スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.10.01 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    途中出場組の活躍

    0

      やり返した!


      横浜 4-7 広島


      今日も中継が無かったので、つまらなかった。


      情報の後追いは、イマイチ気持ちが入らない。


      先発は、薮田と井納。


      先制は、カープ。


      初回、広輔が内野安打て出塁し、送った後、丸のタイムリー!


      所謂、タナキクマル炸裂。


      しかし、薮田がピリッとしない。


      この裏、先頭から3連打で満塁にしてる。


      どんだけ打たれるんだよ。


      今や繋がる打線とは、カープじゃなくて横浜か…。


      当然の様に、宮崎に逆転タイムリーを打たれてしまう。


      更に、戸柱にもヒットを打たれて、再び満塁。


      満塁大好きか。


      続く梶谷には、押し出しよんたまを与える痛恨ぶり。


      昨日が昨日で、序盤にゲーム壊れたから、今日はそうしたくない想いでいっぱいだったのに、これだもんなあ。


      2回裏、守備交代でスタメンだった松山が新井と代わってる。


      何があった?


      3回、広輔のヒット、丸のよんたま、誠也の内野安打で満塁をメイク。


      だが、ここで途中出場の新井が返せず。


      うーむ、横浜との違い。


      3回裏に、今度は安部が西川と交代してる。


      俺は、ちょこちょこ速報を見ていたんだが、この交代が何なのか全く分からなくてね。


      安部が全然合ってないと判断するにしても早すぎるし、どうした?って。


      試合後に知ったが、松山も安部も体に違和感を感じて病院直行らしい。


      マジで困った。


      うちは去年もそうだが、本当に主力の離脱者が少なくて強いまま突き進めてるんだよ。


      ここで、安部と松山という強い戦力を欠く事になるのは、痛すぎる。


      まだどんな症状か、離脱になるのかは分からないけど、そうなってしまったらどうしよう…という困惑を隠せない。


      勿論、代わりに入った西川に新井と、埋める事は出来る。


      この日、堂林もいよいよ上がってきたしね。


      層は厚いから埋める事は出来るが、居ると居ないじゃ大違いなのも確かだからな。


      オオゴトじゃ無い事を祈る。


      4回、先頭のバティスタがよんたま、途中出場組の西川がヒットで続いてる。


      會澤のダブルプレー間に、1点返す。


      5回、菊池の内野安打、誠也のヒットでチャンスを作ると、こちらも途中出場組の新井がタイムリーで同点に!!


      ここは、押したい!


      バティスタがまたもよんたまを選び、満塁。


      この満塁は、モノにしたい!


      ここで、西川がきっちり犠牲フライを放って、勝ち越し!


      逆転した!!


      うおー、逆転したじゃん!って、PRIDE見てたら、何故かここで3アウトになってたから、全くどういう事か分からなかった。


      新井がヒットになると思い、飛び出してアウトになってた。


      話題に事欠かないな。


      6回、井納からピッチャーが代わったが、ここで広輔が逆方向へのホームラン!!


      いや、最高だろ。


      2アウトになった事で、この長打が生まれてる。


      広輔は、今季長打を捨ててるみたいだから本数は少ないけど、ここぞで決めてくれるなあ。


      固め打ち、お見事です。


      初回の乱調からは、自分を取り戻した薮田はここまでいつもの様に抑えて回を進めてくれた。


      6回裏、代打にツーベースを打たれる。


      その後、2アウトにするも、暴投とパスボールでランナーを返してしまってる。


      これは、頂けない。


      緒方も言ってる通り、本当に余計な自滅点。


      せっかく立ち直ったのに、勿体無いよね。


      この回限りだったろうに、自分で後味悪いモノにしてしまった。


      1点差にした事で、横浜打線は俄然諦めなくなるしね。


      そんな事があった次の7回。


      2アウト、ランナー1人の場面で、バティスタ。


      対バティスタ用に、ピッチャーを代えたラミレス。


      これが誤算だったと言うべきか?


      バティスタは、突き放す2ランを見事に放ってくれた!!


      久々の1発!!


      薮田以降は、一岡、中崎、今村の継投パターンでランナーを1人も出さぬ、まさにピシャリの完璧な抑え!


      何気に、これが大きいわ。


      リリーフがきっちりって言うのがね。


      そして、緊急途中出場組の活躍ですね。


      仲間のピンチ、自身のやってやるという色々な想いがあるでしょう。


      そんな中で、きっちりと仕事してくれてる。


      ボーンヘッドは、ご愛嬌。


      まあ、安部と松山が心配ではある。


      薮田が10勝と、開幕時には想像もしなかった事が起きるもんだな。


      喜ばしい方に転んだ。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.10.01 Sunday
        • -
        • 01:47
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        姉妹で踊ってみた

        up2243.gif

        New Era

        green-boyの本棚

        CHOCOLATE NEWERA

        JUMPしてみた

        c-airi4413.gif

        selected entries

        archives

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM