スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.10.01 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    横浜にボロカスやられたのは、何回目でしょうか?

    0

      逆転満塁被本塁打。


      横浜 13-3 広島


      こんな日もありますわ。


      早くからぶっ壊れたので、熱くもならず、淡々と見れた。


      先発は、高橋樹と石田。


      今日の試合は、戦前から捨て試合と見られていた。


      俺は始まってみなけりゃ、どうなるか分からんスタンスだけど、大方の予想はね。


      単純に、石田はうちに滅法強いとゆーか、うちが攻略出来ないでいるし、高橋はプロ初先発なんでね。


      初回、広輔がヒット、続く菊池がタイムリーを放って、即先制!


      あまりにも理想的なカタチ。


      とはいえ、俺はまだ中継に気付かず、これを見逃してる。


      丸の打席で、ようやく中継してる事に気付いて見始めたからね。


      すでに、1点入ってて笑った。


      誠也が、打った瞬間の完璧な当たりを見せて、2ランホームラン!!


      確信歩き、カッケェなあ。


      誠也もコメントしてたけど、思い通りのスイングが出来たと。


      文句無しの素晴らしいホームランでしたね。


      更に、この日5番スタメン起用のバティスタもヒットを放ったが、2塁を目指してタッチアウト。


      コレはねえ、さすがに無理かなって分かったよね。


      別にめちゃくちゃ鈍足か訳でもないけど、あの当たり、捕球位置、諸々を考えるとね。


      リプレイ見たら、1塁過ぎた所で足止めて再加速してたし、そのまま行っててギリギリどうか?な感じだったから、完全にミスったね。


      まあ、単打がほぼ無いから2塁まで行くのが当たり前みたいな所あるからね。


      それにしても、なかなか打ち崩せないでいた石田を初回に捉えまくって、幸先が良かったね。


      分からなくなった、と。


      裏の高橋の立ち上がりも素晴らしく、3凡に斬ったので、いよいよ分からなくなったなと。


      2回にもスタメンマスクの白濱が、ホームランか?と思う様なツーベースを放ったり、今日は打てそうだなって。


      でも、2回裏だった。


      宮崎にツーベースを許して、続くバッターはサードゴロだったんだが、これを安部が弾いてしまい、ピンチに。


      初先発の若手が投げてる時は、いつにも増して野手が助けてやらなければならないと思うんだ。


      正直、コレは痛かった。


      梶谷によんたまを与えてしまい、満塁にしてしまう。


      苦しいね。


      横浜は、8番がピッチャーなので、ここで2アウトに出来たのは助かった。


      だが、続く倉本にタイムリーを打たれてしまう。


      痛い失点だが、1点はまだ何て事は無い。


      そんな風に思ってたのもつかの間。


      桑原に、完璧に捉えられた打球はそのままスタンドへ。


      打った瞬間に分かるそれは、逆転満塁ホームラン。


      まさかまさかの最悪の結果になってしまった。


      嗚呼、行ったな…って、見てた。


      甘い球を逃さなかった桑原が、素晴らしかったとしか言い様が無い。


      満塁ホームランをよく打つ選手だねえ。


      逆転された事で、これは石田のピッチングは変わるなとも思った。


      コチラの士気も下がるし、石田はまたスイッチを入れるから苦しくなるぞ、と。


      実際にそうなった。


      4回には、よんたまとヒットで、チャンスメイクするも、普段立ってない下位打線では返せない。


      そうこうしてると、4回裏にピッチャー石田に痛恨の内野安打を許したりと、2アウト1、3塁に。


      2アウトには出来るのだが、抑えられない。


      またも桑原にタイムリーツーベースを決められ、更にピロヤスにもタイムリーを打たれて、傷を広げてしまった。


      5-3なら、点差は僅かでまだまだ分からなかったが、こうも簡単に広げられてはな。



      高橋は、この回で降板。


      まあ、思う様にいかなかっただろうけど、そもそもデビューから上手くいくピッチャーがどれだけ居るんだろうな?


      中継ぎ経験はあっても、先発とは全く違う。


      プロの洗礼とはよく言うけど、ものの見事にかまされた。


      経験でしょう。


      2軍とは違う1軍レベルの打者との対戦で学び、それが糧となるんだろう。


      グランドスラムよりは、そのあとの連続タイムリーの方が反省してもらいたいね。


      そっちの方が気になった。


      5回裏からはヘーゲンズ。


      6回裏、連続三振で2アウトにした後、またもや桑原にツーベースと…どんだけ長打許すんだよ。


      ここから酷く、ピロヤスにタイムリー、筒香にもタイムリー、おまけにロペスに場外ホームランを打たれてしまう始末。


      ぶっ壊れた。


      何故、2アウトにして3アウトに出来ないのか。


      ロペスへの球なんかは、もうどうしようもないのを放ってたね。


      試合は既に大差で負けてたが、好きにさせる必要はない。


      完全に余計な失点イニングだった。


      ヘーゲンズも負け試合だから…とか考えてる訳でもないと思うんだけどね。


      良い仕事してなきゃ、自分を苦しめるだけだし。


      それにしたって、奮わなかった。


      7回裏からは佐藤が投げたが、8回裏に失点してる。


      7回の投球見ていて、良いなって思ったんだけど、今日は完全に横浜打線が乗っちゃってたな。


      実質、裏1番の倉本、桑原、ピロヤスにボロカスやられてる。


      打たれるのはまだ分かるけど、問題はこっちの打線よ。


      完全にやられっぱなし。


      5回以降、ヒット無しとか…。


      重爆打線が泣くわ。


      号泣。


      大差になった事で、スタメンを休めて普段出場機会が少ない選手を試す事も出来たけど、結局初回だけで何も出来なかった。


      酷い試合だったねえ。


      13失点は、今季最大とゆーか、最低。


      10点以上取られた試合も何だかんだで結構あるんだけど、その6回のうち3回やられた相手が横浜だからね。


      完全にうちと双璧を成す、重爆打線のチームだよ。


      逆にうちが横浜から10点取ったのは、僅か1試合。


      打たれるわ、抑えられるわ。


      大敗をこれだけしてても、繰り返すからね。


      きっと経験は活きると思うんだが、どうにもやられる時はコテンパン。


      悔しいのは、終盤に何の傷跡も付けられなかった事。


      ガッカリ。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.10.01 Sunday
        • -
        • 01:52
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        姉妹で踊ってみた

        up2243.gif

        New Era

        green-boyの本棚

        CHOCOLATE NEWERA

        JUMPしてみた

        c-airi4413.gif

        archives

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM