尾道も大盛り上がりでしょう

0

    打ってはないんだけどね。


    広島 10-1 横浜


    尾道での試合となった今夜。


    地方球場というのは、ちょっとどうなるか読めない部分があるので怖い。


    ホームにはなるんだが、両者アウェーと言っても間違いじゃない。


    慣れた球場じゃないのだから、勘を狂わせ怪我などなければ良いなと。


    先発は、野村と濱口。


    頭からの中継が無いから散歩に出掛けて、出先でおばちゃんに偶然バッタリ出会ったんだよね。


    そこでおばちゃんのカーステから、ラジオ中継が聞こえて…ノムスケが満塁ピンチになってる事を知った。


    おいおい、大丈夫か?と。


    初回、ヒットとよんたまで満塁にした様だが、この大ピンチを三振で凌いだノムスケ。


    大怪我どころか、相手にダメージを与える斬り方を出来たのが素晴らしい。


    試合は、予想に反して投手戦に。


    カープ打線が繋がらない。


    繋がらないとゆーか、ヒットすら打てない。


    初回から2回の3三振を含む、5連続三振と濱口にやられまくり。


    早い段階で捉えたかったが、バットにすら当たらないとはね。


    一方、ノムスケも三振を取って横浜打線を封じており、果たして先制はどちら?な流れ。


    試合が動いたのは、5回。


    先頭打者をサードゴロで打ち取ったのだが、ペーニャの投げた送球を新井が処理に手こずり、ベースから一時足を離した。


    すぐに戻したのだが、これがセーフ判定。


    スロー再生を見ると、新井の足はすぐにベースへ戻されており、ランナーはまだベースへ到達していなかった。


    またも審判のミスジャッジ。


    ペーニャにはエラーも付くわで、最悪だった。


    先頭を出すか出さないかは大違いな訳で、それが審判の誤審となると腹が立って仕方がない。


    続く打者に送られ、倉本にタイムリーを打たれてしまった。


    無かった失点。


    審判により生み出された失点。


    イライラしたが、ノムスケは落ち着いて後続を切ってくれた。


    点が入ると試合が動く。


    5回裏、先頭エルドレッドが全くバットを振らずストレートのよんたま。


    更に、新井もよんたまを選び、続いたのはエラーを喰らってしまったペーニャ。


    ここでセンターへ抜けるヒットを打ち、ノーアウト満塁に!


    だが、ここからは石原、ノムスケと下位打線。


    何とか得点にしてほしいと思った。


    すると、石原が見事に外野の意識で、レフトへ犠牲フライを!


    同点!


    これは、素晴らしいと思っていたら、ノムスケもよく見てストレートのよんたまと、満塁。


    気にかけていた下位打線が、きっちりと仕事をしてくれた。


    とゆーか、ここまで完璧に抑えてきた濱口が完全に狂ってしまっていた。


    1番に帰り、田中がタイムリー!


    取られた次の回に、すぐ逆転!


    更に、菊池が初球を振り抜いて、これまたタイムリー!


    満塁が終わらない。


    丸も制球が定まらなくなった濱口の騙したをよく見て、押し出しよんたまを選ぶ。


    満塁が終わらない。


    誠也は外野に飛ばせば良いので、きっちりと犠牲フライを放ち、この回一気に5得点に!


    濱口の乱れもあるが、しっかりと犠牲フライを打てた事、落ち着いて球を見れた事、要所でヒットを繋げる事が出来た事で、ビッグイニングになった。


    濱口は泣いてたな。


    大きく崩れる恐れの無いノムスケには、十分な援護。


    援護ってか、自分も貢献してるが。


    その後は、ノムスケの巧みな投球術で横浜打線を打ち取ってく。


    今日は打ち取ってくってよりは、三振が多かったけどね。


    8回、リリーフしたジャクソンは僅か6球で3人を斬ってて、俺の方が笑ってしまった。


    打ち取ってたのは、むしろジャクソン。


    横浜打線の何とか飛ばしたい気持ちが生んだ回だったな。


    千奈美に、クリーンアップ斬り。


    助かった。


    8回、先頭エルドレッドが…って、考えてみればここもエルドレッドからなんだなあ。


    今日はからっきしだったエルドレッドだったんだが、空振り三振を喫したものの、最後の球を捕手が見失い、まさかの振り逃げ出塁。


    俊足が活きたなあ(←すっとぼけ)。


    続く野間は守備固めからの途中出場だったんだが、ここでレフトへ抜けるヒットで繋いでくれた。


    石原もヒットを打って、満塁に。


    この好機に代打松山。


    ホームラン性の大きなファウルを打ってて、調子の良さを感じていたら、見事ライト前へ2点タイムリーヒットを!


    凄いね、解説の前田さんも復帰後の好調ぶりに、“何をやったんでしょう?”的な事を言ってたぞ。


    打線はやまず、続く田中もタイムリーツーベース!


    松山もよく走って帰ってきて、2点追加。


    上手くいきすぎる。


    菊池、丸と連続でよんたまを選び、またも満塁に。


    投げていたのは、前の回途中からの尾仲という投手。


    広島出身という事で、この球場にも慣れてたんじゃないかと思うのだが、慣れていようと自分の投球が出来るかどうかは別だわな。


    先発の濱口同様、若い投手は動揺し、よんたまを連発してしまった。


    エルドレッドの代走で入っていた安部が、押し出しよんたまを選び、この回も打者一巡だし、5得点。


    よんたまが大怪我になるのは、うちが今季痛い程経験しているが、それが今日は横浜の方に出たっていうね。


    快勝は快勝だけど、この試合をやっていて、カープこ選手は改めて感じたんじゃないかな?


    よんたまが、いかに怖いか。


    連打なんてモノは、生まれる可能性の方が圧倒的に少ない。


    よんたまは、ヒット1本分をみすみす相手に渡すモノ。


    今日は、運がこちらにあったかと思うが、気を引き締めなければまた悪夢を繰り返す事になる。


    それはそれとして…。


    今日の問題は、3番丸から6番新井までのクリーンアップがノーヒット。


    よんたまを選んだり、犠牲フライは放っているが、これはちょっと明日には変えてほしい光景。


    特に誠也は、犠牲フライの当たりが今日イチで、あとは酷かったので修正してほしいね。


    あ!惜しいファウルがあったか、アレは良かったけどねえ。


    まあ、誠也の良い所は何日も打てない事が続かない事。


    それは、皆そうだね。


    新井はちょっと心配な程落ちてるが、松山が復調しており、誰かが谷でも誰かの山で補えると思うので、打線はそんなに心配はいらないだろう。


    投手陣は、今日の面子はしっかり抑えてたし、こんな日ばかりだと良いな。


    一岡と中田は、肩作っただけで終わったな。


    今日みたいな試合でもジャクソンを使ったりと、勝ちに貪欲だな。


    まあ、ジャクソンはタフそうだし、そんな球数を投げないからアレだけど、連投や登板過多だけは気を付けて選択してほしい。


    横浜には、負け越してたんだっけ?


    連勝してるし、このカードも取りたいね。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.20 Wednesday
      • -
      • 00:11
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      姉妹で踊ってみた

      up2243.gif

      New Era

      green-boyの本棚

      CHOCOLATE NEWERA

      JUMPしてみた

      c-airi4413.gif

      selected entries

      archives

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM