メンタル弱い福井が悪い

0

    福井だからね。


    広島 2-9 巨人


    もう、本当にここ数日書くのが億劫。


    こんなんで、何を書けば良いの?って。


    いや、自分が好きでやってんだけどさ。


    自分に対して思うのよ、何書く?って。


    考えてみたら…数年前とゆーか、一昨年まではこんな事も普通にあった訳で、その時もこうやって日々blog書いてたかと思うんだが、どんな気持ちで綴ってたんだろう?と、思うわ。


    確実に今より弱くて、目も当てられないぐらいの負け方に、連敗もしてたのにね。


    去年の事があって、今年の快進撃もあって、そういう耐性が薄れてる自分を恥じます。


    これも、カープなんです。


    先発は、福井と田口。


    試合開始時刻まで知らなかったんですよ。


    開始時刻は遅れたんですけど、そんな事よりも福井が先発だって事に驚いた。


    福井で田口にどうやって勝つの?って。


    普通に考えたら、こうですわ。


    2軍でも打ち込まれたりしてるとか聞いてたし、久々の1軍復帰で、バリバリ1軍の好投手田口君と投げ合う?


    それに、堂林と白濱が抹消された事にもショックでね。


    堂林は、まだ打席を見るべきだったし、白濱は打ててたしねえ。


    さて、前置きか長くなったが、試合。


    福井の立ち上がりは非常に良く、2回をしっかり抑えたのを見届け、散歩に出た。


    帰宅した時は、4回裏だったかな?


    とにかく、点を取られてませんように!という思いで、TVを点けた。


    スコアは互いに0のままだった。


    おお!


    福井、やるじゃん!ってね。


    菊池がツーベースで出塁してた。


    このチャンスで、誠也。


    打った瞬間のドデカイ花火!!


    小林要求のインコースをズバリ。


    先制2ラン!


    今の誠也は、本当に素直なバッティングが出来てるのを見受ける。


    無駄な力感無く、軽く振った感じで場外まで運ぶパンチ。


    ホームラン量産してはるわ。


    帰宅直後に見れたのは、ラッキーだったね。


    ただ、この回を終わって思ったのは、問題はここだって事。


    ここまで抑えてる福井だが、心強い援護を貰った途端に崩れる事が多いのも知ってる。


    この回次第で、ゲームはどうにでもなるキーポイント。


    そんな5回、いきなり先頭の小林によんたまを出す始末。


    うわあ、そっちパタか…。


    制球定まらず、無駄に与えたよんたま。


    悪い予感がした。


    だが、続く田口君がバントを失敗してしまい、更に陽もファウルフライで2アウト。


    なんとまあ、順調に抑える事が出来てる!


    続くマギーで断ちたい所だったが、ここでヒットを許してしまった。


    仕方無いが、バッターは1番怖い坂本になってしまった。


    ここが、問題の対決となった。


    坂本を追い込んだ福井は、外角に素晴らしい球を放り、手が出なかった坂本は三振となったかの様に思えた。


    しかし、判定はボール。


    際どい球だったが、ボールと言ったらボール。


    これに心を乱した福井は、二度と坂本に良い球を放れなくなった。


    糞ボール連発で、よんたま。


    満塁。


    あー、福井だなあ。


    そして、阿部に初球を叩かれて、走者一掃逆転タイムリーを決められる。


    あー、福井だなあ。


    なんか、中継で散々巨人に強い福井ってのを推して数字とか出してたのよ。


    それが、フラグにしか思えなくて、そんなの言うなよ、出すなよ、って思ってたんだよねえ。


    何故これまで巨人が福井を苦手にしてたかは分からないが、そんなの誰だってそうだけど、たまたま。


    色んな要因があって、たまたま福井が数字の上で抑えてるカタチになってるたけじゃん。


    ほうれ、見事に逆転されたぞ。


    ここで止められたら、ゲームの行方は全く読めなかった。


    だが、村田にもタイムリー。


    更に、長野のピッチャーゴロを処理した福井は、慌ただしく送球し暴投。


    福井らしい荒れ具合。


    亀井にもタイムリーと、散々。


    2アウトから満塁にし、タイムリー3本だもん。


    福井がダメとゆーか、ここまで今一つ活躍出来なかったのは、このメンタルの弱さにある。


    一度乱れた心は戻る事無く、もろに球へ影響する。


    確かに坂本への1球は際どかったけど、ああいう事は日常茶飯事。


    新人じゃないんだから、何度も経験してるハズでしょう。


    せっかく好投してたのに、福井はやっぱり福井という感想になってしまう事が残念。


    ここで降板し、中田が継ぐも小林を敬遠し、ピッチャー田口君にタイムリーを打たれてしまう。


    中田がピッチャーに打たれたのも大変ショッキングだけど、敬遠を考えていたのであれば、よんたま投げさせてから降板じゃない?


    まあ、とにかく福井の失点ですよ。


    非常に雰囲気が悪くなったので、あとは片手までしか見てない。


    6回が、輪をかけて酷くてね。


    継いだヘーゲンズが、ボロクソ。


    ここで使った事で、とりあえずヘーゲンズを先発に回すつもりは無いというのが、まず分かったでしょう?


    それどころか、2軍行きかも知れんが。


    先頭から、ヒット、暴投、タイムリー、ボーク、よんたま、パスボール、よんたま…。


    何だこのノーコン。


    福井がリズムを崩したのは分かるよ。


    ヘーゲンズは何?


    ただ、勝手に大暴れ。


    やっと取れた1アウトが、犠牲フライ。


    その後も失点。


    もう、ムチャクチャだった。


    福井が献上した失点なら、まだ回はあるし、野手も取り返してやろうって気持ちもあったと思うが、続けてヘーゲンズまで大荒れで大失点かまされたんじゃ、どうしようもない。


    こんな試合だから、7回も続投。


    ここも連打のピンチを招いたが、凌いでる。


    ブレイシアでも上げるかねえ。


    7回裏には、誠也のツーベースなとでチャンスとなったが、返せず。


    チャンスを突けない。


    8回、9回は佐藤が託されたが、きっちりと抑えてくれた!


    投手陣の明るいニュースは、この佐藤だけ。


    一方的な試合での登板だったが、どんな場面でも結果を出し示した事は、しっかり首脳陣は見てる。


    評価してる。


    まあ、本当にそれだけ。


    田口君は、1人で投げきった。


    誠也に決められても、乱れない。


    福井は、決められる前に乱れた。


    先発のレベルが違いすぎる。


    猛打賞4人?


    勝てるかよ。


    逆転負けのカープだっけ?


    先制が嫌になる程だ。


    先発が壊し、野手の気持ちが折れる。


    試合にならない。


    意地すら見せられないのは、残念。


    夏の高校野球の選手達は、最後まで1点に執念を燃やしてるぞ。


    地獄の3連敗…。


    またしてしまったのか…。


    次が菅野?


    やれやれ。


    今がとことん沈む時か。


    逆にぶち壊してやりたいんだがな。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.01 Sunday
      • -
      • 03:58
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      姉妹で踊ってみた

      up2243.gif

      New Era

      green-boyの本棚

      CHOCOLATE NEWERA

      JUMPしてみた

      c-airi4413.gif

      selected entries

      archives

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM