スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.10.01 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    何と言っても石原のインチキスクイズ失敗2ラン

    0

      連日の大勝で気分が良い!


      広島 8-1 巨人


      中盤までどうなるか読めなかった試合だが、面白い事になったねえ。


      予想に反してと言ったらアレだが、試合は投手戦になった。


      先発は、九里と田口君。


      正直、球威もコントロールも優れていて安定感のある田口君と、今年頭角を現してきた九里とでは、田口君に分があると見るのが正しかろう。


      中継が始まる前に、PRIDEを見てみたら既に1失点してました。


      初回、先頭によんたまを与える立ち上がり。


      その後、マギーにタイムリーを浴びての失点。


      よんたまは、失点に繋がるねえ。


      でもまあ、立ち上がりはどんな投手でも難しいモノ。


      よく1失点だけで凌いだと思うわ。


      3回裏、田中がツーベースを放ち塁に出ると、続く菊池はセカンドへの打球を放つ。


      当然進塁打にはなるのだが、この打球をセカンド中井が逸らしてしまい、河田コーチがガン回し!


      いや、さすがにそれは無理だろうと思ったが、田中はホームへ激走し突っ込む!


      判定は、セーフ!!


      同点!!


      うおおおお!!


      正直、タイミングは五分とゆーか、アウト臭かった。


      しかし、審判はセーフと。


      当然ながら際どいプレーなので、巨人はビデオ判定を要求。


      カープはビデオ判定が多いが、それだけ先の塁への意識が高く、際どくなりそうな僅かなスキでも突っ込んでるからだろうな。


      色んな角度のスロー再生を見てみると、確かに田中の手が先にベースを届いている様に見える。


      小林のタッチが当たってるかどうかは確認出来なかったが、小林のタッチの方が遅かった。


      判定は覆らず、セーフ。


      よく見てるもんだねえ、審判。


      このチャンスに押せたら良かったんだけど、このあとやらかし走塁でチャンスを潰してしまったのは頂けない。


      九里と田口君の投げ合いは、本当に予想だにしない投手戦で、互いに三振を取り、打ち取り、ランナーを返さなかった。


      ピンチは、6回。


      菊池が処理に誤り、先頭を出してしまう。


      坂本はゴロアウトだったが、ランナーは2塁に。


      ここで、どうにも腹が痛くなってトイレに行ってしまったのだが、数分後出てみると、まだ巨人の攻撃が続いていた。


      という事は、九里は打たれたのか?何点だ?と。


      しかし、見るとスコアは変わらず、2アウト満塁になっていました。


      そして、代打村田のコール。


      1点も与えたくはないが、一番怖いのは長打で大量点をあげられる事。


      この窮地、九里は村田をゴロに打ち取る事が出来、無失点で凌いだ!


      一時離れていたとはいえ、これは痺れたね。


      ここ最近の事を考えれば、一気に崩れてもおかしくなかった。


      だが、結果を見てみれば、この回ヒットは1本も許してないんだよね。


      チャンスを突けなかった巨人。


      するってーと、こちらにチャンスが回ってくる番。


      6回裏、丸がヒットと盗塁を決め、打席には誠也。


      この勝負強い4番は、見事にレフトスタンドへ飛ばしてしまった!


      待望の勝ち越し2ラン!!


      好投する田口君の前に、なかなか捉える事が出来なかったのだが、この最高の場面で最高の結果を残してくれた!


      完璧だったねえ。


      九里は、6回までで7回は一岡が務めあげてくれた。


      7回裏、最初だけで良い当たりが出なくなっていたペーニャが久々にヒット。


      代走野間にし、送って、代打松山。


      この采配もズバリ!


      左中間深くに落ちるタイムリーツーベース!


      いやあ、松山が帰ってきたなあ。


      更に、チャンスを広げて丸もタイムリー!!


      丸の好調さ、半端ねえ。


      8回裏、代打西川と野間の若鯉が連打でチャンスメイク。


      ワイルドピッチの間に、ランナーは塁を進めて、打席には石原。


      ここが最高に面白かった。


      石原は、スクイズを敢行。


      しかし、バットに当てる事が出来ずにスクイズ失敗。


      それが良かった。


      大きく外れて転がってく球を見て、てっきりファールだと思っていたら、空振りでピッチャーの暴投であった。


      すかさず西川がホーム生還。


      更に、2塁ランナーの野間も生還。


      世にも珍しい、インチキスクイズ失敗2ラン!!


      さすが、石原。


      これは、次にカープ芸人があれば、確実に取り上げられる。


      それにしても、西川も野間も足が速いのでこういう事が生まれて良いね。


      更に更にチャンスは続き、菊池にもタイムリーが生まれて、巨人はズタボロ。


      快勝しました。


      ビッグイニングのカープは、凄まじいね。


      九里の粘りのピッチングがゲームを作りました。


      よんたまも結構出してますが、6回を1失点に抑えたのは素晴らしい。


      継いだ、一岡、ジャクソン、今村も打線の援護のおかげもあり、テンポ良く投げて抑えてくれた。


      良い兆し。


      投打が噛み合えば、本当に強いカープを見せてくれる。


      スタメンだけじゃなく、途中出場組も好打者ばかりだし、上位下位関係無く繋がり始めると止まらない。


      ヒロイン誠也の水かぶり後のマイクアピールは笑ったな。


      プロレスじゃねえか。


      良い試合でした。



      スポンサーサイト

      0
        • 2017.10.01 Sunday
        • -
        • 21:08
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        姉妹で踊ってみた

        up2243.gif

        New Era

        green-boyの本棚

        CHOCOLATE NEWERA

        JUMPしてみた

        c-airi4413.gif

        archives

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM