薮田、初完封勝利!!!!

0

    薮田を見届けたかった。


    広島 1-0 巨人


    中継の無かった本日。


    そんな日に限って、素晴らしい試合だっていうんだから、しっかりと見れなかったのが残念。


    こればっかりは、仕方がないけどね。


    先発は、薮田と菅野。


    昨日も書いたけど、この連敗時にあって、球界を代表する菅野との対決とか楽じゃねぇ…と。


    菅野が投げるのは知ってたけど、薮田なのは知らなくて、今日試合途中に経過を見て知った。


    薮田なら、なまじ負けを考えなくても良いな…と。


    俺が最初に経過をチェックした時には、0ー0だったから、まだ2回辺りだったんだろう。


    次にチェックした時には、こちらに1点入ってた!


    2回裏、先頭の西川君がホームランを打って入ったモノでした。


    それを知ったのも随分あと。


    俺がチェックした時には、ランナーが2塁に居たから、誰かがタイムリーを放ったんだと思ってた。


    まさかホームランとは。


    試合後に見たけど、あのスイングで運んじゃったのかあ…。


    マジで笑ったわ。


    西川君がよくやるとゆーか、西川君の1つの型なんだろうけど、あの振り抜きでパコーン。


    最高の結果になったね。


    薮田は、3回に連打を許してピンチを招いているが、坂本を打ち取って難を逃れている。


    4回も、よんたまとデッドボールを当ててしまうピンチからの流れを、後続断ちで凌いでる。


    一方の菅野には、穴という穴は見られなかった。


    7回を投げて、僅か4安打に抑え、3凡を繰り返すナイスピッチ。


    薮田は、四死球も絡んだピンチを招きながらも、ランナーを返さないナイスピッチ。


    昨日の田口君もそうだけど、菅野にも言えるのが最後まで投げられるピッチャーだって事。


    いつまで投げるかと思ってたら、8回に代打が送られた。


    1点を追う側だからだね。


    代打策は実ったが、後続を断てた薮田の勝ち。


    勝利を確実なモノにする為には、菅野が降りた今、得点するしかない。


    しかし、8回裏を投げた山口の前に沈黙。


    今日は、本当に打線が奮わない。


    今日も、か?


    だが、この回先頭バッターは薮田で、それは最後の回もマウンドに行くという事。


    ズムスタは、大盛り上がりだったに違いない。


    そして、最終回。


    最終回にして、坂本、阿部、村田という脅威のクリーンアップ。


    まず、1番怖い坂本と対峙したが、薮田は真っ向勝負で逃げてなかった。


    変に意識しちゃって、乱れるのが怖かったが、そんな心配は必要無かった。


    坂本は打ち上げて、1アウト。


    先頭坂本を出す事が何より怖かったから、これにはホッとした。


    続く阿部には、決められた。


    レフトへのヒット。


    その前の打球がファウルに切れてたんだが(スタンド内)、レフト、ショート、サードと皆向かって行ったのを見て、全員が薮田を助けたいと思ってるんだと感じられて、ほっこりした。


    その直後だっただけに、ヒットは痛いが、そういう野手の気持ちも薮田はしっかり感じ取っていたに違いない。


    同点のランナーを背負って村田だったが、あっさりとダブルプレーに打ち取ってゲームセット!!


    なんとまあ、久々の勝利は…菅野相手に1ー0の完封勝利!


    薮田が初の完投完封!


    当然の事だが、おめでとうと言っちゃうよねー。


    単純に勝利が嬉しかったし、それが最高の勝利のカタチ。


    意外にも、先発薮田としては、巨人と対するのは初めてだったのね。


    昨日爆発してた打線だけに、これを見事に抑えてくれたのが嬉しい。


    一方で、こちらの打線も沈黙してる訳だから、ここは早く火が着いて欲しいんだよなあ。


    とにかく、緊迫の投手戦を見事に制した薮田、おめでとう!!


    ありがとう!!

    メンタル弱い福井が悪い

    0

      福井だからね。


      広島 2-9 巨人


      もう、本当にここ数日書くのが億劫。


      こんなんで、何を書けば良いの?って。


      いや、自分が好きでやってんだけどさ。


      自分に対して思うのよ、何書く?って。


      考えてみたら…数年前とゆーか、一昨年まではこんな事も普通にあった訳で、その時もこうやって日々blog書いてたかと思うんだが、どんな気持ちで綴ってたんだろう?と、思うわ。


      確実に今より弱くて、目も当てられないぐらいの負け方に、連敗もしてたのにね。


      去年の事があって、今年の快進撃もあって、そういう耐性が薄れてる自分を恥じます。


      これも、カープなんです。


      先発は、福井と田口。


      試合開始時刻まで知らなかったんですよ。


      開始時刻は遅れたんですけど、そんな事よりも福井が先発だって事に驚いた。


      福井で田口にどうやって勝つの?って。


      普通に考えたら、こうですわ。


      2軍でも打ち込まれたりしてるとか聞いてたし、久々の1軍復帰で、バリバリ1軍の好投手田口君と投げ合う?


      それに、堂林と白濱が抹消された事にもショックでね。


      堂林は、まだ打席を見るべきだったし、白濱は打ててたしねえ。


      さて、前置きか長くなったが、試合。


      福井の立ち上がりは非常に良く、2回をしっかり抑えたのを見届け、散歩に出た。


      帰宅した時は、4回裏だったかな?


      とにかく、点を取られてませんように!という思いで、TVを点けた。


      スコアは互いに0のままだった。


      おお!


      福井、やるじゃん!ってね。


      菊池がツーベースで出塁してた。


      このチャンスで、誠也。


      打った瞬間のドデカイ花火!!


      小林要求のインコースをズバリ。


      先制2ラン!


      今の誠也は、本当に素直なバッティングが出来てるのを見受ける。


      無駄な力感無く、軽く振った感じで場外まで運ぶパンチ。


      ホームラン量産してはるわ。


      帰宅直後に見れたのは、ラッキーだったね。


      ただ、この回を終わって思ったのは、問題はここだって事。


      ここまで抑えてる福井だが、心強い援護を貰った途端に崩れる事が多いのも知ってる。


      この回次第で、ゲームはどうにでもなるキーポイント。


      そんな5回、いきなり先頭の小林によんたまを出す始末。


      うわあ、そっちパタか…。


      制球定まらず、無駄に与えたよんたま。


      悪い予感がした。


      だが、続く田口君がバントを失敗してしまい、更に陽もファウルフライで2アウト。


      なんとまあ、順調に抑える事が出来てる!


      続くマギーで断ちたい所だったが、ここでヒットを許してしまった。


      仕方無いが、バッターは1番怖い坂本になってしまった。


      ここが、問題の対決となった。


      坂本を追い込んだ福井は、外角に素晴らしい球を放り、手が出なかった坂本は三振となったかの様に思えた。


      しかし、判定はボール。


      際どい球だったが、ボールと言ったらボール。


      これに心を乱した福井は、二度と坂本に良い球を放れなくなった。


      糞ボール連発で、よんたま。


      満塁。


      あー、福井だなあ。


      そして、阿部に初球を叩かれて、走者一掃逆転タイムリーを決められる。


      あー、福井だなあ。


      なんか、中継で散々巨人に強い福井ってのを推して数字とか出してたのよ。


      それが、フラグにしか思えなくて、そんなの言うなよ、出すなよ、って思ってたんだよねえ。


      何故これまで巨人が福井を苦手にしてたかは分からないが、そんなの誰だってそうだけど、たまたま。


      色んな要因があって、たまたま福井が数字の上で抑えてるカタチになってるたけじゃん。


      ほうれ、見事に逆転されたぞ。


      ここで止められたら、ゲームの行方は全く読めなかった。


      だが、村田にもタイムリー。


      更に、長野のピッチャーゴロを処理した福井は、慌ただしく送球し暴投。


      福井らしい荒れ具合。


      亀井にもタイムリーと、散々。


      2アウトから満塁にし、タイムリー3本だもん。


      福井がダメとゆーか、ここまで今一つ活躍出来なかったのは、このメンタルの弱さにある。


      一度乱れた心は戻る事無く、もろに球へ影響する。


      確かに坂本への1球は際どかったけど、ああいう事は日常茶飯事。


      新人じゃないんだから、何度も経験してるハズでしょう。


      せっかく好投してたのに、福井はやっぱり福井という感想になってしまう事が残念。


      ここで降板し、中田が継ぐも小林を敬遠し、ピッチャー田口君にタイムリーを打たれてしまう。


      中田がピッチャーに打たれたのも大変ショッキングだけど、敬遠を考えていたのであれば、よんたま投げさせてから降板じゃない?


      まあ、とにかく福井の失点ですよ。


      非常に雰囲気が悪くなったので、あとは片手までしか見てない。


      6回が、輪をかけて酷くてね。


      継いだヘーゲンズが、ボロクソ。


      ここで使った事で、とりあえずヘーゲンズを先発に回すつもりは無いというのが、まず分かったでしょう?


      それどころか、2軍行きかも知れんが。


      先頭から、ヒット、暴投、タイムリー、ボーク、よんたま、パスボール、よんたま…。


      何だこのノーコン。


      福井がリズムを崩したのは分かるよ。


      ヘーゲンズは何?


      ただ、勝手に大暴れ。


      やっと取れた1アウトが、犠牲フライ。


      その後も失点。


      もう、ムチャクチャだった。


      福井が献上した失点なら、まだ回はあるし、野手も取り返してやろうって気持ちもあったと思うが、続けてヘーゲンズまで大荒れで大失点かまされたんじゃ、どうしようもない。


      こんな試合だから、7回も続投。


      ここも連打のピンチを招いたが、凌いでる。


      ブレイシアでも上げるかねえ。


      7回裏には、誠也のツーベースなとでチャンスとなったが、返せず。


      チャンスを突けない。


      8回、9回は佐藤が託されたが、きっちりと抑えてくれた!


      投手陣の明るいニュースは、この佐藤だけ。


      一方的な試合での登板だったが、どんな場面でも結果を出し示した事は、しっかり首脳陣は見てる。


      評価してる。


      まあ、本当にそれだけ。


      田口君は、1人で投げきった。


      誠也に決められても、乱れない。


      福井は、決められる前に乱れた。


      先発のレベルが違いすぎる。


      猛打賞4人?


      勝てるかよ。


      逆転負けのカープだっけ?


      先制が嫌になる程だ。


      先発が壊し、野手の気持ちが折れる。


      試合にならない。


      意地すら見せられないのは、残念。


      夏の高校野球の選手達は、最後まで1点に執念を燃やしてるぞ。


      地獄の3連敗…。


      またしてしまったのか…。


      次が菅野?


      やれやれ。


      今がとことん沈む時か。


      逆にぶち壊してやりたいんだがな。

      先頭出しマシーン

      0

        クラッシャー九里。


        中日 6-5 広島


        サヨナラ負けってか、普通に負け。


        誰の?って、九里の。


        酷すぎる。


        先発は、九里と八木。


        読めない試合だとは言ったが、こうも機能しないか。


        初回、簡単に2アウトにされて、やっぱり八木とは合わないのか?と感じさせる立ち上がり。


        だが、ここから丸、誠也と連続よんたまで一気に先制のチャンスに。


        このチャンスに、エルドレッドがタイムリーで応える!


        更に、新井もタイムリーで続く!!


        この休ませつつ起用している2人が、いきなり仕事してくれたよね。


        更に西川君も続いたんだけど、さすがに石原までは繋がらなかった。


        満塁って、点にならんなあ。


        初回から援護を受けた九里だが、こちらも立ち上がりから不穏。


        先頭をよんたまで出して、ゴロ間に2塁進塁。


        その後、石原が球を逸らした間に30塁まで進まれると、怪我を押して出場しているゲレーロにタイムリーを決められる。


        即1点返される。


        よんたまのランナーをねえ。


        2回、広輔がデッドボールを受けて出塁し、盗塁。


        菊池がヒットでチャンスメイクすると、4番誠也がドカンと1発!


        3ランホームラン!!


        これね、見逃した。


        気付いたら、誠也が回ってた。


        その後、何度もハイライトで流れてたのに、何度もそこだけ見逃すという繰り返しをかましまして、なかなか誠也が打ったシーンを見られずにいた。


        思えば、そういうのも不吉な暗示だったのかねえ。


        2回裏が、本当に酷かった。


        先頭から連打で、ランナーを貯め、更に痛恨のよんたまで、ノーアウト満塁。


        中日は、サクッと八木の打順で代打を送る。


        代打遠藤がタイムリー、京田のゴロ間に1点と、きっちり失点。


        よく2失点で済んだな。


        3回裏も先頭ゲレーロにフェンス直撃の長打ツーベースを放たれ、福田のタイムリーで1点差に。


        何なんだよ、一体。


        4回裏も先頭にヒットを許してる。


        この回は、点こそ与えなかったが、先頭出す度にナイン、ベンチ、ファンのため息が漏れただろう。


        問題の5回裏。


        先頭のビシエドに、相変わらずのヒットを許したが、これが丸の目測誤りも加わり、スリーベース。


        ビシエドにスリーベース…。


        先頭…。


        先頭出し、お馴染みの九里かよ。


        とゆーか、これだけ悪い九里をいつまで投げさすんだろう?というのが、ファンの総意だった。


        八木は簡単に代えたのに、うちはいつまで九里の不甲斐ない投球を見ていなきゃいけないんだ?と。


        彼が打席に立つ度に、思ってた。


        まあ、八木はどのみちそんなに長いイニングは考えてなかったのもあるだろう、以前も早くに退いてた気がするし、何かあればすぐに代える準備はあったんだと思う。


        でも、九里もハッキリと悪かった。


        何なら、八木より悪かった。


        こちらは誠也のデカい1発があったから、大きくリードしていたが、その後は打線も繋がらないし、打線を繋げてコツコツ返せてる中日…つまり、打ち込まれてる九里の方が明らかにダメ。


        5回までいかせてもらえた九里だったが、やっぱりの同点となる失点。


        投手交代。


        正直、采配。


        気持ちも分かるが、今日の九里の内容であれだけ引っ張ったのはベンチ。


        ベンチも足を引っ張ったと言って良い。


        リリーフを使いたくないのも分かるが、結局中田を使う羽目にもなったし、それは完璧にベンチのミス。


        6回、久々に安部が見れたが、問題無いんだろうね。


        当分は、松山と安部は代打要員で様子見か。


        2アウトから、広輔、菊池と連続よんたまを選んだが、丸が返せず。


        うーん、あっちはランナー貯めて返すのに、こっちは…。


        その後もチャンスすら作れず、終盤。


        9回、先頭広輔がよんたま選んで、菊池がバント。


        これが、守備の隙を突く見事なバントで、オールセーフ。


        一気に大チャンスに。


        この最高の流れを…モノに出来ない。


        丸、誠也が共に三振と最悪の結果。


        ここは、この2人の責任だわ。


        勿論、今日は勝てないんだなって思った。


        最終回、今村が先頭代打にツーベースを打たれて、バント3塁、大島サヨナラ。


        ナビじゃ、今村が誤算ってなってるが、誤算は間違いなく九里。


        今村がどうこうは何とも思ってないわ。


        打たれたけど、ここまでの過程が酷いもん。


        ただ、リリーフは素晴らしかったんだよね。


        6回裏一岡の3凡も良かったし、ジャクソンはアレだけど、8回裏の中崎なんかパーフェクト!


        三者三者で、めちゃめちゃ凄い球投げてた。


        その流れもあって、次の回の幸先良い攻撃に結び付いた様な気もするが、モノに出来ないとね。


        打ててないんだよね。


        こうやって書いてても、よんたま選んでばかりでしょう?


        うちは、よんたまを与える事も多いけど、よんたまを選ぶのも多いのかな?


        今日なんかも、中日の方がよんたま多い訳。


        しっかりと見る事は出来てるんだよなあ。


        それにしても、久々の負け越しか。


        ずっと、勝ち越し続けてきて、ここに来て分け、負け越しと勝てなくなってる。


        単純に先発がゲームを作れてないのが大きいのと、ここぞで決めきれてないからだ。


        下位の中日相手にこれでは…。


        今日は、何がなんでも勝たなくちゃいけなかった試合。


        九里がぶっ壊した。


        先発は外れるでしょう。


        春先の様なキレのある球も投げてないし、制球力も落ちてる。


        かといって、ヘーゲンズと入れ替えるのも不安。


        苦しくなってるわ。



        点灯もすれば、消灯もする

        0

          マジックとは何だったのか。


          中日 7-1 広島


          弱いなあ。


          惨敗。


          やりたい放題やったな、中日は。


          先発は、大瀬良と大野。


          正直、相手が大野という事で、今季の大野が奮ってないのを知ってるから、勝ちゲーと予想していた。


          単純に、大瀬良は負けが付かないしね。


          中継が始まったので目をやると、既にコチラが負けてました。


          1回裏に、先頭京田にツーベースと3盗を許して、ゴロ間に。


          3盗とか。


          この回は見てないけど、大瀬良は最初からこんな感じだったというのは、感じ取れます。


          見始めたのは、2回の途中。


          ランナー2人居て、西川のヒットで満塁になった時。


          最高の場面だけど、どうやってメイクされたの?っていうね。


          連続よんたまがあったらしい。


          この同点、逆転のチャンスに會澤が最低限出来なかったのは、痛恨。


          難無く外野に飛ばす事が出来る會澤が、ここで突けなかった。


          無得点。


          そうビッグチャンスなんてあるもんじゃないから、決めたかったね。


          追い付きたいカープは、3回。


          菊池が、打った瞬間に分かる会心の当たり!


          同点ホームラン!


          どう追い付き、勝ち越すか気になってたけど、菊池のホームランで同点は、想像つかなかったな。


          このホームランは良かったけど、丸が続いてヒットを放ったのに、誠也が併殺打。


          これを見て、カープファン皆が思ったのは、昨日から続いてんなって事。


          悉くダブルプレーに沈んで、ランナーを返せなかった昨日と同じ様に、今日もまたこれか、と。


          4回、バティスタ、西川とこれまた連続よんたま選び。


          大野の制球も定まってなかったんだよねえ。


          だが、ここでも會澤のダブルプレー。


          相手のミスを突いてきた打線が、打ち取られてばかり。


          5回、広輔よんたま、菊池ダブルプレー。


          毎回やってんの。


          だから、大野はわざとよんたまで出して、まとめて打ち取るっていう、漫画みたいな事やってんのかな?と、思っちゃう程。


          そうこうしてたら、5回裏。


          連打で、3塁までランナーを進めてしまう。


          ノーアウト。


          まあ、これは失点ケース。


          見届けたかったが、腹が痛くてトイレへ。


          しばらくして出てみたら、中日の点数が3になっちょりました。


          やっぱり…。


          何があったのか?


          内容も酷い。


          あの場面で、大瀬良は暴投して3塁ランナーを返してる。


          自滅。


          更に、京田にタイムリーを打たれたと。


          よくそんな中で、後続の大島とビシエドを抑えて傷を広げなかったな、とは思う。


          6回は、ダブルプレーをしなかったので評価。


          するかい!!


          問題の6回裏。


          2アウトで、ランナー1、2塁。


          ここで、抑えられれば、まだまだ分からなかった。


          だが、タイムリーを浴び、更に代打にも連続タイムリーを決められる。


          更に更に、京田には打ち取る球が無く、散々粘られてファーストへ転がる打球を放たれ…内野安打。


          これが、2点タイムリー。


          まるで、いつかのうちの様に好き勝手やりたい放題である。


          つまり、我々がやりたいのはああいう攻撃。


          中日に好き勝手やらせたのは、大瀬良のピッチング内容。


          大瀬良は、2アウトから4連打で4失点。


          この回は、任せるつもりだった緒方もさすがに動く。


          継いだ佐藤が何とか抑えたが、まあ勝負は決まったよね。


          よんたまの数だけ見れば、うちの投手かと思う程、大野は荒れてた。


          大瀬良は、1つなのに滅多打ち喰らった。


          打線が、湿ってるよなあ。


          7回には、會澤がデッドボールを受けてた。


          いくつ目だ?


          いい加減、壊れちゃうわ。


          一時期の廣瀬ばりに貰ってるなあ。


          とにかく怪我が心配だからね。


          前田さんみたいな事もあるし、当たり所悪けりゃ、終わっちゃうんだから。


          ここで、代打松山がコール。


          久々に登場。


          軽症とは聞いたが、どうなのかはバッティングを見ないと分からないからね。


          でも、結局松山はバットを振る事なく、よんたま選び。


          うーん、バッティングを見たかっただけに、これではよく分からないね。


          ただ、怪我で出られなかった事で、打ちたい気持ちもいっぱいあるだろうに、冷静に球を見れた辺り、調子が落ちてるとかは無さそう。


          この回も、チャンスをモノに出来ず。


          7回からは、ヘーゲンズが継いだが、ヘーゲンズもあんまり信頼出来ないんだよなあ。


          今日は、失点こそしなかったけど、ランナーは出してるからね。


          抑えてくれさえすれば良いけど、不安要素は依然としてある。


          最終回、西川が内野安打で出塁も2アウト。


          ここで、代打新井が期待に応えるヒットで繋げると、広輔はよんたま選んで満塁に!


          点差が点差だけに、勝つ事は出来ないけど、点取って終わろうぜ!って感じだった。


          菊池がフライアウトで、終了。


          完敗。


          まあ、中盤に決してたので、この勝敗はそんなに気にならないんだけど、気になってたのはマジック。


          阪神が負ければ、マジックは減るんだから、そっちはどうなん?って。


          カープの中継始まる前は、巨人戦見てたんだけど、序盤阪神が勝ってたからね。


          うちも負けて、阪神も勝っちゃったら、マジック消えちゃうわ…って。


          で、こっちの中継終わって巨人戦見てみたら、阪神負けてやんの!


          巨人が逆転してた。


          おー、これならマジック減る!


          でもね、そう上手いこといかないね。


          今季の巨人ですから。


          土壇場で、福留にタイムリースリーベース決められて追い付かれてた。


          おいおい。


          そのまま逆転許して、阪神勝利。


          マジック、チーン。


          去年の様には、いかないか。


          去年は、こっちがたまに負けても巨人がコケて、ガンガン減ったんだっけ。


          毎日、確実に減ってたから、異常だったんだよね。


          異常を経験しただけに、点いたマジックが消えるのは悲しいね。


          今日みたいな内容では仕方無いとゆーか、消えて当然だけど。


          やっぱり、大瀬良は田中マにはなれなかったね。


          田中マってより、去年のノムスケぐらい、勝ち運かあれば良いけど、ノムスケと違うのは大瀬良はボロカスやられる事も多くて不安定な中で、負けが付いてなかったんだからね。


          前半戦が嘘の様に、ズルズル負けてくんじゃなく、大瀬良には踏ん張ってもらわんとな。


          今日は、今日。


          勿論、大瀬良1人が悪かったから負けたんじゃないからね。


          併殺打だらけの打線には、そろそろ打ちまくってもらわんと。


          とゆーか、打つ時はアホみたいに打つんだけど、あれを分散出来たら数試合勝利分になるんだけどなあ…と思ってしまうのも、現在のカープファンの心境か。


          明日負けたら、このカード落とすからね。


          絶対に負けられない。


          明日は…九里とキラー八木かあ。


          全く読めない。

          優勝マジック33点灯

          0

            マジック点灯!


            中日 1-1 広島


            いやはや、遂に点きましたね。


            マジック。


            去年も点いた時、マジックって何や!ぐらいのもんでしたけど、その去年よりも早くに点灯。


            球団史上最速ってんだから、今が過去のどんな時代のカープよりも最強って事か。


            最強って言ってしまえば、何だか軽いけど…色んな時代のカープよりもバランスよく駒が揃ってる、維持できてるって感じなのては?


            先発は、野村と中日が鈴木。


            今日は、完全なる投手戦。


            先制したのは、中日。


            2回裏、連打でノーアウト1、3塁にしてしまうと、続く松井のゴロの間に生還。


            まあ、ノーアウト塁までいかれたら、どんなカタチでも入ってしまう。


            野村は、この回だけでなく何度も複数ランナーを許してピンチとなってしまったが、悉く凌いで援護を待つ。


            その援護だが、前回この鈴木をボロカス打ち負かして、即2軍送りにしたカープ打線が、完全沈黙。


            彼だって、やられっぱなしで終われないし、1軍復帰の相手がやられた相手とあっては、またとないリベンジチャンス。


            その気持ちに押されたのか、好投するノムスケを援護どころか、6回までノーヒット。


            よんたますら投げないので、チャンスすら作れないでいた。


            勘弁してよ、ノーノーとかは…と思っていた。


            そんな7回。


            菊池が待望のヒットで、ノーノー潰し!


            流石にホッとした。


            だが、ヒット1本では終わらなかった。


            続く丸が、粘った末にライト深くにツーベース!


            チャンスメイク!!


            4番誠也には、何としても外野飛ばして3塁ランナーを返してもらう事。


            ここで、三遊間を破るタイムリー!!


            やっと、同点に追い付けた!


            中日の鈴木からすると、完全に抑えていたのに3連打で追い付かれてしまったカタチか。


            ここは、集中力が勝ったかな。


            だが、ここで一気に逆転したかった。


            その後満塁のチャンスとなるも、勝ち越せなかったのは残念だったな。


            こんな試合だから、なかなか巡ってこないチャンスだけに、追い付く以上の成果が欲しかった。


            続く7回裏には、イラッとした。


            先頭、京田がデッドボール出塁。


            ノムスケにイラッ?


            違うよ。


            糞審判に。


            当たったのは、バッターボックスから足を出して、セーフティバントを狙った京田の足。


            つまり、当たりにいったと判定されるべきプレー。


            アレがデッドボールになるのなら、バッターは何も打ち気になる必要はない。


            バットすら持たず、ベース上に立ってれば良い。


            それって、野球の終わりだろ?


            それをやったんだよ、このバカ。


            意味が分からなかったね、京田が1塁に行った時。


            ああいう事やってるから、ボロカス叩かれる訳。


            この回、ノムスケが抑えたから良かったものの、失点してたら間違いなくバカ審判のせい。


            ふざけんなよ、こんな試合に。


            真剣にやれ。


            中崎、今村と抑えて、コチラも追加点を奪えず、延長突入。


            中田、一岡と延長を抑えて、勝ち越し打を待つも、とにかくダブルプレーだらけで繋がらない。


            まるで、数年前のカープの様。


            フラッシュバックするよ、とにかく残塁数の多いチームだったよなあ…。


            残塁いくつだよ!とか、blogにもよく書いてたわ。


            12回の最後の攻撃でも安定感ある又吉からよんたまを選べたのに、ダブルプレー。


            その後、よんたまと決して今日は隙が無かった訳じゃないのに、やってしまった。


            勝ちがなくなりました。


            それはもう、仕方がない。


            今目指すのは、とにかく全力で負けない様にする事。


            サヨナラの阻止。


            託されたのは、ジャクソン。


            良いピッチャーから使っていくので、当然そうなるわな。


            ここまで投げたリリーフの中では、一番不安のあるジャクソンだが、復調気味なのもまた事実。


            ジャクソンに全てを任せた。


            ボール先行といういつもの感じだったので、正直どうなるかは読めなかった。


            だが、結果は物凄かった。


            三者連続空振り三振でゲームセット!!


            一気にサヨナラ機運を高めていたであろう中日打線を完璧に黙らせた!


            カッコ良すぎたね。


            中盤までノーヒットだったうちだが、逆に中日は中盤から全然打てなくなってたよね。


            リリーフ陣の活躍、ハンパ無い!


            勿論、ノムスケが6回で退くんじゃなく、7回を投げたのも大きいよな。


            7回投げた事で、後ろへの負担が減り、延長12回をやりくり出来た。


            それだけに攻撃面が残念だった。


            なので、何ともスッキリしない引き分けでのマジック点灯。


            M33が点きました。


            まあ、消えたりもするでしょう。


            去年は点いたら最後、アホみたいに減ってったけどな。


            まあ、去年の様な怒濤の減りは無いかも知れないけど、点いた明かりは消したくはないね。


            徐々に減らして行きましょう。


            今年も勝つ!!

            誠也!バティ!エル!砲ムラン競演!

            0

              花火大会じゃ!!


              横浜 4-9 広島


              このカード初戦の事を思えば、どうなるか?!と不安にさせたが、何のこっちゃない。


              しっかりと暴れてくれました。


              先発は、岡田とエスコバー。


              エスコバーと言えば、俺が観戦に行った時に急遽途中から投げてたね。


              そうか、あの日はエスコバーのイメージ強いけど、先発では無かったんだもんな。


              先発初登板か。


              今日は、スカパー無料デーだから、CSでやってる中継を見れたので良かった!


              まず、この3試合で言っておきたいのは、序盤から長いって事。


              何て言うんだろ?中盤に、ふと今何回だっけ?と、目をやると…まだ○回かよ!ってね。


              そんなカードだったなあ。


              見始めたのが少し遅れて、初回を見てない。


              その初回、エスコバーの立ち上がりは酷く、先頭広輔にデッドボールから入り、盗塁決められるわ、よんたま与えるわと、制球は荒れてたみたい。


              だが、球威はあるので3アウトを全て三振で奪うという、こちらも突ききれない立ち上がりを見せた。


              言ってみたら、こっちはノーヒットだから、エスコバーの自演なんだよね。


              お互いに締めて回を進め、試合が動いたのは4回。


              先頭エルドレッドがヒットで出塁。


              続くバティスタは、ショートへの併殺打だったが、これをショートが悪送球し、オールセーフ。


              エスコバーにしてみたら、嫌なランナーの貯め方になってしまった。


              ここで、西川。


              ショート頭上を越えてく先制タイムリー!!


              いやあ、やってくれたよねー。


              西川の素晴らしいバッティング。


              安部が怪我で出られなくなった今、ここはチャンスと西川がしっかりと仕事。


              マジで、カッコいい。


              戸柱が球を逸らしてるうちに、ランナーが進み、チャンス拡大。


              會澤は倒れたが、岡田!


              これまた、お見事!


              レフトへのタイムリー!!


              岡田が、また打ちやがった!


              「プロ野球ニュース」で見たけど、岡田のバッティングってより、タクローの言葉を素直に聞いてやれる事が良い結果に繋がってるのかな?と。


              以前も、タクローの言葉を伝令天才西川が岡田に託してたけど、タクローや西川の言葉を信じて、振り切れる所がね。


              まあ、不思議ちゃんだよね。


              自分で援護は流石だが、問題は4回裏。


              先頭にヒットを許したのは、まあ仕方無い。


              筒香に対しての投球…嗚呼、始まった…って。


              筒香、ロペスと連続よんたま。


              岡田には、これがある。


              好投してたのに、突如メダパニでも喰らったのかというパニック状態に陥る。


              スイッチが何かは分からないが、急に全く入らなくなる。


              ノーアウト満塁は、こりごり。


              当然、制球はすぐに戻らないから宮崎に対してもよんたま。


              押し出し…。


              3連続よんたまで失点とか、通常時の岡田では考えられない事。


              誰なんだ、お前!


              続く戸柱が合わせて来てくれたのは助かった。


              ゲッツーの間に1点返されたが、正直いつまでも続くぞ、これ!っていう投球だったので、何より2アウトはありがたかった。


              続く梶谷には、三振で斬ってるし、本当に訳が分からない不思議ちゃんなのです。


              とにかく、自滅のノーアウト満塁を2失点で勝ち越しも許さなかったのは、実質勝ち。


              焦ったわ。


              まあ、自分で援護してなきゃ、逆転されてますからね。


              いかにアレが大きかったか。


              5回、先頭丸がツーベース、続く誠也は初球を振り抜いて2ランホームラン!!


              これまた打った瞬間!


              素晴らしいね、本当によく飛ばしてる。


              エルドレッドがみのさんで、激昂してる間に、バティスタ。


              ドカーーーーン!!


              これまた、ホームラン!


              昨日に続いて、2夜連チャン。


              当たれば長打の恐ろしき筋肉魔神。


              本当に、どうなってんだろうね?


              エスコバーから、また打っちゃった。


              とゆーか、ハムの時に打ってるから、今日も打っちゃえ!とは、思ってたけどさ。


              西川がよんたまを選び、會澤のゴロで進塁すると、ここでまた不思議な岡田。


              打球は、センター方向へかろうじて抜けるかという当たりで、実際抜けた。


              記録上は、セカンドのエラーになってるみたいだが、アレはヒットだと思うぞ。


              この間に、1点。


              5回裏、倉本にホームランを打たれてしまったが、ソロは問題じゃない。


              ただ、この失点をポイントとしたのか、岡田はこの回まで。


              先発で、5回はダメだろ。


              3失点はしたけど、それは認められる範疇。


              せめて、6回は投げさせてほしかったが、緒方が我慢出来なかったか。


              球数も全然だし、6回は見てやって良かったと思うけどな。


              継いだのは、ジャクソン。


              どっちのジャクソンか?と思ったが、見事に3凡で斬り、なんと7回も回を跨いで任され、ここも3凡に斬ってくれた!


              点差はあったが、恐らく横浜は諦めてないし、何なら打ち込まれる姿も目立ってるジャクソン登場に、イケるかもしれない!と考えたんじゃないかと思う。


              でも、そうは問屋が卸さなかった。


              回跨ぎは、岡田を早くに降ろした為に端から考えていたんだろうが、期待に応えてくれたよね。


              8回、広輔がツーベース、菊池がタイムリーと、更に点差を広げる!


              打線が繋がるのは気持ちが良いね。


              先発全員安打。


              意外にも今季2試合目という事だが、打線の繋がりってヒットだけじゃないからね。


              うちは、よんたまもめちゃめちゃ選んでるから、繋がってる。


              打線爆発は、各々の仕事をしてるからよく生まれてるんだ。


              8回裏は、一岡。


              この回の一岡は、不憫過ぎた。


              まず、先頭を打ち取ったが、へし折ったバットを交わしつつカバーに入るのは到底無理で、あまりにも不運だった。


              後続を断って、2アウト。


              ここで筒香が放ったのは、あわやホームランかというフェンス直撃のタイムリー。


              うーん、バットさえ折れなければ、ランナーは出さずに済んだのだが…。


              だが、アレが入らなかった辺り、筒香の本調子でないのもあるだろうが、一岡の球威が負けてなかったとも言える。


              気にする事は無いよ。


              更に、広輔のエラーで3アウト目も取れなかったが、マジで気にしなくて良い。


              一岡は、しっかり抑えてた。


              この不運続きに、この回を最後まで投げさせず降板となってしまったのは、本人悔しいだろうけど、気にすんな。


              しかし、普段そのイニングはそのピッチャーに任せるタイプの緒方が、ワンポイント中崎とは、それだけ妙な空気の流れを感じたんだろうな。


              一岡がどうとかじゃなく。


              中崎が締めてくれました。


              9回、先頭のエルドレッドが低い球を体勢崩しまくりながら、打ち返して…打ち返して…。


              ?!


              スタンドイン!!


              入っちゃった。


              これは、フライだと思ったよ。


              まさか、あんなに飛ぶとは思わなかった。


              先程、誠也とバティスタの間で不本意な思いをしたエルドレッドが、俺も!とばかりにホームラン。


              末恐ろしい、4番5番6番。


              ダメ押しを忘れない。


              最後は、点差あっても今村。


              もう、これはそういう事なんだろうね。


              よっぽどの事が無い限り、今村が最後投げるのは。


              セーブがどうとか、考えてない。


              登板過多は、避けるべきだが、最後は今村がお決まりなんだ。


              最後が中田とか、そういう日があっても全然良いと思うけどね。


              何だかんだで、ビッグイニング作って勝利。


              今日のヒロインは、敵地でのバティスタ。


              何でバティスタ?とも思ったが、クレートさん見れるから、それならそれで良い。


              今日は、落ち着いてたねー。


              落ち着いてきたと言うべきか?


              でも、やっぱり面白いし、ほっこりする。


              ハマスタに集まったカープファン、野球ファンも良いもん見れたのでは?


              ラッキーだよね。


              ラッキーと言えば、安部と松山の症状だが、軽傷との発表。


              そんなのは、実際の所やってみないと分からないけど、とりあえずそういう診断を受けたというのは、ホッとしてる。


              仮に2人を落とすとしても、最短で帰ってこれるのかと考えられるだけ、どれだけ心が安堵するか。


              皆、体にムチ打って戦ってるから、この時季そういう選手がチラホラ出てきてもおかしくないんだよな。


              若い選手が多く、ベテラン陣は休ませながらだけど、この夏も乗り切れそう。


              選手層が厚いのは、良いこっちゃ。



              途中出場組の活躍

              0

                やり返した!


                横浜 4-7 広島


                今日も中継が無かったので、つまらなかった。


                情報の後追いは、イマイチ気持ちが入らない。


                先発は、薮田と井納。


                先制は、カープ。


                初回、広輔が内野安打て出塁し、送った後、丸のタイムリー!


                所謂、タナキクマル炸裂。


                しかし、薮田がピリッとしない。


                この裏、先頭から3連打で満塁にしてる。


                どんだけ打たれるんだよ。


                今や繋がる打線とは、カープじゃなくて横浜か…。


                当然の様に、宮崎に逆転タイムリーを打たれてしまう。


                更に、戸柱にもヒットを打たれて、再び満塁。


                満塁大好きか。


                続く梶谷には、押し出しよんたまを与える痛恨ぶり。


                昨日が昨日で、序盤にゲーム壊れたから、今日はそうしたくない想いでいっぱいだったのに、これだもんなあ。


                2回裏、守備交代でスタメンだった松山が新井と代わってる。


                何があった?


                3回、広輔のヒット、丸のよんたま、誠也の内野安打で満塁をメイク。


                だが、ここで途中出場の新井が返せず。


                うーむ、横浜との違い。


                3回裏に、今度は安部が西川と交代してる。


                俺は、ちょこちょこ速報を見ていたんだが、この交代が何なのか全く分からなくてね。


                安部が全然合ってないと判断するにしても早すぎるし、どうした?って。


                試合後に知ったが、松山も安部も体に違和感を感じて病院直行らしい。


                マジで困った。


                うちは去年もそうだが、本当に主力の離脱者が少なくて強いまま突き進めてるんだよ。


                ここで、安部と松山という強い戦力を欠く事になるのは、痛すぎる。


                まだどんな症状か、離脱になるのかは分からないけど、そうなってしまったらどうしよう…という困惑を隠せない。


                勿論、代わりに入った西川に新井と、埋める事は出来る。


                この日、堂林もいよいよ上がってきたしね。


                層は厚いから埋める事は出来るが、居ると居ないじゃ大違いなのも確かだからな。


                オオゴトじゃ無い事を祈る。


                4回、先頭のバティスタがよんたま、途中出場組の西川がヒットで続いてる。


                會澤のダブルプレー間に、1点返す。


                5回、菊池の内野安打、誠也のヒットでチャンスを作ると、こちらも途中出場組の新井がタイムリーで同点に!!


                ここは、押したい!


                バティスタがまたもよんたまを選び、満塁。


                この満塁は、モノにしたい!


                ここで、西川がきっちり犠牲フライを放って、勝ち越し!


                逆転した!!


                うおー、逆転したじゃん!って、PRIDE見てたら、何故かここで3アウトになってたから、全くどういう事か分からなかった。


                新井がヒットになると思い、飛び出してアウトになってた。


                話題に事欠かないな。


                6回、井納からピッチャーが代わったが、ここで広輔が逆方向へのホームラン!!


                いや、最高だろ。


                2アウトになった事で、この長打が生まれてる。


                広輔は、今季長打を捨ててるみたいだから本数は少ないけど、ここぞで決めてくれるなあ。


                固め打ち、お見事です。


                初回の乱調からは、自分を取り戻した薮田はここまでいつもの様に抑えて回を進めてくれた。


                6回裏、代打にツーベースを打たれる。


                その後、2アウトにするも、暴投とパスボールでランナーを返してしまってる。


                これは、頂けない。


                緒方も言ってる通り、本当に余計な自滅点。


                せっかく立ち直ったのに、勿体無いよね。


                この回限りだったろうに、自分で後味悪いモノにしてしまった。


                1点差にした事で、横浜打線は俄然諦めなくなるしね。


                そんな事があった次の7回。


                2アウト、ランナー1人の場面で、バティスタ。


                対バティスタ用に、ピッチャーを代えたラミレス。


                これが誤算だったと言うべきか?


                バティスタは、突き放す2ランを見事に放ってくれた!!


                久々の1発!!


                薮田以降は、一岡、中崎、今村の継投パターンでランナーを1人も出さぬ、まさにピシャリの完璧な抑え!


                何気に、これが大きいわ。


                リリーフがきっちりって言うのがね。


                そして、緊急途中出場組の活躍ですね。


                仲間のピンチ、自身のやってやるという色々な想いがあるでしょう。


                そんな中で、きっちりと仕事してくれてる。


                ボーンヘッドは、ご愛嬌。


                まあ、安部と松山が心配ではある。


                薮田が10勝と、開幕時には想像もしなかった事が起きるもんだな。


                喜ばしい方に転んだ。

                横浜にボロカスやられたのは、何回目でしょうか?

                0

                  逆転満塁被本塁打。


                  横浜 13-3 広島


                  こんな日もありますわ。


                  早くからぶっ壊れたので、熱くもならず、淡々と見れた。


                  先発は、高橋樹と石田。


                  今日の試合は、戦前から捨て試合と見られていた。


                  俺は始まってみなけりゃ、どうなるか分からんスタンスだけど、大方の予想はね。


                  単純に、石田はうちに滅法強いとゆーか、うちが攻略出来ないでいるし、高橋はプロ初先発なんでね。


                  初回、広輔がヒット、続く菊池がタイムリーを放って、即先制!


                  あまりにも理想的なカタチ。


                  とはいえ、俺はまだ中継に気付かず、これを見逃してる。


                  丸の打席で、ようやく中継してる事に気付いて見始めたからね。


                  すでに、1点入ってて笑った。


                  誠也が、打った瞬間の完璧な当たりを見せて、2ランホームラン!!


                  確信歩き、カッケェなあ。


                  誠也もコメントしてたけど、思い通りのスイングが出来たと。


                  文句無しの素晴らしいホームランでしたね。


                  更に、この日5番スタメン起用のバティスタもヒットを放ったが、2塁を目指してタッチアウト。


                  コレはねえ、さすがに無理かなって分かったよね。


                  別にめちゃくちゃ鈍足か訳でもないけど、あの当たり、捕球位置、諸々を考えるとね。


                  リプレイ見たら、1塁過ぎた所で足止めて再加速してたし、そのまま行っててギリギリどうか?な感じだったから、完全にミスったね。


                  まあ、単打がほぼ無いから2塁まで行くのが当たり前みたいな所あるからね。


                  それにしても、なかなか打ち崩せないでいた石田を初回に捉えまくって、幸先が良かったね。


                  分からなくなった、と。


                  裏の高橋の立ち上がりも素晴らしく、3凡に斬ったので、いよいよ分からなくなったなと。


                  2回にもスタメンマスクの白濱が、ホームランか?と思う様なツーベースを放ったり、今日は打てそうだなって。


                  でも、2回裏だった。


                  宮崎にツーベースを許して、続くバッターはサードゴロだったんだが、これを安部が弾いてしまい、ピンチに。


                  初先発の若手が投げてる時は、いつにも増して野手が助けてやらなければならないと思うんだ。


                  正直、コレは痛かった。


                  梶谷によんたまを与えてしまい、満塁にしてしまう。


                  苦しいね。


                  横浜は、8番がピッチャーなので、ここで2アウトに出来たのは助かった。


                  だが、続く倉本にタイムリーを打たれてしまう。


                  痛い失点だが、1点はまだ何て事は無い。


                  そんな風に思ってたのもつかの間。


                  桑原に、完璧に捉えられた打球はそのままスタンドへ。


                  打った瞬間に分かるそれは、逆転満塁ホームラン。


                  まさかまさかの最悪の結果になってしまった。


                  嗚呼、行ったな…って、見てた。


                  甘い球を逃さなかった桑原が、素晴らしかったとしか言い様が無い。


                  満塁ホームランをよく打つ選手だねえ。


                  逆転された事で、これは石田のピッチングは変わるなとも思った。


                  コチラの士気も下がるし、石田はまたスイッチを入れるから苦しくなるぞ、と。


                  実際にそうなった。


                  4回には、よんたまとヒットで、チャンスメイクするも、普段立ってない下位打線では返せない。


                  そうこうしてると、4回裏にピッチャー石田に痛恨の内野安打を許したりと、2アウト1、3塁に。


                  2アウトには出来るのだが、抑えられない。


                  またも桑原にタイムリーツーベースを決められ、更にピロヤスにもタイムリーを打たれて、傷を広げてしまった。


                  5-3なら、点差は僅かでまだまだ分からなかったが、こうも簡単に広げられてはな。



                  高橋は、この回で降板。


                  まあ、思う様にいかなかっただろうけど、そもそもデビューから上手くいくピッチャーがどれだけ居るんだろうな?


                  中継ぎ経験はあっても、先発とは全く違う。


                  プロの洗礼とはよく言うけど、ものの見事にかまされた。


                  経験でしょう。


                  2軍とは違う1軍レベルの打者との対戦で学び、それが糧となるんだろう。


                  グランドスラムよりは、そのあとの連続タイムリーの方が反省してもらいたいね。


                  そっちの方が気になった。


                  5回裏からはヘーゲンズ。


                  6回裏、連続三振で2アウトにした後、またもや桑原にツーベースと…どんだけ長打許すんだよ。


                  ここから酷く、ピロヤスにタイムリー、筒香にもタイムリー、おまけにロペスに場外ホームランを打たれてしまう始末。


                  ぶっ壊れた。


                  何故、2アウトにして3アウトに出来ないのか。


                  ロペスへの球なんかは、もうどうしようもないのを放ってたね。


                  試合は既に大差で負けてたが、好きにさせる必要はない。


                  完全に余計な失点イニングだった。


                  ヘーゲンズも負け試合だから…とか考えてる訳でもないと思うんだけどね。


                  良い仕事してなきゃ、自分を苦しめるだけだし。


                  それにしたって、奮わなかった。


                  7回裏からは佐藤が投げたが、8回裏に失点してる。


                  7回の投球見ていて、良いなって思ったんだけど、今日は完全に横浜打線が乗っちゃってたな。


                  実質、裏1番の倉本、桑原、ピロヤスにボロカスやられてる。


                  打たれるのはまだ分かるけど、問題はこっちの打線よ。


                  完全にやられっぱなし。


                  5回以降、ヒット無しとか…。


                  重爆打線が泣くわ。


                  号泣。


                  大差になった事で、スタメンを休めて普段出場機会が少ない選手を試す事も出来たけど、結局初回だけで何も出来なかった。


                  酷い試合だったねえ。


                  13失点は、今季最大とゆーか、最低。


                  10点以上取られた試合も何だかんだで結構あるんだけど、その6回のうち3回やられた相手が横浜だからね。


                  完全にうちと双璧を成す、重爆打線のチームだよ。


                  逆にうちが横浜から10点取ったのは、僅か1試合。


                  打たれるわ、抑えられるわ。


                  大敗をこれだけしてても、繰り返すからね。


                  きっと経験は活きると思うんだが、どうにもやられる時はコテンパン。


                  悔しいのは、終盤に何の傷跡も付けられなかった事。


                  ガッカリ。

                  意地の同点は、0行進が生んだ

                  0

                    追い付ける強さ!!


                    広島 5-5 阪神


                    いやあ、物語は中継後ですよ。


                    こう言ってしまうとアレだけど、中継中は本当に不甲斐ない部分ばかり。


                    中継終了直後から、いや終了間際から始まってたんだよね。


                    こればっかりは仕方無いけど、TSSは残念な事になったな。


                    先発は、九里と岩田。


                    中継が始まるのが、開始から少し遅れるので、やってたヤクルト戦見てたんだよね。


                    そしたら、ヤクルト先発の星が初回から大炎上してて、ヤクルトもホンマにいけんのお…って思ってたの。


                    それでチャンネル回したら、絶句。


                    ヤクルトの炎上に呆れてる場合じゃなかった。


                    九里が炎上しちょりました。


                    初回、てんぽよく2アウトを取った後、福留にツーベースを打たれて、続くロジャースにタイムリーを浴びてます。


                    これに留まらず、中谷ツーベース、鳥谷タイムリー、大和の内野安打に菊池のエラーで一挙4失点。


                    何やこれ?


                    2アウトから、どんだけ大傷にしとんねん。


                    よんたま無しで、全てヒット許してる。


                    ボロボロ過ぎるわ。


                    うちは、2アウトからも得点出来る攻撃を見せる一方で、2アウトから失点する事も珍しくないんだよな。


                    でも、大体よんたまやエラーを突かれるんだが、これは…。


                    とにかく、いきなりのハンデマッチとなり、苦しくなったのは一目瞭然。


                    1回裏、即反撃したい所だが、簡単に2アウトになってしまう。


                    丸がよんたまを選ぶと、誠也がこの日も初回から綺麗なヒットを放ってチャンスメイク。


                    ここで新井が、岩田に滅法強いというデータ通りにタイムリーを放って、1点返す事が出来た。


                    この様に、2アウトから点取る攻撃は出来るんだよねえ。


                    新井が素晴らしかった。


                    九里は、見れていない初回の結果を感じさせる様なピッチングで、良い時の内容ではありませんでした。


                    きっちりいけないとゆーか、3凡に斬れないのは不穏。


                    1点ずつ返していきたい打線も、岩田の前に奮わない。


                    そうこうしてる内に、4回。


                    2アウトからランナー出して、タイムリーツーベースを決められ、差を開かせてしまう。


                    ここまで書いてきてなかったけど、上本兄にもやたら打たれてるな、うち。


                    あの変態打ちとゆーか、ドタバタ打ちでもガンガン合わせて結果出すもんなあ、凄い。


                    うちの上本弟の方が、全然正統派な打ち方してると思うけどなあ。


                    正直、この1打はあまりにも大きく、痛恨の失点になったと思った。


                    初回の4点だけで抑えて、回を進めていれば、どうにかならん事も無いと思っていただけに、中押しを許してしまっては士気も下がる。


                    5回まで投げた九里は、この裏た代打を送られる。


                    まあ、今日は奮わなかったな。


                    ヒットをアレだけ集めさせては堪らん。


                    ただ、よんたま無しは評価出来るでしょう。


                    カウント悪くする前に打たれてるのかも知れんが。


                    5回裏、安部がセンターへ抜けそうな打球を放ち、これをショートが好捕するも安部の足が勝り、内野安打。


                    続く會澤がよんたまを選び、チャンスメイク!


                    ここで代打バティスタは、最高のカタチだったが、フライに倒れてしまったのは残念。


                    ただ、しっかりと3塁にタッチアップしてるので、最低限。


                    続く広輔のゴロの間に、安部が生還。


                    何はともあれ、得点出来たのは大きかった。


                    でも、まだチャンスだったから、ここで更に得点してほしかった。


                    九里を継いだのは、ヘーゲンズ。


                    6回、7回を抑えてくれた。


                    こういう働きを少し前までは九里が務めていた訳で、そこの穴をしっかり埋めてくれたカタチ。


                    そういうのは、九里自身が一番感じてただろうね。


                    6回裏には、先頭の丸がツーベース、新井のよんたまと大きなチャンスが巡ってきたんだが、ここでエルドレッドが痛恨のダブルプレー…。


                    噛み合わん。


                    8回は、ジャクソンが3凡で笑顔。


                    9回は、ちょっと前に上がってきた佐藤が投げてたんだな。


                    もはや、あんまり真剣に見てなかったので、一岡だと思ってた。


                    リリーフ達が、しっかりと阪神打線を封じて攻撃に託していた。


                    そんな9回裏。


                    つまり、最終回。


                    新井が、執念の内野安打を放った所で中継が終わってしまった。


                    やれやれ、と。


                    そこからは、再びヤクルトの試合を見始めたんだが、そのヤクルトは大逆転を果たしていたんだよね!


                    驚いたもん。


                    またやったよ!って。


                    さっきまで、ヤクルトはまた…って思ってたけど、逆転したのを見て、巨人だきゃまた…に変わったもんね。


                    お互いこういう試合が多い為に、浮上してないチームだし、初回に決められたからって終わってないんだよなって。


                    うちもやってくれるんじゃないか!って、正直勇気をもらった。


                    しばらくして、PRIDEで速報を見ると、試合はまだ終わってなかった。


                    なんと、直後から同点に追い付いてた!!


                    何があったーー?!


                    新井のヒットの後、エルドレッドもヒットで繋ぎ、代走上本弟。


                    安部は突けなかったが、代打松山がタイムリーを放って、2点差に!


                    1、3塁で、松山に代走野間。


                    そして、代打天才西川。


                    ここでフルカウントから、同点タイムリーを放ってくれてる!!


                    西川が素晴らしいのは勿論の事、代走野間が1塁から激走して生還してるのは、イカれてる程凄い!!


                    タイミングは際どかったけど、そこを攻めてくのがうちの方針。


                    今日も見事にハマったね。


                    更に言えば、野間の代走ポイントがあそこだったのも大きかった。


                    1つ言いたいのは、続く広輔にバントが勿体無かったな。


                    西川の足は万全では無いかも知れんが、走れない事も無いし、広輔はミートさせる事も出来るし、球を選ぶ事も出来る。


                    みすみす1アウト献上は、首をかしげる。


                    菊池が打てなかったのも残念。


                    同点止まり。


                    10回を中崎、11回を昨日凹まされた今村がしっかり抑えてくれた。


                    こういう中継後の活躍が見られないのは、本当に残念。


                    11回裏、安部がツーベースを放ち、ビッグチャンス!


                    2アウトになってしまうが、ここで代打は白濱。


                    まさかの白濱である。


                    それだけ駒が無くなっているって事。


                    もう、バティスタも岩本も居ない。


                    白濱なんて、何で磯村に代わって上がってきたのかも分からなければ、いつ以来の打席?って程、久々の登場。


                    その久々のバッターボックスで、いきなり初球を叩いてヒットにしてるんだから、ぶったまげ!


                    白濱に期待してたファンもあまり居なかったのでは?


                    やってくれたよね。


                    やってくれたってか、自分の為にも決めるしか無かっただろうから、気持ちの乗ったバッティングだったんだろうな。


                    更には、盗塁まで決めてる。


                    もはや、俺の知ってる白濱とは別の選手なんじゃないか?説。


                    広輔がよんたまを選んで、満塁に。


                    この最高の場面で、満塁男菊池だったんだが、三球三振…。


                    菊池が、全く奮わない日だったな。


                    白濱の意地もあったし、ここをモノにしてほしかった。


                    チャンスの後にはピンチあり…だよなあ、と思ってた。


                    12回のマウンドには一岡と表示されたので、先程一岡じやわなかったのかと気付いたレベル。


                    まだ一岡というカードが残っていた事に、歓喜したのは俺だけか?


                    それほど信頼のおけるリリーフ。


                    その一岡が、1アウト後に散々粘られてスリーベースを打たれたと知った時には、愕然とした。


                    1アウト3塁は、痛すぎる。


                    スリーベースなんて中々生まれないヒットが、こんな土壇場で出るモノなのか?と。


                    しかし、この大ピンチにも一岡は素晴らしいピッチングをしてくれた。


                    続く打者をセカンドゴロに打ち取り、ランナー生還を許さず、続くバッターもフライに打ち取って、阪神の勝ち越しを許さなかったどころか、阪神の勝利を消した!!


                    最高過ぎる!!


                    一岡の踏ん張りには、ボーナスが出て良いだろ。


                    初回の大量失点から敗戦濃厚だった試合を、皆で踏ん張って追い付き、しまいには阪神の勝ちも消したからね。


                    5回からの0が並ぶスコアボードを見ると、めちゃめちゃ気持ちが良いわ。


                    本当に、皆の踏ん張り。


                    本当の最終回。


                    ここで、勝つか分けるかが決まる。


                    ここまで来たら、勝ちたいね。


                    阪神も意地の継投を見せる。


                    ピッチャーを代えて丸を打ち取り、誠也の所ですぐにピッチャーを代えてる。


                    両軍の意地のぶつかり合い。


                    しかし、誠也はしっかりとよんたまを選んで出塁。


                    その後、誠也は盗塁を決めるが、2アウトでバッターは石原。


                    これはもう、奇跡を願うしかない。


                    本当に総力戦で、石原に決めてもらうしかない。


                    だが、ここでインチキ発動せず!


                    むう、引き分け。


                    負けなかった。


                    勝ちきれなかったけど、負けなかった!


                    土壇場で追い付く意地、総力をあげて勝ちを目指したんだけどね。


                    再三のチャンスで、菊池に1本出てれば…と思ってみても仕方無い。


                    アレだけの劣勢を跳ね返すまではいかなくても、押し戻した。


                    ヤクルトが逆転したみたいにはならなかったけど、それと同じぐらいの意地は見せたよね。


                    このカードは分けか。


                    阪神戦は、楽じゃないな。


                    相性か?


                    何といってもピッチャー陣の頑張りが光りますよ。


                    えっ?


                    マジか。


                    本日、7人の投手が投げたけど、誰もよんたま出してない!!


                    失点をした九里をはじめ、リリーフも誰も!


                    何気に物凄い事じゃないか?


                    よんたまキングのうちだからね。


                    それだけに初回の失点が悔やまれるが、そんな日もある。


                    負けなかった事がどんなに大きいか。


                    中継後のドラマが熱いなあ。

                    今村乱調で逆転負け

                    0

                      今村のよんたまよりもね…。


                      広島 3-4 阪神


                      糞つまんない逆転負け。


                      土壇場で返されるとこういう気持ちなんですね、他球団ファンの皆さん。


                      こういうのもしばらく忘れてたわ。


                      先発は、大瀬良と小野。


                      初回の中継はまだ来てなかったけど、今日も立ち上がりを突かれつつ、凌いだらしいね。


                      中継が始まったのは、1回裏。


                      開始と共に映し出されたのは、菊池がベンチでハイタッチしてる所。


                      得点したっぽいな、と。


                      すると、それが先制の2ランだった!


                      いやあ、先制弾がよく生まれる様になってんねー。


                      とゆーか、菊池が増やしてるなあ。


                      このあとチャンスを作れて、一気に小野を崩せるカタチには出来たんだけど、追加点を取れなかった。


                      2回も大瀬良は、ピンチを招いてる。


                      ここも凌いでるが、不安定さは明らかに感じ取れるモノだった。


                      3回、俺がトイレに行ってる間に…同点にされてた。


                      何があった?


                      福留に2ラン打たれてた。


                      うーん。


                      痛いなあ。


                      まあ、痛いけどこの時は同点だし、勝ち越せば良いやと思ってたね。


                      まだ、回はたっぷりあったから。


                      4回裏、エルドレッド、安部と連続ヒットでチャンスとなったが、石原が痛恨のダブルプレー。


                      これなあ。


                      後ろが大瀬良だけに、送る訳にもいかないしなあ。


                      5回の大瀬良は、本当にピンチを迎えた。


                      先頭の西岡によんたまを与え、上本兄が送り、1アウトは稼げたと切り替えれれば良かったんだろうが、その前に制球が全く定まらず、福留、ロジャースに連続よんたまと、オールよんたまのランナーで満塁に。


                      どうしようも無いぐらいの窮地。


                      勿論、自滅だが。


                      この窮地をどうにか凌げたのは、本当にホッとした。


                      1アウト満塁で、全てよんたまランナーって、どうやって抑えるのよ?だもんな。


                      よく断てたわ。


                      大瀬良は6回も投げて、不安定なピッチングながら、福留の被弾だけで抑えてくれた。


                      そこはね、評価出来るでしょう。


                      アレだけ荒れてて2失点とか、ぶち壊しては無いからね。


                      6回裏の攻撃は、惜しかった。


                      2アウト1、2塁にして、先発小野を引きずりおろす事に成功。


                      しかし、初回に少し崩せたあとは、ランナーは出せても返せないまま、深い回まで来てしまったなあ。


                      ここで広輔の狙いは素晴らしかったが、無念にもショートライナーになってしまった。


                      カタチは作れるんだけどねえ。


                      7回を投げたのは、先日打球。足に受けて緊急降板した一岡。


                      コレには、マジでホッとした。


                      一岡がどうなのかは不安だったし、それがすぐ登板って事で、特に影響は無かった事が分かった。


                      とはいえ、球を見ない事には分からないもんだったが、その肝心の球筋も素晴らしいモノで、全く問題ない姿が見られたし、カープファンは歓喜ですよ!


                      8回は、中崎。


                      ここは2アウトから連打にされてしまったが、中崎は堂々としてたわ。


                      このどっしりさよなあ。


                      8回裏、先頭の松山。


                      スコーン!と打ち上げた打球は、果たしてどこまで行くのか…行くのか?という、ちょっと読めないモノだった。


                      静かに、目を細めて見届けていたら、スタンド最前へ!!


                      入った!!!!


                      カープ勝ち越し!!


                      いやあ、アレが入っちゃうんだから、やっぱりパンチがあるよね。


                      滞空時間長かったあ。


                      続くエルドレッドがよんたまを選び、安部が素晴らしいバントで送る最高の流れも出来たのだが、ここでまた石原がファウルフライと全くの力になれず。


                      今日は、會澤が完全休暇って事だったんだろうが、石原は確かに波があるとはいえ、やっぱり出番が減った事が大きいと思うね。


                      今季のバッティングはそんなに悪くなくて、そこそこ打ってるけど出場機会は少ないので、打席数が圧倒的に減り、久々のスタメン出場でも奮わないのでは?


                      ある程度、バランスよく併用使いをしていないと、こういう事は生まれてしまう。


                      このチャンスも活かせず、勝ち越し弾のみなのは勿体無かった。


                      そして、それは最終回に影響する。


                      抑えの今村がマウンド。


                      先頭代打高山は、ピッチャーゴロに倒れた…ハズだった。


                      今村が取り損なって、出塁させてしまう。


                      完全なる今村のミス。


                      とゆーか、コレは今村だけの事じゃなく、ましてやうちのピッチャー陣だけの事でもなく、プロ野球界全体的にフィールディング悪いピッチャーが目立たないか?


                      今季の特徴として、こういうのを物凄く見かける気がする。


                      うちのピッチャーも対戦するピッチャーも、落ち着いてれば難無くアウトに出来るのに上手くいかない姿を。


                      その後、上本、福留と連続でよんたまを与える。


                      あの回の大瀬良じゃないが、全く球が入らない。


                      満塁で、ロジャース。


                      誰もが終わったと思ったが、事実2点タイムリーを打たれて、逆転されてしまった。


                      その後、鳥谷にもよんたまを与えた所で、KO。


                      この回を投げきる事すら出来なかった。


                      無駄にヘーゲンズを使わなければいけなくなったし、本当にボロボロだったな。


                      この回で終われるハズが、続く回で追い付き、追い越さなきゃいけなくなった。


                      流石にそんなラックは、もう無い。


                      よんたまだよなあ。


                      正直、今日のカープと阪神の内容とゆーか、成績を見たら拮抗してるのよ。


                      似通ってる。


                      ヒット数やよんたま数なんかね。


                      互いに壮大な譲り合いみたいな事してた訳だから、最後そこを突破できた阪神に軍配がいっただけ。


                      やられたってか、自滅ですよね。


                      何だかんだ抑えてくれてる今村なので、こんな日があってもそこまで責めるつもりは無いけど、普段からヒヤヒヤさせてるのは間違いないので、もっと堂々としたピッチングをしてもらいたい。


                      今は、今村が抑え。


                      こんな日もあるが、ガンガン強気で押してほしい。


                      ただ、これは今村だけに向けた気持ちじゃなく、うちのピッチャー全員に向けてますけどね。


                      どんなにトップに立っていても、よんたまの帝王を忘れちゃいけない。


                      マジックは、じき点くよ。

                      << | 2/152PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      姉妹で踊ってみた

                      up2243.gif

                      New Era

                      green-boyの本棚

                      CHOCOLATE NEWERA

                      JUMPしてみた

                      c-airi4413.gif

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM