スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.10.01 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    今村乱調で逆転負け

    0

      今村のよんたまよりもね…。


      広島 3-4 阪神


      糞つまんない逆転負け。


      土壇場で返されるとこういう気持ちなんですね、他球団ファンの皆さん。


      こういうのもしばらく忘れてたわ。


      先発は、大瀬良と小野。


      初回の中継はまだ来てなかったけど、今日も立ち上がりを突かれつつ、凌いだらしいね。


      中継が始まったのは、1回裏。


      開始と共に映し出されたのは、菊池がベンチでハイタッチしてる所。


      得点したっぽいな、と。


      すると、それが先制の2ランだった!


      いやあ、先制弾がよく生まれる様になってんねー。


      とゆーか、菊池が増やしてるなあ。


      このあとチャンスを作れて、一気に小野を崩せるカタチには出来たんだけど、追加点を取れなかった。


      2回も大瀬良は、ピンチを招いてる。


      ここも凌いでるが、不安定さは明らかに感じ取れるモノだった。


      3回、俺がトイレに行ってる間に…同点にされてた。


      何があった?


      福留に2ラン打たれてた。


      うーん。


      痛いなあ。


      まあ、痛いけどこの時は同点だし、勝ち越せば良いやと思ってたね。


      まだ、回はたっぷりあったから。


      4回裏、エルドレッド、安部と連続ヒットでチャンスとなったが、石原が痛恨のダブルプレー。


      これなあ。


      後ろが大瀬良だけに、送る訳にもいかないしなあ。


      5回の大瀬良は、本当にピンチを迎えた。


      先頭の西岡によんたまを与え、上本兄が送り、1アウトは稼げたと切り替えれれば良かったんだろうが、その前に制球が全く定まらず、福留、ロジャースに連続よんたまと、オールよんたまのランナーで満塁に。


      どうしようも無いぐらいの窮地。


      勿論、自滅だが。


      この窮地をどうにか凌げたのは、本当にホッとした。


      1アウト満塁で、全てよんたまランナーって、どうやって抑えるのよ?だもんな。


      よく断てたわ。


      大瀬良は6回も投げて、不安定なピッチングながら、福留の被弾だけで抑えてくれた。


      そこはね、評価出来るでしょう。


      アレだけ荒れてて2失点とか、ぶち壊しては無いからね。


      6回裏の攻撃は、惜しかった。


      2アウト1、2塁にして、先発小野を引きずりおろす事に成功。


      しかし、初回に少し崩せたあとは、ランナーは出せても返せないまま、深い回まで来てしまったなあ。


      ここで広輔の狙いは素晴らしかったが、無念にもショートライナーになってしまった。


      カタチは作れるんだけどねえ。


      7回を投げたのは、先日打球。足に受けて緊急降板した一岡。


      コレには、マジでホッとした。


      一岡がどうなのかは不安だったし、それがすぐ登板って事で、特に影響は無かった事が分かった。


      とはいえ、球を見ない事には分からないもんだったが、その肝心の球筋も素晴らしいモノで、全く問題ない姿が見られたし、カープファンは歓喜ですよ!


      8回は、中崎。


      ここは2アウトから連打にされてしまったが、中崎は堂々としてたわ。


      このどっしりさよなあ。


      8回裏、先頭の松山。


      スコーン!と打ち上げた打球は、果たしてどこまで行くのか…行くのか?という、ちょっと読めないモノだった。


      静かに、目を細めて見届けていたら、スタンド最前へ!!


      入った!!!!


      カープ勝ち越し!!


      いやあ、アレが入っちゃうんだから、やっぱりパンチがあるよね。


      滞空時間長かったあ。


      続くエルドレッドがよんたまを選び、安部が素晴らしいバントで送る最高の流れも出来たのだが、ここでまた石原がファウルフライと全くの力になれず。


      今日は、會澤が完全休暇って事だったんだろうが、石原は確かに波があるとはいえ、やっぱり出番が減った事が大きいと思うね。


      今季のバッティングはそんなに悪くなくて、そこそこ打ってるけど出場機会は少ないので、打席数が圧倒的に減り、久々のスタメン出場でも奮わないのでは?


      ある程度、バランスよく併用使いをしていないと、こういう事は生まれてしまう。


      このチャンスも活かせず、勝ち越し弾のみなのは勿体無かった。


      そして、それは最終回に影響する。


      抑えの今村がマウンド。


      先頭代打高山は、ピッチャーゴロに倒れた…ハズだった。


      今村が取り損なって、出塁させてしまう。


      完全なる今村のミス。


      とゆーか、コレは今村だけの事じゃなく、ましてやうちのピッチャー陣だけの事でもなく、プロ野球界全体的にフィールディング悪いピッチャーが目立たないか?


      今季の特徴として、こういうのを物凄く見かける気がする。


      うちのピッチャーも対戦するピッチャーも、落ち着いてれば難無くアウトに出来るのに上手くいかない姿を。


      その後、上本、福留と連続でよんたまを与える。


      あの回の大瀬良じゃないが、全く球が入らない。


      満塁で、ロジャース。


      誰もが終わったと思ったが、事実2点タイムリーを打たれて、逆転されてしまった。


      その後、鳥谷にもよんたまを与えた所で、KO。


      この回を投げきる事すら出来なかった。


      無駄にヘーゲンズを使わなければいけなくなったし、本当にボロボロだったな。


      この回で終われるハズが、続く回で追い付き、追い越さなきゃいけなくなった。


      流石にそんなラックは、もう無い。


      よんたまだよなあ。


      正直、今日のカープと阪神の内容とゆーか、成績を見たら拮抗してるのよ。


      似通ってる。


      ヒット数やよんたま数なんかね。


      互いに壮大な譲り合いみたいな事してた訳だから、最後そこを突破できた阪神に軍配がいっただけ。


      やられたってか、自滅ですよね。


      何だかんだ抑えてくれてる今村なので、こんな日があってもそこまで責めるつもりは無いけど、普段からヒヤヒヤさせてるのは間違いないので、もっと堂々としたピッチングをしてもらいたい。


      今は、今村が抑え。


      こんな日もあるが、ガンガン強気で押してほしい。


      ただ、これは今村だけに向けた気持ちじゃなく、うちのピッチャー全員に向けてますけどね。


      どんなにトップに立っていても、よんたまの帝王を忘れちゃいけない。


      マジックは、じき点くよ。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.10.01 Sunday
        • -
        • 01:31
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        姉妹で踊ってみた

        up2243.gif

        New Era

        green-boyの本棚

        CHOCOLATE NEWERA

        JUMPしてみた

        c-airi4413.gif

        selected entries

        archives

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM