                      しっかりと力の伝わった思いきりの良い球をいくつも投げていた。


                      全身で投げてる感じだけど、ムチャクチャな所に投げてはいないので、バッターも振ってくれるし、空振りが取れる。


                      確かに、全体で見れば高めではあった。


                      あったが、横浜打線はかなり苦労していた様に見えた。


                      良い所で、めちゃくちゃ良いストライクを投げたりするので、動けず見逃し三振や三球三振も何度かやってた。


                      ハッキリ言って、めちゃめちゃ良い投手だと思ったんだが。


                      今日の球審は、低くても良い球がいくつあっても取ってくれなかったので、それもあって高めで勝負するしか無かったのかも知れない。


                      ゾーンが狭かったのかね。


                      そんな中で、三振の山を築けたのは素晴らしいとしか言い様がない。


                      あとは、何回まで投げさせるのか。


                      5回裏、安部が粘ってよんたまを選び、続くエルドレッド。


                      この時、エルドレッドも第1打席にヒット打てたから、もう1本打ってここ最近の無安打分を取り返したいよね…って、思って見てた。


                      凄いの出た。


                      11号ホームラン!!


                      これは、さすがに想像してなかったです。


                      エルにホームランがあるのは言わずもがななんだけど、当たってなかったのもあるから、とにかくヒットを重ねて欲しいって思ってたのね。


                      これは、ランナーの安部が気になったってのも大きいだろうな、ピッチャー。


                      強打者に集中出来なくて、甘いの投げちゃったんじゃないかな。


                      ここから面白いのは、2アウトランナー無しから、會澤がヒット、更にはピッチャーの中村もプロ初ヒットで続いた事。


                      倉本がボールをベンチに返してくれたのには、俺もTVに向かってありがとうって言ってしまった程。


                      小久保が、ピッチャーの初ヒット球は要らないでしょ?って言ってたんだけど、そりゃまあそうなんだが、中村は初勝利の記念球を紛失しちゃってるから、代わりじゃないけどこれは要るなあ。


                      この連打に、田中も続いてタイムリーを放って、最高だったね。


                      中村も好走塁を見せていたし、投げてよし、打ってよし、走ってよしか。


                      おい、こんな逸材、4年もどこにおったんや?!


                      6回には、カープ絶対打つマンのロペスのヒットなどでランナー2人を背負うピンチになったが、これも見事に打ち取って凌いだ。


                      中村は、6回を投げきって降板。


                      素晴らしかった!


                      離脱者がポロポロと出てきた先発ピッチャー陣の中に、こんなに良い若手のピッチャーが加わった事に万々歳。


                      マスクも良いし、戦ってる時の表情も熱くて良かったね。


                      本当に、気持ちが乗ってたって感じ。


                      頼りになるわあ。


                      7回は、中田が久々にマウンドに立ったが、これまた良い流れを継いだ様にピシャリ!


                      2つの三振を含む3人斬り。


                      8回には、これまた久々マウンドの薮田。


                      そして、これまた2つの三振を含む3人斬り!


                      何たる流れ!


                      気持ち良すぎた。


                      こういう展開、今季本当に少ないからね。


                      連投より間を空けた方が良いのかもしれないな。


                      今日のだけを見て簡単には判断出来ないが。


                      9回は、ブレイシアが連打でピンチにはなったが、最後を抑えて失点せず。


                      終わってみれば、初回に取られた分だけで、出るピッチャー皆が好投して横浜打線を抑えきったね。


                      筒香が緊急欠場だったとはいえ、いや…だからこそ絶対に負けられなかった試合。


                      昨日の事もあるしね。


                      調子が良い宮崎を抑える事が出来たのは大きい。


                      複数安打も梶谷と荒波のみだし、中村が与えたよんたまも僅か2度ってのも、繋がせなかった要因。


                      うちに目をやれば、スタメンの松山がからっきしだったが、ピッチャー中村を含む他皆がヒットを打てたのは素晴らしい。


                      中でも、會澤の猛打賞でしょう。


                      クリーンアップの復調は勿論嬉しいけど、やっぱり打席数あるからね。


                      會澤は石原との併用だから、彼らに比べたらチャンスは少ない。


                      今季、石原のバッティングはかなり良いので、バッティングが売りの捕手でもある會澤は、そこに差を付けられる訳にはいかないんだよね。


                      そんな會澤の固め打ちは、素直に嬉しい。


                      面白いのは、バッティングが好調な石原は、バントが下手糞で成功率が低く、逆に會澤は打てなくてもしっかり送ってきてたんだよね。


                      総合的に見て、今日の試合は良い事ずくめだったなあ。


                      これからも負ける事はある。


                      負ける事はあるけど、切り替えていこう。


                      | 1/144PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      姉妹で踊ってみた

                      up2243.gif

                      New Era

                      green-boyの本棚

                      CHOCOLATE NEWERA

                      JUMPしてみた

                      c-airi4413.gif

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM