糞エラーで大逆転負け

0

    何しょんなら。


    広島 4-5 横浜


    呆れてる。


    これは酷いってのは、こういう時に使うもんだ。


    本当に酷い。


    勝ちゲームをものの見事に落とした。


    何でこうなるんだ?


    不思議でならん。


    今季、うちが落とした試合はいくつもあるが、自ら負けにいった試合が多すぎる。


    先発は、大瀬良とウィーランド。


    意外と投手戦になった。


    2回裏、2アウト満塁までいけたが実らず。


    3回裏、ノーアウト1、2塁の大チャンスでクリーンアップの打順。


    丸がしっかりと打った打球は、ショートライナー。


    無情にも、飛び出してた田中も帰塁出来ず、ダブルプレーに。


    チャンスはあるものの、どうにも繋がらない。


    均衡が破れたのは、6回。


    ピッチャーのウィーランドが打った打球は、グングン伸びてまさかのホームラン。


    大瀬良の1発病が、こんな所で出るとは…。


    自らはチャンスでヒットを打てず、対するウィーランドは1発で自援護。


    こんなもんなんだけど…持ってねえな、大瀬良。


    だが、その後のピンチを凌いでソロ1発の失点のみで終えたのは、素晴らしかったね。


    ズルズルと行かなかったのは。


    共に好投し、6回までを投手戦で進めた対決。


    試合は、先発が退くと動き始める。


    無失点と好投を続けていたウィーランドをラミレスは、何故か6回までで降ろした。


    何かあったのか、球数からかよく分からなかったが、ウィーランドを全く打ち崩せなかったカープ打線からしたら、こんなラッキーな事は無い。


    先頭の松山がヒット!


    代わり腹を突くのも、カープの御家芸。


    代走に野間を置き、會澤がきっちり送る。


    大瀬良に代えて代打西川は、ライトへ抜けるタイムリー!!


    俊足の野間が、速い速い。


    同点に追い付き、さあここから大瀬良に勝ちを付けようと。


    続く田中は、会心の大当たり!


    打った瞬間の2ランホームラン!!


    勝ち越し!


    今朝も新聞を見ながら、打線は好調だが、去年と違うのは田中と安部にまだホームランが出てない事だよなあ…って思ってたの。


    去年は、全員がホームランを打ちまくっててたからね。


    その田中が、この最高の場面で1号を放ってくれた!


    これは、痺れたね。


    更に、続く菊池も完璧に捉えてスタンドへ!


    …っと、これは僅かにフェンス最上段直撃でツーベース止まりに。


    いやあ、2者連続アーチかと思ったけどね。


    うちは本当に体が大きくなくてもパンチ力ある選手が揃ってるわ。


    その後、誠也のレフト前へ落ちるヒットで菊池が激走。


    つまずきながらもホーム生還を狙い、スライディングでセーフ!


    これもリプレイ検証。


    菊池のホームラン性の当たりもリプレイ検証だったから、1イニングに2度も菊池が絡むリプレイ検証に。


    これは普通にセーフに見えてて、スローで見たら菊池の凄さに驚かされたね。


    確かに普通に見てても菊池の足が入るのが速くてセーフと思えたのだが、スローにしてみたら…菊池は、スッと戸柱のタッチを避ける様にスライディングから体を浮かしていて、これを審判はよく見ていたんだな。


    直前にあのつまずきをしておきながら、ホーム生還のギリギリでこの攻防。


    体が動いたのかもしれないが、冷静に見えてるもんだなあ。


    誠也は、菊池のおかげで打点を稼いだな。


    8回、ジャクソンはアウトを全てセンターフライに打ち取ってた。


    上に上がっちゃうんだな、やっぱり。


    夕方に池谷も言ってたけど、今季は三振より打ち取るピッチングになってるな。


    あとは、9回を締めて終わるだけ。


    終わるだけ。


    何でこうなるの?


    マウンドには、今村。


    梶谷を三振に斬り、最高のスタート。


    続くロペスのサードゴロは、鋭い打球だったが打ち取っていた。


    安部もこの難しい打球を上手く捕ったのだが、課題は送球なんだよね。


    悪送球で、2アウトのはずが1アウト2塁になってしまった。


    何をやってんだかとは思ったが、この時点では悲観もしていなかった。


    何せ点差があるので。


    点差が。


    デジャヴか…。


    今村も問題で、不振を極めている筒香に対してビビったピッチングで、敬遠でもないのにストレートのよんたま。


    こうなると、嫌だなと。


    打席には、宮崎。


    成績を見ても3割打ってて、長打もある選手。


    正直、空回りしている筒香よりも遥かに怖い。


    そんな風に思っていたら、逆方向のライトへライナーで飛ばした。


    これは、ヒットになるなあ…。


    嫌な予感は、誠也のスライディング体勢を見て。


    フラッシュバック。


    こんなの見た事ある。


    すると、誠也は球をキャッチ出来ず、また止める事も出来ずに、後ろへ抜けてく打球。


    あったわ、こんなの。


    痛恨の糞守備で、一気に4-3と大ピンチに。


    おまけに1アウトで3塁なので、確実に同点にはされるなと。


    うん。


    きっちりタイムリーヒット許して同点にされる今村よ。


    また悪夢かよ。


    久々に好投した大瀬良の勝ちが、消えました。


    ミスやよんたまが失点に絡むのは身をもって分かっているハズで、前日も相手を見て気を引き締めたと思っていた。


    全然学ばねえ。


    こうなると、勢いがあるのはハマ。


    山崎というカードがまだあるハマは、羨ましい限り。


    とゆーか、今日打ち砕いたハマの投手って、三上ぐらいだからね、うち。


    3人で斬られて、成す術なし。


    そして、延長10回。


    一岡が上がったが、これがサッパリ。


    先頭にストレートのよんたまとか。


    終わった…って何人が思った?


    もう中継終わってたから、PRIDEで状況を見てただけだが、送られたあとにピッチャーゴロの処理を誤って、1アウト1、3塁。


    どうすんだ、これ。


    満塁にして、犠牲フライ喰って、勝ち越し許して終わりよ。


    筒香の優しさが目に沁みるわ。


    まあね、勝ち越しは許したけど、自分でバカやらかして1点のみで凌いだ事には、よくやったとは思った。


    2点差は無理だと思ったから、向こうの最低限のみで抑えたのは評価。


    で、最終回。


    この回は、クリーンアップ。


    何がなんでも決めてもらわないといけない。


    ピッチャーは、パットンでハッキリ言って向こうの不安材料的リリーフ。


    突けなくはない。


    だが、狂った歯車ってそう簡単に戻らないんだね。


    丸が三振。


    好調を維持していた丸が、今日もノーヒット。


    今日も三振を重ねてるし、良い当たりも見せてたけど、どうにもヒットゾーンに落ちなかった。


    追い付かせた張本人である4番誠也。


    取り戻すチャンスの打席で、最低最悪の見逃し三振。


    そして、元凶の安部もゴロで終了。


    不思議なもんで、簡単に負けちゃう。


    5番に入った安部は当たっていたが、昨日に続いて、クリーンアップが沈黙してるので、それは大問題。


    特に誠也ね。


    フライデーされた事を、マジで引きずってるのか?


    たまたまこのタイミングで不調になったのか分からんが、ビックリするぐらい自分のバッティングを見失っている。


    内野ゴロ連発する様な打者じゃなかったし、ストライクの見逃しも目立つ。


    守備でのやらかしも加えて、どうにもドツボな感じ。


    俺は、撮られた事なんか全然気にしない男だと思っていたので、これがもしアレからの乱れなんだとしたら、ちょっと期待外れ。


    どうか分からないけどね。


    練習の虫だし、熱い奴なのを知ってるから、たまの遊びにも何とも思わないし、関係ねえわバーカ!と、いつも通りやってくれると思ったが、あまりにも狂ってしまった。


    アレとは別だとは思うんだけどねえ、タイミングが悪すぎる。


    野次やガヤはもっと言ってくれって言ってた人間だから、気にしてないと思うんだけど、とりあえずバッティングを取り戻してもらわんと。


    勿論、守備でやらかした訳だから、守備面も。


    上手くいかない事で、頭に血が上ってるんだと思うが、気落ちせずに早く切り替えてほしい。


    誠也は、こんなもんじゃねえだろ?


    仲間を大切にする良い奴だ、いくらでも遊んで良い。


    不振を払う一打が、今は何より欲しい。


    カープは、気持ち良い試合も多いんだが、一方で気持ち悪い試合も目立つ。


    チームが若い為、エラーが多いのも分からんでもないが、プロだからね。


    若いって事を考えるといつも浮かんでくるのが、「スラムダンク」の知将高頭。


    桜木は所詮バスケ歴3ヶ月の素人と、玄人らしく判断した事をね。


    他のチームに比べて軒並み若い事で、イケイケドンドンな部分はメリットだが、デメリットな面に荒らさがあるのかなと。


    まあ、こういう試合が多すぎるのは修正出来てない証拠。


    リリーフもジャクソンを除けば、酷いまま。


    上位に居るうちにどうにかせんと。



    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.25 Tuesday
      • -
      • 23:54
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      姉妹で踊ってみた

      up2243.gif

      New Era

      green-boyの本棚

      CHOCOLATE NEWERA

      JUMPしてみた

      c-airi4413.gif

      selected entries

      archives

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM